とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

「越中のモハメド・サラー」こと大谷駿斗選手がツエーゲン金沢へ完全移籍ながよ。永遠なれやちゃ!

第34節のレビューを書きたいところやけど、今日は緊急ニュースが上がったもんやから、そっちから触れるちゃね。

ついにこの日が来てしまったのう…。

Twitterでもよぉ、えらいしつこいくらいに「越中のモハメド・サラー」こと大谷駿斗選手…と言い続けてきとるだけに、オラちゃ、カターレの中で一番好きな選手ながいちゃ。

とにかくスピードがあるアタッカーというだけでもオラの好みやけど、ラジオ出演したときの緊張しとる様とか、周りからいじられとる様とか見とると、やっぱしみんなから愛される選手ながやと本当に感じさせられるがいちゃ。

大人しそうにしとんがやし、緊張しとる様とか見とると「大丈夫かな?」と思ってしまうもんやけど、一度ピッチに立ったらよぉ、最大の特徴であるスピードでガンガン突き進んでよぉ、シュートまで持っていく強気のプレーを見せてくるからのう。そういった彼のスタイルには、見とるだけでも爽快感は感じてくるもんやし、いつの間にかオラにとっては、カターレを応援するのと同時に「大谷を見に行っとる」という感覚になってきとったがやね。

昨シーズン後半に関しちゃ、まさしく「越中のモハメド・サラー」こと大谷駿斗選手の存在があってこその快進撃やったし、追い上げムードのカターレの中やと、間違いなく「主役」やったがやね。もう「裏に抜け出たら決める」というくらいの決定力やったし、本当に半端ない選手やったじゃ。

今シーズンはよぉ、ターンオーバーとかいろいろあって、チームの戦い方も定まらんかったこともあって、大谷駿斗選手にとっちゃ、正直「上手く活かせられなかった」シーズンやとオラは思ったじゃ。

彼の最大の特徴は、誰の目でもハッキリわかるくらいの「スピード」ながいど、そのスピードを活かすには、やっぱし走っていける「スペース」が必要やちゃね。そのスペースを作るのちゃ、チームの戦術で上手く作っていけることはできんかったがやし、大谷選手にとっても「欲しくないタイミング」でボールを受けることが多くてよぉ、決定機を迎えるどころか、満足にシュートを放つことができるタイミングさえ上手く作れんかった…そういうシーズンやったじゃ。

今シーズンはよぉ、たったの2得点で終わってしまったがやけど、来シーズンは個人昇格することになったのちゃ、そんだけ大谷駿斗選手のポテンシャルを認められている…ということには違いないちゃね。

移籍するツエーゲン金沢は、カウンター気味のサッカーを展開しとることもあるし、フォーメーションも4-4-2を採用しとると考えたらよぉ、2トップかサイドでの起用も十分に考えられるやろう。

カターレサポーターにとっちゃ、正直複雑に思えるような移籍先やと思うし、引っかかる人は多いのかもしれんねど、来年で24歳になる大谷駿斗選手はよぉ、なるべく若いうちにステップアップしていって、J1、あわよくば世界を目指すくらいのアタッカーにならんとこやろう。正直寂しさはあるがいど、天性のスピードを持っとる大谷駿斗選手は、いつまでもJ3に居座っとるわけにはいかんちゃ。

ということでツエーゲン金沢のサポーターは、大谷駿斗選手をよろしくやちゃ。今度は「加賀のモハメド・サラー」こと大谷駿斗選手になるちゃね。

とにかく、オラは「越中のモハメド・サラー」こと大谷駿斗選手を応援し続けとるのが、本当に楽しかったしよぉ、ゴール決まったときは本当に嬉しかったもんやちゃ。本当に良い思い出をありがとうやちゃね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, , ,