とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

J3第1節 愛媛FC-カターレ富山 vol.3 / 川西翔太、鎌田翔雅、松本雄真に関してやちゃ

2022/03/16

もうちょっこし書きたいことあるがで、追記しとくちゃ。

やはり川西の加入がでかいちゃ

いろいろ触れていきたいところやけど、まずは今シーズンのカターレの目玉補強の1人である、川西翔太についてやちゃね。

昨シーズンの得点王であり、J3屈指のアタッカーである33歳のベテランでよぉ、敵に回すと本当に厄介な選手やったがいど、彼は自分のとこの選手になったら、本当に頼もしくて感動すら覚えたのう…。

もちろん得点能力に関しては期待されるところやけど、モンテディオ山形で石崎さんの下でプレーしとったときはよぉ、シャドーでプレーしとってがいちゃね。得点力というよりも、チャンスメーク寄りでよぉ、しかもボランチもやっていたくらいの選手で、本当に起用で技術の高い選手ながいちゃ。

開幕に関しちゃ、スタートのポジションは最前線やったがいど、途中からはトップ下にポジションを移して、割と自由に動けるような感じになっていたがいど、FWでもトップ下でも本当に頼りになるというのが彼の素晴らしいところやのう。見てて思ったのは、相手からのプレッシャーが厳しくて、スペースが狭いところであっても、足下にボールが入れば、とりあえず時間を作ってくれるところが凄いのう。ある程度、彼がボールを持つことで、相手選手を惹きつけられるようになったらよぉ、他の選手もフリーになっていくだけに、攻撃面での相乗効果が本当に大きいと感じられたじゃ。

ただ、ややタイプが似ているマテウスと一緒にプレーするようになると、若干やろうとすることが被ってくるところもあって、そこらあたりはプレーを重ねていくことによって、お互いのプレーを擦り合わせていくことを期待したいところやのう。

地味に効いている鎌田翔雅

そして、福島ユナイテッドFCから加入した鎌田翔雅についてやちゃ。

開幕は左CBでのスタメン出場やったのう。このポジションに関しては、いわてグルージャ盛岡へ移籍した戸根ちゃんが、1分も他の選手に譲ることなく守ってきたポジションやっただけに、今シーズンのカターレにとっても、一つポイントになっていたポジションではあるちゃね。

そこに入ったのは、左伴繁雄社長の旧知の仲であり、近年はブラウブリッツ秋田や福島ユナイテッドFCの躍進を支えてきているベテランの鎌田翔雅やけど、彼が入ったのも地味やけどかなり大きいがやね…。

何がいいかといったら、前に出る守備が上手くて、インターセプトした後にすぐに攻撃に転じられるがやね。よくピッチを見ている選手ながやと感じさせられたじゃ。状況判断が素晴らしく早くてよぉ、彼が入ったことによって攻守の切り替えの鋭さが増してきた印象さえ感じさせられるちゃ。相手がボールを持った展開になっても、鎌田翔雅のところで引っ掛けさせたら、一気にカウンターへ持っていける展開も期待はできるやろう。

プレーは地味やし、むしろ玄人受けがするような選手やけど、確実に言えることは、物凄くインテリジェンスの高い選手ということやちゃね。新体制発表会のときに左伴繁雄社長がよぉ、「インテリジェンスの高い選手を集めた」とおっしゃっていたがいど、鎌田翔雅はその代表格といえる選手やないかと思ったじゃ。ピッチ上にいるだけでも全然違うと思うがで、怪我なく1年間過ごしていただきたいところやちゃ。

松本雄真はカターレの宝やちゃ

今回最後に触れておきたいのは、ルーキーの松本雄真やちゃね。

新潟医療福祉大学在学中の2年前からよぉ、すでに2022年からのカターレ入団が内定しとったがいちゃね。当時の黒部光昭強化部長が惚れ込んだ才能でよぉ、その頃にすでにカターレが獲得を決めたという、いわゆる「黒部強化部長の置き土産」ながいちゃね。

2年前に特別指定選手としてカターレでプレーしとったときから、すごく技術が高い選手でよぉ、しかも複数のポジションもこなせられて、おもしい選手やと思っていたがいど、昨シーズンは1試合もその姿を見ることができんかったがやね。どういった事情なのかわからんかったがいど、オラは開幕スタメンに名前を連ねるとこまでは予想はしてなかったじゃ。

ただよぉ、蓋を開けてみたら、開幕スタメンでよぉ、しかもポジション的には激戦区であるシャドーの位置に入っとんがやね。そんで前半のアディショナルタイムに神山くんが怪我したらよぉ、右WBにポジションを移して、結局は最後までプレーしとったがやね。プロデビュー戦で複数のポジションでプレーするとは、オラも驚くばかりやちゃ。

松本くんに関しては、単純に「上手い」の一言に過ぎるのう。ボールタッチに関しては、ボールの置く位置が絶妙で簡単にボールを奪われないのが特徴的やのう。それにこのボールスキルを用いて、相手選手をひきつけた上でパスを出しとるがで、こいちゃあスペイン出身の選手なのかな?…と思えるくらいセンスも兼ね備えとると感じさせられたじゃ。それに同点ゴールのアシストに関しても、大野の位置が見えたから、ダイレクトに出したがでしょう。ピッチも幅広く見れる視野も持っていると考えられるやろう。

世界的な選手で言ったら、バイエルン・ミュンヘンでドイツ代表のヨシュア・キミッヒみたいな感じやちゃね。「越中のヨシュア・キミッヒ」と言ってもいいかのう?中盤もサイドプレーヤーとしてもクオリティが高いちゃね。中盤でもサイドでも「ゲームを動かす」という点では、松本雄真の才能ちゃ、本当に素晴らしいもんかと感じさせられるのう。これは他のチームのチェックが入ってくるんやないかと心配すら感じるちゃ。

ただ、右WBに入ったときに、愛媛の猛攻を受けていたことを考慮したら、守備対応とかに関しちゃ、まだまだ課題を持っている印象はあるちゃね。今後の試合でどこを主戦場としていくがかわからんがやけど、彼ほどの才能がある選手やったら、サイドバックとしてでも長い目で見てみたいと思うのは確かやちゃね。本当に楽しみな選手やちゃ。

まだまだいろいろ書きたいことあるがいど、次節以降にするちゃね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, , ,