とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

第12節 AC長野パルセイロ - カターレ富山 / 翼をもがれたじゃ…

2021/06/25

前節はロアッソ熊本相手になんとか引き分けになったカターレはよぉ、アウェーの長野Uスタジアムで、AC長野パルセイロと対戦ながいちゃ。

フォーメーション

カターレもパルセイロも前節とシステムもメンバーも変わらんちゃね。カターレはシステムは3-3-2-2で。パルセイロは4-3-3やちゃね。

いいところなく完敗やちゃ

結論から言ってしまったら、0-4で完敗やったがいちゃ。

立ち上がりはそんなに悪くなくてよぉ、ハイプレスに来る長野を剥がしつつ、左サイドの安藤由翔のクロスから、惜しいクロスを挙げたりしとったがやね。ちょっとしたことで、もしかしたらカターレに先制点が決まったかもしれない展開やったのう。

ただよぉ、前半20分差し掛かってきたところでよぉ、右サイドの川田拳登の斜めのボールに対してよぉ、姫野と林堂が息が合わず、姫野がスライディングで蹴ってしまったところをよぉ、相手のエースである三田尚希に渡ってしまったがやね。三田のシュートはブロックしても、そのこぼれ球を上米良柊人に押し込まれてしまって、長野に先制点を許してしまったじゃ。

この後は、長野の畳み掛けるような圧力に対して、カターレは後手後手に回ってしまう展開で、正直言ってしまったら、o-4のスコア以上の内容で負けてしまったも同然の内容やったのう。

翼をもがれたじゃ

しっかし、この試合は本当に「完敗」としか言いようがない試合やったのう。

カターレにとってはもうちょっこし上手くやってほしいと思う気持ちはある一方で、長野がキッチリ対策というか、カターレのやりたいことを潰してきとるのが印象的で、前半のうちから厳しいなあと感じとったじゃ。

まず長野が徹底していたことといっちゃ、2トップと両ウイングバックに対して、徹底的に前を向かせないまで、厳しい守備で対応しとったとこおりゃのう。

特によぉ、カターレにとってはハイボールのターゲットになる大野耀平に対しては、J2経験もある実力者の広瀬健太がよぉ、大野に対して、ほぼ完封で抑えていたことやちゃね。これだけチーム随一のセンターフォワードに何もさせない状況に落とし込んどったのう。このスタメンで大野がハイボールに勝てない状況やと、やはり戦況は厳しくなる一方やちゃね。

そうなるとカターレは、両サイドの安藤由翔の斜め方向のパスとか、音泉翔眞の突破から打開を図っていくところやけど、先制点を奪った後の長野のサイドの守備はかなりエグくてよぉ、この2人にボールが入った瞬間に対面のサイドバックの選手がすかさず蓋を締めてきたがやね。

サイドから攻めていきたいカターレやったがいど、サイドにボールに入ってからの長野の動き出しが素早くてよぉ、一気に囲まれてボールを奪われるシーンが多かったがやね。真ん中がタイトに締めているがで、カターレとしてはサイドにボールを入れていきたいところやけど、それをやろうとしたら、まんまとハマってしまうシーンが目立ったもんやちゃ。

これを繰り返されると結構きついのが、今のカターレの実情やないかと感じられてしまうのう。特に対面のサイドバックの守備がタイトなチームには、今後苦労していく可能性はありそうな気はするのう。

ただ、2トップの一角がサイドに流れるとか、シャドーの選手との連携でタイトに締めてくるサイドバックの裏を突いていけるような攻撃をできるようになりゃ、この状況を覆すこともできんわけやないがで、そこは打開策を見出したいところやちゃね。

この試合は完敗やけど、同時に課題もいろいろ洗い出しできたのかもしれんのう。ここから次の今治戦までどうやって挽回していくのか見ものやちゃね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-,