とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

【プレビュー】第34節 アスルクラロ沼津 - カターレ富山 / 今季もこれが最後やちゃ

2020/12/20

前節のホーム最終戦では、今治に1-3で破れたカターレ富山はよぉ、最終節に愛鷹でアスルクラロ沼津と対戦やちゃ。

前回対戦

前回対戦はホームでやって0-1で負けたがやね。これが今季初めての黒星になったがいちゃ。

展開としてはカターレがパスを繋いでボールポゼッション高く試合を運んだがいど、沼津が昨シーズンを彷彿させるような守備でよぉ、カッチカチに守っとったがいちゃね。開幕2試合はポゼッションサッカーを展開しとった沼津やったがいど、この試合はあんまし繋げることもままならんかったがやし、双方のスタイルと出来で、なんとなくカターレが攻めている状況になったがいちゃ。

ただよぉ、カターレの方はアタッキングサードから、まっで攻略できんでよぉ、決定機はなかなか作れんかったがいちゃ。フィニッシュに至るまでの手数の多さが仇となって、攻めの遅さを露呈してしまっとったのう。ワンサイドのように押し込んどるように見えて、実は攻めあぐねとる試合やったじゃ。

そんで試合終盤によぉ、カターレが最終ラインのパスミスから、途中出場の渡邉りょう選手に決められてしまって、それが決勝点になってしまってよぉ、カターレは0-1で破れてしまったじゃ。

フォーメーション

直近のYSCC戦は、4-2-3-1で戦っとったがやね。今シーズンはエースとして台頭した渡邉りょう選手を頂点において、中盤からしっかり繋いでいくサッカーながやね。

去年までのサッカーがロングボールとフィジカルがメインのサッカーやっただけに、今季は転換のシーズンやった沼津ながいど、昨シーズンとは同じくらいの成績になっとんがいちゃね。彼らとしては時間をかけて作り上げていく…そういう方針ながでしょうか?

遠目からのクロスを放ちつつも、クロスを警戒していく相手には、細かく繋いで崩していく…という感じやし、今季はボールポゼッションも結構高めになったがやね。単騎突破ができるベテランの染矢の存在は大きいしよぉ、後方からゲームを作っていける「沼津の顔」である尾崎瑛一郎の存在は大きいちゃね。

ただよぉ、今季限りで尾崎瑛一郎、谷口智紀、前澤甲気らが、今季限りで退団するがやね。沼津にとっても、この最終戦は大きな意味を持つ試合になりそうやちゃ。

最後はどう戦うがけ?

前節は久々に4バックに戻したがやけど、結果としては1-3で今治に完敗やちゃね。昇格をのがしたということもあって、最近出場しとらんかった選手達を起用して、この試合を勝ちに行く…というよりも、むしろ来シーズンに向けての戦力の選定を感じさせられるようなスタメンやったし、戦い方もシーズン当初に戻した…という感じやったのう。

カターレとしちゃ、再び戦い方を戻していかーか、それとも前節と同じようにやっていくのか気になるところやちゃね。

カターレもこの日が安達亮監督の最後の試合やし、有終の美を飾って、来季に繋げて欲しいところやちゃね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, , , , ,