とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

アベノマスクブラで「スルースキル」が試されるちゃ

2020/07/02

東京都議の北区選挙区の補欠選挙で、変わった選挙ポスターで立候補しとる人がおるちゃね。

それはダラやわ

率直にふざけとると思うちゃ。さすがにダラと言うしかないやろう。

これで投票する人はおるやろうけど、逆にまともなことを言ったとしてもポスターが原因で投票しない人もおるやろう。自分が当選することを考慮したら、あんまし得なことはないかと思うちゃ。

少なくとも女性票は捨ててきているも同然やなかろうか?とはいえそれで男性票を爆発的に伸ばせるわけでもないんやなかろうか?

ここまでダラやと、当選するとは別の目的があるように思えるちゃ。

イタリアに前例はあるちゃ

ただこの選挙戦略は決して目新しいものやなくて、海外に事例があるちゃね。その代表がイタリアの「チッチョリーナ」ことシュターッレル・イロナ氏やちゃね。

民主的なプロセスで国会議員に当選したハードコアポルノ女優ながいど、おっぱい丸出しのポスターとか貼りまくった活動をしとったみたいやのう。

本当にダラやと思うところやけど「原子力エネルギーからの脱却」「囚人のセックスの自由」「学校での性教育の促進」など掲げている政治家で、結構支持を集めとったみたいやのう。これをどう判断されるかは自由やけど、チッチョリーナさんを当選させるイタリアは、これはこれで興味深い国やと思ったのう。

そんな彼女はこういう言葉を残しているちゃね。

「ビン・ラディンの戦争では何千人もの犠牲者が出ていますわ。でも、私のオッパイで怪我したり損害を被った方はいらっしゃいません。」— 2002年10月

「私、ひどい二日酔いになったことがあるの。そこで、世の中には二日酔いにもなれないほど貧しい方々もいらっしゃるって気づいたの。いまこそ、貧困に苦しむ人々を助けてあげる時なのよ!」— 2002年7月

「今日、こちらに伺ったのは、オッパイをお見せするためではありません。貧困にあえぐ方々のお話をしにあがったのです。ですから、今日はオッパイはお見せしません。けっして、オッパイの形が悪くなったわけではありません。貧困に苦しんでらっしゃる方々にとって、私のオッパイなんて何の意味もございませんから、この場でオッパイはお見せしません。」— 2002年

選挙のハッキング

話はゆづか姫に戻るちゃ。

東京都の選挙管理委員会では、これはルール上は問題ないらしいちゃ。それも立候補しとる本人が認めるものなら否定までできんちゃ。

ただ、ツイート見てて思ったのは、この人はあまり甘く見ない方がいいと思ったのう。

あのような過激なポスターにしても、ある程度反応が来るのを予想していたかの如く、「憲法で認められる内心の自由」「女性が女性の意志でやっていること」「ルール上は問題ない」など、彼女は彼女で論理武装しとるがで、お気持ちをぶつけるだけ燃料を与えるだけになってしまわんまいかと思ってしまうちゃ。

新道候補を擁立している「NHKから国民を守る党」というところは、派手なことやって人の目を引くようなとこやし、党首の立花孝志氏も認めているしのう。どこの政党も「普通はやらない」ことを、この政党はルール上では問題ない範疇でやってしまうのが特徴やしのう。

なんというか上手いこと選挙のシステムをハッキングしてくんがやね…。

試されるスルースキル

あのポスターにはえらい怒っている人が多く見られるちゃね。

まああのポスターを見て人がどう思うかの「内心の自由」は否定しない…という前提で言うがやけど、この元衆議院議員の池内沙織さんはあまり賢くない人やと感じたのう。

前回の参議院選挙のときに「カーセックス」を連呼した立花孝志氏やからこその発言やけど、まず派手なことやって目立とうとするのが彼らの常套手段ながやね。

それもテレビでも全く無視されるようなただの泡沫候補やったら、そこで何も得られることなく終わってしまうがいど、彼らは国政に議員を送り込んでいる政党ながで、「派手なことをして注目を集める」という手法は、ある程度効果を生んでいるのは、認識しておくべきことかと感じるちゃね。

別にYouTuberとか興味がなくて、ましてや東京都議のことなんて普段から気にもしない富山の人間からしたら、普通のことをやったところで「しんどうかな」という人物を覚えることは無いと考えたらよぉ、あのポスターを見て「許せない!」と声を上げること自体は、ある意味宣伝しているも同然ながやね。

いろいろ声を上げたところで、それを見た人が必ずしも賛同してくれるかどうかは分からない以上は、なるべく拡散しない方がいいちゃ。

要は「シカト」を決めておく方が正解ながやね。

注目されなければ泡沫になる

マスコミが勝手に都知事選「主要候補」を決める恐ろしさ。都民は偏向報道に騙されるな=鈴木傾城
https://www.mag2.com/p/money/936054

今やっとる都知事選の報道でもそうながいど、テレビでは現職の小池百合子と有力候補の4人が取り上げられとるがいど、他は22人も立候補されとるがやね。

正直オラも全員把握できとらんがやけど、候補が22人もおるがなら、全員平等に扱ってもらわんとフェアにはならんやろう。いくら他の候補が良い政策を掲げていたとしても、名前を覚えてもらえんかったら、なかなか投票数が伸びないのは当然やなかろうか?

まあ言動が過激で「顔すら見たくない」という人が多いであろう、日本第一党の桜井誠であっても、発言はフェアにするべきで、気に入らんがなら他へ入れればいいだけやからのう。

要は「知られなければ泡沫になる」ということやちゃ。

そういうのを考えとったら、メディア露出がやたら多い割には、ほとんど政策らしい政策を言わんがに、なんとなく小池百合子が再選されそうな雰囲気になっとる日本の選挙を取り巻く環境を考えたら、注目を集めるために「アベノマスクブラ」みたいのは出てくるものかもしれんちゃ。

それでも騒ぎたいなら選挙後で

はっきし言えば、選挙期間中に「#選挙を使ったセクシャルハラスメントに抗議します」のタグを作った池内沙織元衆議院議員は、全く賢くないちゃ。

【女だらけの北区補選】ゆづか姫のアベノマスクブラを〝緊急メンテ〟
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1944417/

自分が発言をすることでの影響力を全く考えられとらんダラやと思うちゃ。そんな元衆議院議員の人間が話題にしたら、いろんなメディアが取り上げるのは当たり前の話ながよ。メディアとしては「アクセス数」という数字は取りたいし、人が関心を集めていることは、メディアはいつもチェックしとるからのう。

池内沙織さんは赤旗以外のマスメディアを読んでいるのかどうか分からんがやけど、政治家としてはあまりにも直情的すぎるちゃ。「思っていることをすぐに発露してしまう人」はたくさんいるのを上手く利用しとるのがN国党の常套手段やけど、池内さんはN国党が狙っていることに加担しているも同然なのを気づかないのはどうやろうか?

オラはこういう人こそ真っ先に投票から除外すると考えるちゃ。

こういうのは抗議するにしても、投票に影響する今ではなくて、むしろ選挙終わったくらいのタイミングでやった方がいいちゃね。あのポスターを見て何を思うかは個人個人の自由である一方で、タイミングや自分の発言の影響力は考慮しとかんなんまい。

感情的になってしまった人間には、この辺が考えられなくなってしまうがやね…。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱんタイムス