とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

影山優佳さんがブラウブリッツ秋田について書いとられるちゃ

2020/06/28

日向坂46の影山優佳さんのJリーグ連載が更新されとるちゃ。

影山優佳のWE_LOVE_Jリーグ_#5
https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/34444?ima=0000&cd=member

ほえ〜。相変わらずのクオリティやちゃね。

SNS情報も頻繁にチェックされとって、スタジアム計画まで触れとられるちゃ。サッカーにあまり詳しくなくても、とっつきやすい内容で良いのう。

昨シーズンのブラウに関しちゃ、スタートがあまり良くなくて、序盤戦は試行錯誤がえらい続いたがやけど、中盤戦から少し調子を上げてきて、結局は中位で終了した…という感じやったのう。

戦術的なことに関しては、何試合か見ている感じやと、試行錯誤が続いた…という印象やったかのう。ただ影山優佳さんもおっしゃる通り、やはり「攻守の切り替え」が鋭いチームなのは確かやちゃね。

カターレにとっちゃ、初対戦でギリギリで1-0で勝ったくらいで、あとは監督が誰やっても全く勝ててない相手で、特に県総では2016年から全部負けているがやね。カターレの方がボール保持しながらも、結局はサイドの裏から打開されて先制されたら、後半は守備的な秋田に上手く丸め込まれて、結局は逃げ切られてしまう…という展開が多かったがいちゃ。

逆にブラウからしたら、お得意様…のように見えて、意外と秋田のホームゲームでは、1度しか勝ってないがで、対戦成績で圧倒している割には、そんなにでもない意識はあるかもしれんちゃね。秋田での試合は、カターレが先制して、終盤にブラウに追いつかれる…という展開が多いちゃね。

そして、今シーズンのブラウには、昨シーズンまでカターレでプレーしとった、センターバックの谷奥健四郎が加わったがいちゃ。

カターレでは中盤戦からミスもあって、出場機会を失ってしまって、契約満了になってしまったがやけど、元々レギュラーやっただけに、実力者には違いないちゃ。沼津で一緒やった吉田謙監督がブラウの新監督に就任したこともあって、貴重な戦力になるやろう。ブラウのCBは結構優秀な選手がいるがやけど、レギュラーになれるように頑張ってほしいちゃね。

あとは、長野から加わった三上陽輔やちゃね。カターレでは中盤で使われることが多かったがやけど、ロングボールのターゲットにもなれる選手やから、元々の本職のCFも考えられるやろう。運動量とフィジカルがある選手だけに、重宝されそうやのう。

今季のブラウに関しちゃ、アスルクラロ沼津で長年率いていた吉田謙監督が就任したがいど、理想的な型に当てはめていくやり方をとる前任者の間瀬さんに比べたら、現有戦力に合わせて戦術を形成していく印象が強い監督やちゃね。

各メンバーの編成を見たら、キャプテンのDF山田尚幸、DF千田海斗、MF前山恭平、久富賢、青島拓馬などのおなじみのメンバーが残っているがいど、沖野将基、茂平などサイドアタッカーが多くて、今季も打開力が高いサイドアタッカーが取り揃っていて、今季も強敵になるとオラは思うちゃ。

そして、影山優佳さんも挙げていた法政大ルーキーで、初年度からいきなり背番号10を背負うMF下澤悠太が注目やちゃね。攻撃の軸になっていくのは、やっぱし彼やないかと思うがいど、吉田謙監督が率いた頃のアスルの中盤ちゃ、ハードワーカータイプが多いだけに、この辺りはどう起用していくのか注目やのう。

J3昇格した当初の沼津は攻撃偏重で、2年目からは1-0狙いの手堅いサッカーを展開していったがやけど、今度のブラウではどういうサッカーをするがかのう?楽しみやちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-ブラウブリッツ秋田