とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

実況や解説もこれからは視聴者が自ら配信できるようになればいいちゃ

2018/05/30

UEFAチャンピオンズリーグ決勝での副音声のゲストに来とった、小柳ルミ子さんのことで、ツイッターとかでいろいろ言われとるちゃね。

カリウスへの発言

熱狂的なバルセロナファンである小柳ルミ子氏をよぉ、レアル・マドリーの試合に呼ぶこと自体、どうかと思うし、終始レアル・マドリー批判ばっかしで、一緒におったJOYさんが、なんとか頑張られとったがいちゃね。特に試合中にミスして失点してしまった、リヴァプールのドイツ人GKカリウスへの発言が非常に問題視されて、えらい騒がれとんがやね。大体の発言はこんな感じやちゃ。

・(1点目)こんなやつに仕事を任せておけない
・(2点目)なんで精一杯手を伸ばさないの?なんで見逃すの
・(2点目)テア・シュテーゲン(バルサGK)なら止めてた
・(3点目)私でも止められるわ

オラも聴いてたがいど、相変わらずやちゃねえ…。サッカーにこんなにハマる前から、なんでもかんでもわーわー言うような人やし、オラみたいなもんからしちゃ、「しょうがない人」と思ってしまうくらいやけど、一緒にいたJOYさんが、なんとか放送事故にならんように頑張っていた感じではあったのう。

なんのせ小柳ルミ子氏が「年間2000試合見てる」とかおっしゃるがいど、巷では「5000兆試合見ている」と言われるオラでも、サッカーはわからんことだらけで、いつも発見だらけやと思っとる身としちゃ、まだまだやのーと思ったりもするちゃね。オラもまだまだやけど。

視聴者が聞きたいのを選べんがやね

本当はスカパーを契約してりゃ、戸田和幸さんの解説を聞きながら楽しみたいとこやったがいど、今はスカパーと契約しとらんがで、そういうわけにいかんかったがいど、とりあえずフジテレビで見ることにしたがやね。

そしたら、主音声ちゃ、実況が青島幸男さんで、解説が清水秀彦さんやったがいど、オラは青島さんの声が苦手ながいちゃねえ…。要はどっちを選んでも不味い飯食わされとるような感じながいちゃねえ。主音声やろうが、副音声やろうが、フジテレビのサッカー中継にそもそも期待できんし、こういうものはカネを払って良いものを見る…のに限るやろう。

局アナにしても、サッカーファンの芸能人にしても、どっち選んでもストレスが溜まるようなものちゃ、せっかくの最高峰の舞台ながに、どうしても台無し感は感じさせられるもんやちゃ。

実況解説なしを求めれてしまうちゃね

これはオラもいつも思っていることではあるちゃね。実況解説が入ってしまうと、その人の主観に左右されてしまって、どうしても素材が損なわれてしまう感は否めんがいちゃ。それに実況解説の声質が合わんかったら、やっぱし心地よく見られるもんでもないやろう。

そう考えたらよぉ、結局は実況解説は不要となってしまうがいちゃね。あったほうが選手を把握しやすい場合もあるがいど、余計な声が入らないだけに、会場のリアクションとかが耳に入りやすくなってくるがやし、場合によっちゃ、ピッチ上の音も拾いやすくなるやろう。

実況解説はファンが担えるようになればいいちゃ

鈴木智之さんのツイートに一つ付け加えるがいど、実況解説がないチャンネルによぉ、マイクでも対応させといて、視聴者自身が実況解説を入れて、それを配信できるようにしてもいいかと思うちゃね。

 

ということで、元プロレスラーの天龍源一郎に競馬実況させたのがあるがいど、こんな感じにいろんな方がやってみたらいいと思うがいちゃ。…しかし、天龍さん、原稿読みながらやけど、結構上手いことできとられるちゃね。

この論争についてちゃ、小柳ルミ子氏が良い悪いだけの問題やなくて、やっぱしごく限られた人間しか実況解説ができんがで、視聴者は限られた選択肢の中からしか選べないとこに問題があるがやと感じられるちゃね。

これが様々なチャンネルがあって、一つは言いたい放題の小柳ルミ子氏のチャンネルがありゃ、もう一つは天龍源一郎のガサガサ声でやってもらってもいいわけやし、はたまた視聴者でサッカーが詳しい方がしゃべって頂いてもおもしいかと思うちゃね。

 

アラビア語の実況とか、いっつもすごいテンションでよぉ、「アッラー!!」とか叫んどるがいど、たくさんのチャンネルがありゃ、一人ぐらい日本語でここまでぶっ飛んだのもあってもいいと思うちゃね。

 

あとはWWEの反応シリーズとか楽しいちゃね。中邑真輔のWWE登場の反応やけど、みんな「オーマイガー!」とか連呼しとるし、口をポカーンと空けとるし、入場曲歌ったりしとるし、本当に楽しいちゃねえ。WWEやとファンがこういうリアクションの動画をアップしとるもんはたくさんおるし、自分でポッドキャストを放送しとるもんがおるし、ファンが広報になっとるとも言えるやろう。これはサッカーでも十分使えるかと思うちゃ。

TVは素材だけ用意すれば良い時代にきとるかもしれんちゃ

一昔にネットがない時代と違ってよぉ、今ではネット環境が良くなってきとって、あらゆる配信ソフトも機材も安価で買えるようになってきとんがやね。それだけにファンが自分の見方、楽しみ方をそのままネットを通じて伝えていける時代になってきとるがいちゃ。ある人は独学で学んだサッカー論を元に解説していってもいいわけやし、ある人は誰かのモノマネをしながら実況するのもいいがやし、ある人は絶叫中継しとってもいいわけやちゃ。視聴者はその中から好きなものを選んでいけばいいからのう。そうすりゃ、青島幸男さんのうるさい実況も、小柳ルミ子氏の言いたい放題の実況も、本当にどうでも良くなっていくやろう。

そう考えていくと、TVちゃ、そもそも実況解説をつけているのは、カネの無駄遣いであって、素材だけ用意すればいい時代がやってきとるがかもしれんちゃね。「ごく限られたもの」から選ばざるを得ない現状ちゃ、視聴者が古い時代につきあわされとるだけやろうし、ネットができることに中継も合わせていくことも必要やないかのう。2つくらいの選択肢しかないものより、100通りの選択肢が合ったほうが、自分好みが見つかりやすくなるやろう。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱん・わーるどふっとぼーる