とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

日本が決勝トーナメント進出したじゃー

2022/12/03

日本がスペインに逆転勝利してよぉ、見事グループEの1位になって、決勝トーナメント進出を果たしたじゃー

堂安のミドルすごいちゃね

試合を振り返るとよぉ、11分に日本がアルバロ・モラタのゴールで先制されたがやけど、前半はポゼッション80%ほどもスペインに握られた状態やったがいど、無失点で乗り切れたがやね。

そんでよぉ、後半になって日本は、長友佑都と久保建英を下げて、三笘薫と堂安律を起用したがよ。

こっからギアをあげていくような感じかなーと思っていたらよぉ、後半開始早々に前田大然の果敢なプレスから、日本が連動してボールを追いかけ回したところでよぉ、日本が高い位置でボールを奪うとよぉ、堂安律のところにボールが入ってきて、その堂安が得意の左足で強烈なミドルシュートを決めて、日本が同点に追いついたがやね。

近年、代表ではなかなか見られなかったがいど、この距離は本当に堂安の得意な位置やちゃね。伊東純也がニコ・ウィリアムズからボールを奪ったところで、堂安のところに入ったがやけど、ここぞのところでズバッと決めるとは、さすが堂安の左足はすごいのう。大したもんやちゃ。

堂安律と伊東純也は同じポジションやったし、頻繁に比較論などされとったがいど、同じピッチに出たときによぉ、こういうようなゴールが結実するとは、やっぱし感慨深いもんがあるちゃ。

三笘のクロスから逆転やちゃ

その後に立て続けに日本がせめてよぉ、右サイドの堂安の横パスがゴール前を通ってって、ゴールラインを割りそうなところをよぉ、三笘薫がクロスを入れて、最後は田中碧が身体で押し込んで、日本が逆転したがやね。

ゴールラインギリギリに割るところがよぉ、VARの対象になっとって、しばらく審議されとったがいど、ボールがわずか数ミリ残っていてよぉ、日本のゴールが認められたがやね。

後日にオラが野球経験者で、今は大宮のサポーターやっとらっしゃる知り合いとの話で「これ、野球やったら接地面やけど、サッカーは違うがやね〜」みたいな話になっとったがやね。確かによぉ、こういう局面はレアやし、なかなかそういうことも起こらんもんやけど、この大一番で発生するとは本当に興味深いもんやちゃ。

こういうネタが出てくるのはおもっしいもんやちゃね。

もしスペインの勝利か引き分けの場合は、ドイツが決勝トーナメント進出やったわけから、まあドイツでいろいろ言われているみたいやけど、どうやらこのシステムを作ったのはドイツの企業らしいがで、こればっかしは「残念でしたね」と言わざるを得ないところやちゃね。

しっかしよぉ、アシストした三笘さんが半端ないがよ。メディアとかで「諦めない」ところを強調されとるがいどよぉ、解説の本田さんも言うように「手前にいた前田大然に当たらないようにクロスを打てた」のが本当にすごいがやね。いやあ、ファーサイドにおった田中碧のことが見えていたがやろうか?これは鷺沼小学校時代からの絆のおかげやろうか…。これはすごいちゃねえ。

見事に決勝トーナメント進出やちゃ

このゴールを守り抜いてよぉ、日本が2-1でスペインに勝利して、決勝トーナメント進出したがやね。

試合の8割以上はスペインの流れやったし、日本がほんの数分で2得点決めた…という感じの試合やったがいど、ここぞの集中力とか流れでよぉ、ゲームが決まるのがサッカーでもあるんやと改めて思ったもんやちゃね。

正直言ってよぉ、この組み合わせになったときは、日本は決勝トーナメントに進出できないことを前提として、とにかくW杯を楽しむことだけにしておくのがいいと思っていたがやけど、こういう望外な結果が出るとは、本当に驚かされるもんやちゃね。

ただよぉ、これは奇跡でもなくて、日本の実力を考慮したら、こういうのは十分に起こりうる出来事やというのがわかるもんやちゃ。今の日本は、欧州でプレーしとる選手も多くてよぉ、極端に特定の選手に頼らないほど、特定の選手に依存しないチームになっとるのが強みやと思うちゃ。それがよぉ、柔軟なチームづくりに寄与しているしよぉ、今回の結果に繋がっているのかなーと感じさせられたのう。

次はよぉ、グループFを勝ち抜いたクロアチアと対戦やちゃね。2006年にグループリーグで一緒になって以来で、これで3回目の対戦やちゃね。日本としてはベルギーにリベンジしたかったところやろうし、今のベルギーの方が勝ち抜けるんやないかと思ったがで、クロアチアが上がってくるのはちょっと厄介に感じるのう。

クロアチアの試合はチェックしとるがいど、中心選手のモドリッチ、ペリシッチ、コヴァチッチが健在やけど、今回は守備陣のグヴァルディオル、GKリヴァコヴィッチが調子がいいということもあって、ややコスタリカ風味なところがあると思うがで、今回のクロアチアは非常に難しいカードと言えるやろう。

ほんじゃけど、日本は全く怯むこともないし、自信持って最後まで戦ってほしいもんやちゃね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-FIFAワールドカップ2022
-, , , ,