とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

挽肉と玉ねぎ2倍盛りのカレー「キーマドピヤザ」作ったじゃ

オラの家によぉ、鶏のひき肉がたくさんあるがでよぉ、ちょっこしキーマカレー作ってみることにしたがいちゃ。

名称は「キーマドピヤザ」やちゃね。キーマはインドカレーでもおなじみの挽肉のカレーながいど、「ドピヤザ」というのは、「ド」がヒンディー語で「2」を意味して、「ピヤザ」が玉ねぎを意味するがいちゃ。

要は「キーマと玉ねぎ二倍盛りカレー」ということになるちゃ。

キーマカレーで思い出すのはよぉ、元々富山市水橋で営業しとった「ハムザレストラン」の料理長やった、グラム・アリさんの得意料理やったがいちゃね。パキスタンの要人の元でシェフを歴任しとった経験があるがでよぉ、パキスタン料理でも宮廷料理とかコース料理などを得意とする方ながいちゃ。各国の料理をいろいろ作っていた経験があるがで、多彩な料理ができる方やったがいど、カレーに関しては、キーマカレーが得意でよぉ、肉がゴロゴロのカレー作っていたがいちゃね。

ということでよぉ、オラも是非作ってみたいと思ったがで、Youtubeなどでいろいろ見ながら作ってみることにしたがいちゃ。

材料(4人分)

鶏の挽肉 200g
トマト缶 1/2個
ヨーグルト 200ml
ピーマン 2個
玉ねぎ 2個
刻みニンニク 大さじ1/2
刻みショウガ 大さじ1/2

※テンパリング
赤唐辛子 1個
クミンシード 小さじ1
クローブ 3個
カルダモン 2個

※パウダースパイス
カルダモンパウダー 小さじ1/2
チリパウダー 小さじ1/2
コリアンダーパウダー 大さじ1
ターメリック 小さじ1/2

作り方

玉ねぎは1個はみじん切り、もう1個は千切りやちゃ。ピーマンも千切りながよ。

まずはテンパリング用のスパイスをフライパンに入れてよぉ、サラダ油を大さじ1〜2を入れて、香りが立つまで弱火で炒めていくがいちゃ。そしたらよぉ、みじん切りした方の玉ねぎを入れて、きつね色になるまでしっかり炒めていくちゃ。

その後は、トマト缶、刻みニンニク、刻みショウガを入れてよぉ、よく混ぜながら水分を飛ばしていくちゃ。その後にヨーグルト、パウダースパイスを入れて混ぜていくちゃ。これも水分をきっちり飛ばしていったらよぉ、鶏の挽肉を入れていくちゃ。鶏肉によく火が通ったらよぉ、一旦火を止めるちゃ。

そしたら今度は別のフライパンを用意して、大さじ1のサラダ油を入れたらよぉ、千切りにした玉ねぎとピーマンを入れていくがよ。そんで強火で炒めてよぉ、よく火が通ったら、さっきのカレーが入った鍋に突っ込むがいちゃ。

これをしっかりカレーに混ぜていったら、少し煮込ませてから、火を止めて完成やちゃね。

雑感

見様見真似やったがいど、これはいい感じにできたかなと思うちゃ。

さすがにアリさんのようには上手くいっているとは言い難いところやけどよぉ、スパイスが十分に染み込んだキーマカレーとよぉ、ただサラダ油で炒めただけであるピーマンと玉ねぎの相性がいいちゃね。

スパイスの配合はもっと上手くしていきたいとこやし、まだまだ研究のしがいがあるところやけど、本当にご飯が結構進む料理ながいちゃね。本当に美味しかったし、食べててアリさんのことを思い出したじゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-インド・パキスタン料理