とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

第32節 カターレ富山 - 松本山雅FC[プレビュー] / アウェーサポを泣かせて帰らせんなんちゃ

現在3連敗中でJ2復帰に向けて、ギリギリまで追い詰められているカターレはよぉ、3位の松本山雅と対戦ながいちゃね。

前回対戦は0-1で惜敗やちゃ

まずは前回対戦やちゃね。

前回の対戦はアルウィンで開催されてよぉ、0-1で山雅の勝利やったがやね。

ゴールはセットプレーから常田に押し込まれたゴールのみやったがいど、内容的には山雅の完勝といえる内容であってよぉ、スコア以上にカターレは厳しかったかなーと思える試合やったのう。

あの当時のカターレとしては「相手に持たせて守りながら勝つ」というチームやったがで、J3でも屈指のポゼッションの低さの山雅相手では、カターレがボールを持つような展開になって、いろいろ難しかったみたいやちゃね。カターレが繋げていって、ゴール前まで迫ろうとしとるがいど、対人で勝てず、中盤で引っ掛けては、カウンターを食らうという展開になっとって、まあ大変やったがやね。

フォーメーション

前節のAC長野パルセイロとの「信州ダービー」を見とったがやけどよぉ、山雅のサッカー自体は、以前と同じシステムを採用しとるちゃね。J3に降格しても、ほとんどの主力メンバーをキープしてよぉ、1年での復帰を目指しとるシーズンながいど、J3では屈指の選手層を抱えるビッグチームながいちゃね。

得意としとるサッカーに関しては、基本的には相手にボールを持たせてよぉ、カウンターで横山歩夢のスピードと、小松蓮の泥臭いキープ力を軸とするカウンターを得意としとるチームながやね。戦術的にはそんなに難しいことをしとるチームやなくて、J3屈指の財力をバックによぉ、分厚い選手層をベースとしながら戦っているチームと言えるやろう。

シーズン序盤はよぉ、U-21代表であるFW横山歩夢のスピードを軸とした攻撃がメインで、いかにも個の強さをベースとしていったサッカーを展開していっとったがいちゃ。ただ割とシンプルで難しいことをしない、個人能力の高さ重視のチームということながで、どうしても単調になりやすい面があって、ある程度「何をやってくるのか分かりやすいチーム」やったりすんがで、下位チームでも圧倒されずに戦える印象があるチームやったりするのう。

チームのゴール数自体がよぉ、41得点とカターレの47得点よりも少なくて、大量得点を奪っていく試合はほとんどなくて、接戦をモノにしてきたのが象徴的やったがやね。まあ、本当に得点は伸びんがやね。

選手層の分厚さが脅威やちゃね

直近の試合を振り返ってみて思うことやけど、山雅の最大の特徴というのは、やはり選手層ながいちゃね。

元々よぉ、2度もJ1に昇格しとるレベルのクラブやし、規模としては20億円に迫るレベルということもあって、本来ならば「J3にいてはいけない」というクラブの部類であるちゃ。今のJ2の上位チームともさほど変わらないレベルの資金力ということもあって、いかんせん個の能力が強い選手が揃っとるわけやちゃ。

前節の信州ダービーではエースの横山歩夢はゴールを決めとったがやけど、ここ最近の山雅に関しちゃ、後半で粘り強さを発揮して勝利を収めとんがやね。その象徴とされるのちゃ、岐阜戦で2ゴールを決めて、前節もアシストを決めた田中パウロ淳一が厄介ながやね。

つい最近までベンチ外におったがやけど、元々は金沢、山口、岐阜などで実績がある選手やしよぉ、コンディションが良ければ、やはりその個人能力の高さは驚異的やちゃね。こういうのがベンチ外に眠っていてよぉ、シーズン終盤に結果を出してしまうがやから、本当におっかないちゃね。それに信州ダービーで決勝ゴールを決めたルカオに関しても同じことを言えることやちゃ。

今日の試合ではよぉ、主力の菊井悠介と佐藤和弘の2人が、累積警告により出場停止ということで、山雅の主力は2人抜けることになるがいど、向こうは選手層が豊富なだけに、あんまし大きな痛手にもならんかなーと思っていたりもするちゃ。

こういう状況やからこそ意地を見たいじゃ

規格外の選手層に勝負強さを発揮している山雅に対してよぉ、現在のカターレは藤枝に1-4、八戸の1-2、今治に2-3と3連敗中ということで、だいぶ状況が悪くなってきとるちゃね。

それに相当数の松本山雅サポーターが駆けつけてくるということで、ホームジャックの懸念もあって、非常に難しい状況ながいど、正直カターレが勝利するのは大変やなーと思うところであるちゃ。

ただよぉ、こういう試合できっちり修正していってよぉ、いいパフォーマンスを見せられるかどうかで、次に繋がってくるところは多いだけによぉ、カターレは相当試されている試合ではないかなーと思うところではあるちゃね。特にJ2復帰に向けては崖っぷちな状況だけに、尚更意地を見せていかんなんところではあるちゃ。

いろいろ対策とかどうしていけばいいのかとか書いていきたいところやけど、今回は理屈は抜きやちゃ。

この試合はよぉ、オラはゲスト3人をお連れして見に行くことになっとんがで、そのゲストに「また見に行きたいなー」と思わせられるように、すごく頑張ってほしいと願うばかりやちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, , , , , , ,