とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

ブレーンストーミングさえ問題視するとは、マスコミが思想統制を推進しとるちゃね

こんなニュースが挙がっとるちゃね。

「オリンピッグ」を提案したがやと

こんなニュースで四六時中、報道しとること自体、どうかと思うがやけど、なんやら東京五輪の開閉会式の演出を統括するクリエイティブ・ディレクターの佐々木宏さんが、豚の格好をした渡辺直美さんを演出に加えて「オリンピッグ」とかアイデア出しとった件がよぉ、文春で報じられていたがやね。

この報道によって、小池百合子都知事をはじめに、多くの政治家が批判しとって、佐々木宏さんは辞任することになってしまったがいと。

当の本人は問題視してないようやちゃ

オラは電通っぽいマーケティングは好きやないし、佐々木宏さんがこれまで手掛けていたCMの数々をチェックしたら、あんまし好きなやいもんばっかしやったがで、辞任しようがせんまいがどうでもいいと思っていたりするちゃね。

ただよぉ、こういった出来事で「侮辱だー」なんて騒がれたりするもんやけど、根本的には「当事者本人がどう思うのか?」が全てやなかろうかのう?

渡辺直美さんに豚の格好をさせるアイデア自体ちゃ、オラからしたら面白いとも思わんもんやし、オラの視点から見たら「それはあまりにもくだらない」の一言で却下すると思うがいど、これを侮辱的かどうかを判断するのちゃ、当事者を差し置いて決めつけることは不可能やなかろうか?

第三者側からの人間からしちゃ、「オラは良いとは思わない」というくらいしか発言しようもないことであってよぉ、渡辺直美さんの意見を尊重するのが第一やないかのう。

最近は「政治的な正しさ」として、女性蔑視と見られるものには厳しく見られるようになっていたりするもんやけど、あくまでも「個人間の感じ方次第」やし、こういうのは外野のもんが決めつけるのちゃ、一人一人の個人の意志を尊重していないと言えるんやなかろうか?

ブレーンストーミングの否定=思想統制やちゃ

しっかし、問題視されていることが「渡辺直美さんに豚を演じさせることを提案した」ということやけど、グループLINEでの出来事ながやね。

まあこのLINEの中で却下されたのであるがなら、それはそれで止めたのが良かったに過ぎないと思うがやけど、別にそのプロジェクトをやろうとしとったわけやないがに、提案するだけで辞任にまで追い込まれるとは、さすがに「思想統制」と言ってもいいくらいの危険な状況やないかのう?

Twitterやと「ブレーンストーミングの否定だ」ということで、佐々木宏さんに対する批判はやりすぎという見方があったりするもんやけど、報道ではそういった声を拾うようなところがないのが、オラはかなり危険な空気かと思ったのう。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱんタイムス
-, ,