とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

第19節順延分 ヴァンラーレ八戸 - カターレ富山[プレビュー] / 継続が大切やちゃ

日曜によぉ、福島ユナイテッドFCとの上位対決を3-1で勝利したカターレ富山はよぉ、先々週に中止になった第19節の振り替えが、今日行われるがいちゃ。

前回対戦

前回の対戦はよぉ、開幕直後の第2節のホーム開幕戦やったがいど、カターレが2-1で勝利しとるちゃね。ゴールは吉平翼と大野耀平やちゃ。

試合内容としては、カターレはまずまずといったところやったがいど、前半のうちに、吉平のPKが決まって、前半終了間際に大野耀平が決めて、いい感じに試合を進められてたがやね。

ただ、後半は八戸が盛り返してきてよぉ、セットプレーから近石哲平選手に決められて、1点差に迫られたがいど、試合は2-1でカターレの勝利やったがいちゃ。

フォーメーション

葛野監督が率いるヴァンラーレ八戸のシステムは、[3-4-2-1]やちゃね。

直近のアスルクラロ沼津のスタメンはこんな感じやったがいちゃ。「八戸のバンディエラ」新井山祥智選手をはじめに、丸岡悟、近石哲平、小牧成亘などの主力選手は名前を連ねとるちゃね。この試合では、1トップは本職が中盤の前澤甲気選手が入っていたがいちゃ。本来は上形洋介選手が入りそうやちゃね。

このメンバーで挑んだ試合に関してやけど、新型コロナウイルスの感染が広まっていて、その影響で久々の試合になってしまったのか分からんがやけど、2-7で大敗を喫しているちゃね。

2週間連続試合ができんで、練習もなかなか難しい状況やったらしいがやけど、そういったところでも影響は大きかったがかのう?思ったよりも身体が動けていないような印象を感じさせられる試合やったし、ちょっと気の毒やと感じさせられる試合やったじゃ。

ただよぉ、対戦相手であるカターレの立場からしちゃ、次の試合はこういうコンディションやないと予想するがで、逆に難しい試合になりそうやと感じてしまうちゃ。

とにかく継続やちゃ

ヴァンラーレ八戸のサッカーの印象についてやけど、前節対戦した福島ユナイテッドFCと近いタイプかなと思うちゃね。割と縦は速く攻めようとしながらも。両サイドの広がりを利用して、頻繁にサイドチェンジしながらクロスを放っていく感じやちゃね。

カターレに関しちゃ、前回の福島ユナイテッドFCとの対戦のように、しっかりハードワークを継続していってよぉ、球際で競り勝ちながら、先制点をもぎ取っていきたいところやちゃね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-,