とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

第30節 カターレ富山 - 鹿児島ユナイテッドFC / 最後はキレイに締めなんちゃ

2021/12/05

前節のいわてグルージャ盛岡戦で負けてよぉ、J2昇格が断たれてしまったカターレはよぉ、最終節に現在7位の鹿児島ユナイテッドFCと対戦やちゃ。

前回対戦

前回の対戦では2-2で引き分けやちゃね。

前回対戦したときの試合は現監督の上野展裕監督の初陣やったがやね。ただ、開幕時にチームを率いていたアーチー・パパス監督の頃から、今シーズンの鹿児島ちゃ、ポゼッションサッカーを展開してきとったこともあってか、やはり点の取り合いを重視したチームやったのう。

「繋ぐ鹿児島」に「押しつぶしていく富山」という展開やったがいど、どっちも守備面ではゆるい傾向があったのか、守備面ではやや緩めで、お互いに攻撃的な試合やったがやね。アグレッシブに両チームが攻めあって、2-2という結果やったがやね。

フォーメーション

鹿児島に関しては、ほとんどの試合が4-2-3-1で戦ってきとるがやね。上野監督はフォーメーション自体はだいたい毎回同じで、サッカーに関しては、最終ラインから繋いで行って、相手のプレスを剥がしながらボールを前進させていくサッカーには変わらんがやけど、藤枝戦、長野戦も同様の展開やったのう。

最近の鹿児島に関しては、ベテランの酒本憲幸選手の引退が決まって、上野展裕監督の今シーズン限りの退任が決まっとるがで、最近の試合に関しては、割と若い選手を起用していく傾向があるのう。来シーズンの編成を視野に入れながら、最近の試合を戦っている感じやのう。監督は交代しても、鹿児島のこれまでの傾向を考えていったら、やはり来シーズン以降もアグレッシブで点を積極的に奪っていくタイプの指導者を招聘するのは十分に考えられるやろう。

カターレの編成はどうなるやろう?

カターレに関しては、前節で昇格の可能性がなくなった…ということもあって、スタメンの編成がどうなっていくのか気になってくるところやのう。

今シーズン限りでカターレを退団することになった選手をスタメンに使っていく流れになるのか、もしくは来季を考慮して、若い選手を積極的に起用してみるのか、もしくは前の試合と同じようなメンバーを編成していくのか、いろいろ気になってくるところやのう。監督自体の来シーズンの契約自体も発表されていないとこも考えると、カターレの方が不透明な面はいろいろあるやろう。

来シーズンのことなんて、おそらくシーズンオフの流れ次第ではいろいろ変わってくるもんやし、今のところは何も言えるものもないやろう。なんのせ最後の試合はキレイに終わらせてくれることを期待したいところやちゃね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, ,