とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

【J3】ライバルチェック2024 vol.4 FC琉球

2024/02/07

J3のライバルチームをチェックするちゃ。第4回目はFC琉球やちゃ。

目次

低迷により2度の監督交代

2022年シーズンに21位で終了して、2018年以来5年ぶりにJ3を戦うことになった琉球やけどよぉ、当初は琉球でヘッドコーチをしていた倉貫一毅が内部昇格して監督に就任したがやね。開幕は2連勝でスタートしてうまくいくかと思いきや、急に失速していって5月には倉貫監督は解任されて、スポーツダイレクターに就任していた喜名哲裕さんが1年ぶりに復帰したがよ。しかし、チームの成績は浮上することなく、9月には喜名哲裕監督は辞任したがやね。

そんで9月に就任したのがよぉ、金鍾成監督ながやね。2018年に琉球をJ3優勝に導いたがやけど、2019年は同年に昇格した鹿児島ユナイテッドFCの監督にまさかの就任してしまったのう。その後は、2020年に鹿児島の監督を退任すると、2021年途中にはガイナーレ鳥取の監督に就任、昨シーズンは6月に成績低迷で解任されてしまっとんがやね。ただ、金鍾成さんの下でも成績を向上させることができず、17位で終了やちゃ。

2024年シーズンは、開幕から金鍾成監督が率いることになったがいちゃ。琉球にとっては原点に立ち返えって、金鍾成監督にとっては慣れ親しんだ地で再起を図ることになるちゃね。

今冬の移籍

加入

GK六反勇治横浜FC期限付き移籍
GK東ジョン名古屋グランパス期限付き移籍
GK🇰🇷パク・ソンス🇰🇷FC安養
DF藤春廣輝ガンバ大阪
DF鈴木順也ガイナーレ鳥取
DF増谷幸祐ガイナーレ鳥取
DF吉本武関西大学
MF佐藤祐太AC長野パルセイロ
MF小川優介鹿島アントラーズ
MF幸喜祐心FC琉球U-18
MF岩渕良太藤枝MYFC
FW石井快征横浜FC
FW庵原篤人静岡産業大

退団

GK🇨🇷ダニー・カルバハル
GK田口潤人レノファ山口FC
GK積田景介
DF寺阪尚悟ガンバ大阪期限付き移籍満了により復帰
DF柳貴博ファジアーノ岡山
DF牟田雄祐🇹🇭ボンケットFC
MF🇧🇷ケルヴィン
MF人見拓哉
MF清武功暉おこしやす京都FC(関西2部)
MF藤原志龍徳島ヴォルティス育成型期限付き移籍満了により復帰
2024年はテゲバジャーロ宮崎へ期限付き移籍
MF中野克哉大宮アルディージャ
FW金崎夢生
FW阿部拓馬
FW🇬🇭サダム・スレイ

監督が代わった影響もあってかよぉ、今冬の移籍は大きな動きがあったのう。ベテランの金崎夢生、阿部拓馬、清武功暉、牟田雄祐は契約満了で退団して、更にカルバハル、ケルヴィン、サダム・スレイらの外国人もチームを去ったがやね。そんで主力もGK田口潤人、DF柳貴博、MF中野克哉もチームを去ることになったがで、まさに琉球は激動のオフとなったわけやちゃ。

そんで新たに加入したのは、元日本代表のGK六反勇治、DF藤春廣輝が加わってよぉ、金鍾成監督が在籍していたガイナーレ鳥取から鈴木順也と増谷幸祐のCBコンビを一気に引き抜いとるちゃ。攻撃陣に大きな動きはないがやけど、まず金鍾成監督のやり方を知っている選手を集めている感じやちゃね。

フォーメーション

チーム全体の動きが大きいこともあって、予想フォーメーションを作ったところでよぉ、誰が起用されるのか、ちょっと予想しづらいところはあるちゃね。ただ、昨シーズンも主軸を担った、センターハーフの平松昇と岡澤昴星は変わらずプレーするやろうし、チープトップの11ゴールをあげた野田隆之介は健在やろう。

そんで琉球としてはテコ入れしていきたいところは、やはり守備陣やろう。GKは元代表の六反勇治にしてみたがやけど、韓国人のパク・ソンスは岐阜でレギュラーやった時期があり、東ジョンは昨シーズン後半の相模原の正GKやっただけに、GKからして誰がやるのか興味深いところやちゃ。CBには高さのある鈴木順也に、かつて琉球でも一緒に共にした増谷幸祐が復帰しとるのが大きいのう。

金鍾成監督のサッカーは「3-1で勝利するサッカー」を標榜しとるように、かなり攻撃的なスタイルで戦うチームながいちゃね。増谷幸祐、鈴木順也、富所悠など、彼のやり方を知っている選手が多いだけに、序盤戦には高い完成度で挑んでくることが考えられるちゃね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱん・わーるどふっとぼーる
-, , ,