とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

第21節 福島ユナイテッドFC - カターレ富山 / 立ち上がり重要やちゃ

前節はとうとうホーム無敗が途切れてしまったカターレはよぉ、アウェーで福島ユナイテッドFCと対戦やちゃ。

前回の対戦

第4節にホームで対戦してよぉ、2-2で引き分けとるちゃね。

この試合を振り返ってみると、今は京都サンガFCへ移籍してしまったナイジェリア人FWオグリバッジョ・イスマイラ選手の存在が大きかったのう。このイスマイラ相手に今瀬が対応しようとしとったがいど、圧力にやられてボールを収められてしまって、起点を作られたがやね。

今シーズンは上位争いを演じている福島ユナイテッドFCやけど、その成績になるのもよく分かるような試合で、この試合でも良いサッカーしとったがやね。カターレとしては修正を重ねてなんとか逆転はしたものの、最終盤は選手交代を経て攻勢に出た福島に同点に追いつかれたがいちゃね。

カターレとしては勿体ない試合やったのう。

フォーメーション

さて、フォーメーションについてやちゃ。

今シーズンから就任した地元福島出身の時崎悠監督が率いるチームはよぉ、基本的にフォーメーションは[3-4-2-1]ながやね。

これは前回カターレが対戦したときとフォーメーションは変わってないがやね。今シーズンはチーム状況がいいだけに変更することはないと判断したがでしょう。

ただよぉ、福島のおもっしいとこは、フォーメーションは変わっていない中でも、選手の起用するポジションは結構入れ替わっていることが特徴的やちゃね。特に中心選手の樋口寛規、雪江悠人、若手の鎌田大夢、それにサイドプレーヤーの鎌田翔雅などがポジションを入れ替わっとんがやね。

ミドルシュート要注意やちゃ

あらゆる試合の動画を見てて思ったのちゃ、福島ユナイテッドFCは、遠目からでもどんどん積極的にミドルシュートを打っていくところが特徴的やちゃね。

その特徴が顕著に出ていたのが、中断直後のFC岐阜戦やったがいど、相手が寄せてこなければ、どのポジションの選手であっても、躊躇なくシュートを放っていくがいちゃね。

そのパターンも様々で、両方のウイングバックの吉永大志、池髙暢希辺りがカットインから入ってきたりよぉ、最終ラインの鎌田翔雅や堂鼻が持ち込んで打っていったり、あとは中がギューギューになっとるとこを避けて、バックパスしてから誰か打っていく…みたいのが徹底しとるがやね。どのポジションの選手であっても、シュートを放っていく意識が強いのが素晴らしいところやちゃね。

そんでミドルを警戒して、距離を詰めようとしたところで、今度はペナルティエリア内で勝負していく…という感じやろう。今はイスマイラがいなくなったことがあって、中でどうやって点を取っていくのかは課題になっとるように思えるがいど、最近はクリス・サイモン選手という、新たなナイジェリアから加入した選手が来たがで、彼がブレークしていくかどうかは見ものになりそうやのう。

立ち上がり重要やちゃ

やはりこの試合の鍵になるのちゃ、カターレがどううまく試合に入っていくのか…というところやろう。

これまでの試合では立ち上がりが上手く入れた長野戦は3-0で快勝した一方で、沼津戦、鳥取戦は立ち上がりのゲームの入り方が良くなくてよぉ、前半開始早々にゴールを食らって、その後にもチーム状況を持ち直すことができずによぉ、続けて2点目を食らってしまっとんがやね。

今回の福島ユナイテッドFCのサッカーちゃ、最終ラインの3バックから、積極的に中に通そうとしてくるチームだけに、カターレとしては前線から連動した守備を徹底していって、相手の勢いを殺していくのは重要なポイントになってくるやろう。

この試合は、昇格に向けて大きく左右する試合やちゃね。難敵福島が相手やけど、勝ち点3を持ち帰ってもらいたいもんやちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山