とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

草津の虚偽風評被害を拡散した人は総括せんなんちゃね…

群馬県草津町の黒岩町長から、町長室でわいせつな行為をされたと訴えていた、元町議の新井祥子氏に対してよぉ、前橋地検が名誉毀損と虚偽告訴罪によって、在宅起訴されたことを受けてよぉ、黒岩町長が声明を発表しとったがいちゃ。

「わいせつ罪」を訴えたもんが虚偽告訴で起訴されたじゃ

内容はNathan(ねいさん)さんが声明全文を記してらっしゃるがいど、これはかなり酷い内容やちゃね。

まあ、この件についてはオラも以前から注目しとったがいど、黒岩町長が町長室まで取材陣を招いてよぉ、理路整然に身の潔白を証明しようとしていたのに対してよぉ、新井祥子氏は発言がコロコロ変わっていてよぉ、挙動不審やったがで、「こりゃなにかあるなぁ」と思っていたら、結果的には前橋地検が「虚偽告訴」として起訴することにまでなってしまったがいちゃね。

この件についてはよぉ、女性差別反対、ジェンダー、フェミニストといった学者とか活動家とかメディアのもんが、一斉に騒ぎ出してよぉ、「#草津には行かない」「#セカンドレイプの町草津」などと言うタグでよぉ、あーだこーだ言いまくっていたわけやちゃ。

というか、町ごと悪く言う神経が恐ろしいじゃ…。

学者や活動家らが風評被害で非難されとるじゃ

そんでよぉ、黒岩町長に名指しされた人々はこういう感じながやね。

まあ、いろいろ香ばしい方々ばっかしやったのう。

まずよぉ、確定的な情報でもないがに、それを信じてしまって、町長や草津町そのものを誹謗中傷して、風評被害を煽ってしまうところは、こりゃ酷いもんやちゃ。草津温泉がよぉ、どれほどの努力をしてきて、温泉地を保っていて、お客さんをたくさん迎え入れようとしとってもよぉ、こういう虚偽の風評被害が飛び交ってしまうと、人は足を遠のいてしまうことになるがやね。

著名人や団体などの発言や行動を糾弾してよぉ、不買運動を起こしたり、価値を下げたりすることを「キャンセルカルチャー」など言われるがいど、これが特に有力なエビデンスもなく騒ぎ立てる行為ちゃ、甚大な被害を及ぼすことになるしよぉ、何よりも「何も罪を犯したわけでもない普通の人の生活が脅かされてしまう」こともあって、こういうのは本当に勘弁してほしいところやのう。

特によぉ、松戸市議会議員選挙を控える、全国フェミニスト議員連盟の共同代表である増田かおる氏は、黒岩町長を悪人に仕立て上げて、吊し上げをしていたこともあって、今回の件については触れないといけないとオラは思うちゃ。

この人の場合は、松戸市のご当地Vtuberの戸定梨香さんの件で、服装や体型を理由に性的対象物と決めつけてよぉ、戸定梨香さんの名誉を毀損する行為をしとるがで、ちゃんとしたエビデンスも持つこと無く、デタラメな発言をされるのかなーと思ってしまうちゃね。

自己総括せんなんちゃねー

こういう出来事があると思うことやけど、やはり人としての身なりを試されるとこかと思うちゃ。

個人的にはオラとしては、別に謝罪する市内はそんなに問うことはせんがやし、形だけでも謝っておけばいいや…みたいのが結構おったりするやろうから、そんなに重要視はしとらんちゃ。

ただよぉ、肝心なのは「なぜ草津町長を非難したか」という、その人自身がつぶやくまでの経緯をよぉ、しっかりと振り返って、説明してもらいたいなーと思うところではあるちゃ。発言してしまった本人自体が、いかに自己分析されるのかどうかが重要やないかなーと思うところではあるちゃ。

逆に黒岩町長の声明に対して、真っ向から反論する行為をするのもありやないかと思うちゃね。もちろん反論するにしても、それなりの内容を問われるもんやし、いざ反論しようもんなら、非常に厳しい再反論は待っているやろうけど、それはそれで自分の意見・スタンスをきっちりもっていると言えるちゃね。別の視点を提供してくれたり、実りのある議論に発展していくがなら、必ずしも謝ることもないしのう。

ただよぉ、こういう事態になったとき、名指しされた大方の人たちちゃ、何事もなく無視してやり過ごすことは容易に予想できてしまうもんやちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱんタイムス
-, , , , ,