とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

第20節 藤枝MYFC - カターレ富山 / 久々の好ゲームやちゃ

前節はガイナーレ鳥取に0-3で破れて、泥沼の4連敗を喫したカターレ富山は、アウェーで藤枝MYFCと対戦やったじゃ。

フォーメーション

カターレは前節同様の3バックやちゃね。前節と違うのは、右のシャドーの位置に大谷駿斗やなくて、椎名伸志が入っとるとこやちゃね。そんで、右のウイングバックも池髙暢希やなくて、柳下大樹が起用されとるがいちゃ。

藤枝はアンカーの松岡亮輔は外して、元々は前目でプレーしとる姫野宥弥が起用されとるちゃ。秋本倫孝が出場停止ながで、左に那須川将大を起用したがよ。2トップは森島康仁と吉平翼のコンビで、リーグ得点ランク首位の大石治寿はベンチスタートやちゃ。

かみ合わせの良さで優位に立ったじゃ

お互いのシステムを噛み合せたらこんな感じになるちゃね。

藤枝の3バック(那須川将大、秋山貴嗣、川島將)に対してはカターレは3トップ(大野耀平、宮城天、椎名伸志)ながで互角で、サイドも両方ともウイングバック1枚ながでここも互角やちゃね。

で、相手の藤枝は2トップ(森島康仁、吉平翼)に対して、カターレは3バック(今瀬淳也、林堂眞、川崎裕大)ながで、守備のところではカターレの方が数的優位やちゃ。

そんで逆に中盤はカターレが2枚(花井聖、稲葉修土)に対して、藤枝が3枚(水野泰輔、姫野宥弥、片岡爽)ながで、ここでは藤枝が数的優位やちゃ。

ワイドな攻撃を展開できたじゃ

立ち上がりはカターレがシステムに慣れとらんがか、稲葉や花井が最終ラインに吸収されたりして、3バックながか、4バックながか、6バックながかハッキリしない展開が続いて、ゲームの入り方としてはあまり良くなかったじゃ。

ただ徐々に時間を経過していくとカターレのシステムが安定し始めてくんがやね。藤枝が高い位置から積極的にプレスをかけてくるがいど、この日のカターレはそのプレスを上手くかわせていたのう。

システム的に優位な面は強いがやけど、各選手が近すぎない適切な距離を取っていたことで、上手くプレスを躱せていたじゃ。サイドに大きく揺さぶりをかけるビルドアップながで、最近のチマチマとしたショートパス過多のカターレにしては、ダイナミックに仕掛けられたのが大きいちゃね。

逆に中盤に関しては、数的には不利やっただけに、稲葉や花井からの展開はほぼ見込めなかったし、逆に守備時では姫野宥弥を捕まえられなかったじゃ。ただ、このシステムは中盤の展開力よりも、最終ラインの展開力が重要やし、森島のポストプレーが他の選手とほとんど合わんかったがで、藤枝は中盤の優位性を上手くいかせられんかったのう。むしろ稲葉の豊富な運動量が数的不利を補っていたのう。

…で、あとは3トップと両ウイングバックの個々の戦い…になるわけやけど、この日のカターレは両サイドはほぼ完勝やったじゃ。藤枝は両サイドの安藤由翔と久富良輔のアーリークロスが得点源やけど、ほぼ何もさせずに逆に末木と柳下は有効なアーリークロスを入れられたじゃ。豊富な運動量でカバーする椎名と宮城が、相手のファールを誘発させて、幾度もセットプレーのチャンスを作っていたじゃ。

そんでセットプレー絡みからPKを獲得して、それは大野が失敗してしまったがいど、その後にまたFKを獲得したカターレが、藤枝のGK杉本のファンブルからオウンゴールを誘って、カターレが先制点を奪って、前半を終えたじゃ。

横へ揺さぶるからこその椎名のゴール

そんで後半になって、52分でカターレは追加点を奪うがいちゃ。

中央でボールを受けた花井聖がよぉ、タッチラインギリギリにポジションを取っていた末木にパスを出すフリをしてから、素早いターンから中央の椎名に通したがいちゃね。そっから椎名が素早い切り返しで那須川を躱すと、得意の左足を振り抜いて、追加点が決まったじゃ。

藤枝のポジションの取り方に問題はある一方で、これはサイドに大きく広がるからこそできるプレーやちゃね。真ん中に密集していたら、なかなかこういうわけにはいかんやろう。

ゴールを決めた椎名が見事やったがいど、密集している状況やったら、椎名が一人でどうにかできるわけではないちゃ。「ワイドに広がることによって、中央で勝負しやすい状況を作る」というのが、このゴールを表すには丁度いいやろう。

久々の勝利やちゃ

この後は姫野に1点返されてしまって、途中からリーグ得点ランクの大石治寿を投入してくるがいど、そんなに危ないシーンは作ることなく、試合は2-1でカターレが5試合ぶりの勝利やちゃね。

カターレが完璧な試合をやったかといえば、全然そんなことはないし、むしろ藤枝がそれ以上に低調なできやったと思うがいど、今季のカターレには足りなかった「ワイドに攻める」ところは実践させられた試合やったじゃ。それにビルドアップでは花井に依存せずに、今瀬や林堂らが力を発揮できたのは大きかったのう。

ただ、立ち上がりは明らかに危なかったし、2点目奪った以降はほとんどチャンスを作れなかっただけに、ゲームマネージメントはまだまだ突っ込みどころが多いのが現状やろう。このシーズンでは解決しづらいものもあるかもしれんねど、一つ一つ改善していかんなんやろう。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-,