とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

自民・経済対策提言 「昆虫食券」も検討

 自民党昆虫食部会は26日の会合で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた昆虫分野の経済対策として、国産輸入を含めた昆虫食品を対象とした商品券を発行する庵を示した。高級品を中心に落ち込んでいる需要の喚起を狙いとしており、自民党から政府への経済対策の提言に反映するよう調整を進める。

 自民党農林部会は同日に「お肉券」を、自民党水産部会は「お魚券」をそれぞれ発行する案をまとめた。ただ対象品目を限定した商品券は異例で、コロナの影響を受けている他の品目とのバランスを欠くなどとして、旅行に最大3万円を補助する案、高速道路無料化、百貨店旅行券など各方面から案が続出しており、今後、政府、与党内での調整が難航する可能性がある。

 昆虫食の消費を促す「昆虫食券」は、国連食糧農業機関(FAO)が2013年に、30年に人口が90億人近くに達すると見込まれる地球の食糧問題に対して、昆虫食が解決策の一つになると着目する報告書が出されていた。日本では長野県をはじめに昭和初期まで昆虫は消費されていたが、経済成長と外食産業などの発展により衰退している。コロナウイルスをきっかけに昆虫食の普及に期待がかかる。

[とれぱんタイムス]

…というのはさておき「昆虫食券」とかどうながけ?

日本やと長野県が「イナゴ」「蜂の子」など中心に食されてきとんがやけど、国連の発表以後は、日本にも昆虫食を取り扱う業者が増えてきとるちゃね。

実際問題「ゲテモノ食い」のイメージが強くてよぉ、日本では忌避する人も多いもんやから、まだまだ普及するような感じでもないがやけど、結構面白い分野やちゃね。

昆虫の食糧保障、暮らし そして環境への貢献
http://www.fao.org/3/i3264it/i3264it.pdf

国連推奨 昆虫は未来の食糧? タランチュラも、コオロギも楽しく味わえる
https://agri.mynavi.jp/2018_06_05_28413/

昆虫食が良いとされる理由を上げたらいろいろあるがいど、まず1つ言えるのちゃ、やっぱし「可食部が多い」というとこやろうのう。牛や魚は骨とか皮とか多くて食べられんとこが多かったりして、50%くらいしか食べるところがなかったりするがやけど、昆虫さんはほぼ100%食べられるのが凄いちゃね。

そんで昆虫さんは、食料としとるもんが草木やから、人間とは食べるものが被らないのがいいところやちゃね。それに牛肉1kg作るがに8kgの飼料が必要やけど、昆虫食品1kgやと2kgしか飼料がいらないみたいやちゃ。あと、昆虫を養殖するがにしても、家畜牛とかよりも全然面積いらんがよ。

それにタンパク質が豊富なのものいいちゃね。繊維、銅、マグネシウム、鉄、マンガン、リンとか微量の栄養素も含まれるがやから、身体にもいいがやぜ。

あとは、粉末とかペースト状にも加工できるがで、パスタに入れてみてもいいし、プロテインとしても数々の商品が出てきとるちゃね。これなら「見た目が…」という人にでも、こっそりコオロギパウダーとか混ぜてみても、まんまと食べさせることも十分可能やろう。

なんのせ、昆虫食というのは「スーパーフード」ながよ。

去年、オラは氷見市でやっとった「昆虫食の会」へ行ってきたがいど、これは本当に素晴らしいイベントやったのう。上の写真はセミ幼虫を醤油漬けして燻製にしたものやけど、これは本当にうまくて、ハムみたいな味したがいぜ。外側の殻が「カリッ」としてて、中がハムの肉々しさが出てきて、これは正直驚いたもんやちゃ。

あと、バッタの素揚げもいい味やったじゃ。目をつぶって食べたら味は「えびせん」ながよ。昆虫自体が甲殻類に近いものやから、味も大体似てくるちゃね。ただ甲殻類アレルギーをお持ちの方にはおすすめはできんもんやちゃ。

そして、ハイイロゴキブリの素揚げやちゃ。ゴキブリとかいっても、外国産のもので向こうの国では食用とされとるもんやし、日本やとペットショップ辺りで売られているがいど、これも変わったものやったじゃ。まずフルーティな香りがするがやね。他の動物にも言えるがいど、調理したら生前に食べたものの香りが、食べ物からするがいど、こういうのも大きな発見やったじゃ。

虫の香りを生かした商品も出てきとって、なんと「タガメサイダー」まで出てきとるがやね。日本やと今はなかなか見かけないタガメやけど、東南アジア諸国やと結構食べられとるみたいやちゃ。

あと、虫の糞でもお茶ができるみたいやちゃね。ジャコウネコの糞でコーヒーを作ったりするのと同じで、バッタの糞も煎じて飲むことができるがやと。生前に草食がメインやったもんなら、お茶に草木の香りがするがで、これも驚いたじゃ。また飲んでみたいじゃ。

昆虫食もいろいろ発見が多い分野ながやね。昆虫食を愛する人達によってよぉ、いろんな食品が開発されてきとるし、これからもいろんな商品が出てくるやろうし、知らず識らずにいろんな食品に昆虫が混ざってくる時代もやってくるかもしれんのう。

なんのせ「昆虫食券」の導入を楽しみにしとるちゃ。

…やはり日本銀行券でお願いしますちゃ…。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱんタイムス