とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

J3第7節 カターレ富山 - ガイナーレ鳥取[前編] / ようやくホーム初勝利やちゃー

2022/05/02

前節はアウェーの藤枝戦で今シーズン初のクリーンシートで勝利したカターレはよぉ、ホームに戻ってガイナーレ鳥取と対戦やちゃね。

フォーメーション

まずはフォーメーションからやちゃ。

カターレのスタメンは前節と変わらんちゃね。前節はまずまずの試合で勝利した流れのまま、メンバーを入れ替えることなく継続していこう…という感じやちゃね。

ガイナーレ鳥取は[4-4-2]やちゃね。カターレとしては、今シーズンは4バックとの対戦が多いがやけど、このガイナーレ鳥取もそういう相手やちゃ。多くのメンバーは前節と変わっとらんがやけど、地元出身の背番号10番MF世瀬啓人が初スタメンながいちゃね。彼は可児壮隆に代わる中盤の核となる選手やから要注意やちゃね。

待望の川西初ゴールで先制やちゃ

試合はよぉ、5分に動き出したがいちゃ。

連続でコーナーキックのチャンスを得たカターレはよぉ、姫野宥弥がキッカーを務めたがいちゃ。姫野が蹴ったボールがファーサイドに侵入してきた川西翔太が落ち着いて決めて、カターレが先制点を決めたじゃ。

これはカターレとしてもよぉ、意図して川西に取らせようとしたゴールやったのう。最初はファーサイドに選手が2人おって、中央は林堂がおる感じやったがいど、ファーサイドの選手がニアサイドへ移動していってよぉ、鳥取のマンツーマンディフェンスを剥がすとよぉ、最後はフリーになった川西翔太が自ら決めてゴールやちゃ。これはよくデザインされたゴールやったのう。

すぐに取り返されたじゃ…

しっかしよぉ、カターレが上手くゲームを進めていこうとしとったがやけど、すぐにゲームが動いてしまうちゃね。

鳥取が右サイドからのスローインからの展開ながいど、跳ね返されたボールを拾われてよぉ、永島悠史選手が左サイドバックの魚里直哉にパスを出すとよぉ、魚里は間髪入れずにクロスを入れたら、ファーサイドにおった石川大地に決められて、カターレは同点に追いつかれてしまったじゃ。

左右に揺さぶられた展開やったというのもあったがいど、左サイドの魚里にボールが入ったときによぉ、ややボールウォッチャー気味になってしまったがか、ファーサイドの石川大地の姿を補足しきれなくなってしまったがいちゃね。鎌田と安藤が左サイドにおるわけやけど、この2人のどっちかがカバーしとったら、対応できたはずやったはずながで、これは本当にもったいない失点やちゃね…。

強風で難しい展開やちゃね

前半に関しては、カターレが風下に立っていただけによぉ、同点ゴールを決められた後の展開ちゃ、なかなか厳しかったがやね。鳥取はハイプレスをベースとしたチームやっただけに、それをもろに受けるような試合展開になっていたがで、なかなか跳ね返せない展開になっていたじゃ。

10分には右サイドバックの石田のミドルシュートが変なバウンドで襲いかかってきてよぉ、11分には中央を崩してきて、最後は田口裕也が抜け出しそうなところを間一髪クリアしたがいちゃ。風も強いし、ピッチはずべずべになっとるしよぉ、カターレの選手も足元がちゃんとフィットしとらんかっただけに、この時間帯はなかなか難しかったのう。

正直言ったら、早い時間帯で逆転されることもありうる展開やったがいど、なんとか凌いだら、20分過ぎからカターレは落ち着きを取り戻してきて、従来の試合運びができるようになってきたがいちゃね。

ジリジリと前進できるようになってきたじゃ

20分過ぎからのカターレは、ピッチコンディションや風に慣れてきたのか、従来の戦い方ができるようになってきたがやね。このシステムとしての特徴が出てきている試合展開になってきたじゃ。

カターレの採用している[3-5-2]のシステムの特徴ちゃ、真ん中に人が多いことが特徴で、反面サイドは数的に不利であるがいど、鳥取戦の前半はカターレのシステムの優位性が出ていたといえるやろう。鳥取に関しちゃ、やはり数的有利のサイドにボールを預けて展開していこうと狙っているがいど、そこは2トップやったり、中盤の一角がコースを狭めていってよぉ、相手が縦パスを入れたところで、3バックの一角がインターセプトを狙っていくのがハマっていたがやね。

これは一つの例ながいど、サイドに関しては、相手のサイドハーフに対しては、カターレの両ウイングバックが対応するのが軸としながら、システム上、フリーになりがちな鳥取の両サイドバックに対しちゃ、中盤の3人のうち一人が詰めていくのをベースとしとってよぉ、アンカーの碓井鉄平が背後をケアしていたがで、上手いこと機能しとったがやね。これでジリジリとカターレの流れになってくるがいちゃ。

吉平翼のゴラッソで引き離したじゃ

そんでよぉ、33分にゲームが動くがいちゃ。

鳥取のゴールキックからリスタートしてよぉ、右サイドの石川大地に当てたボールやったがいど、これを安藤由翔がインターセプトするちゃ。そんで安藤がそのまま縦へ直進してクロス入れたがよ。そんで吉平翼がワンタッチで魚里直哉と鈴木順也を躱してそのまま思いっきりミドルシュートを放ったら、見事ゴール右隅に決まって、カターレが勝ち越しやちゃね。

これは吉平くん見事なゴールやちゃ。ゴールキックからの展開やったもんで、人数的には全然カターレは足らんかったがいど、そんでも3人に囲まれた状況からシュートを決めるとは、これは素晴らしいちゃね。前節から調子が良さそうな感じやったがいど、この試合で真価を発揮してくれるとは素晴らしいもんやちゃ。

この後もカターレが追加点を奪うような展開になったがいど、前半は2-1で折り返しやちゃね。後編へ続くちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, , ,