とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

ユーミンに「早く死んだほうがいい」と投稿した大学教授の過去の発言に触れるちゃ

2020/09/02

ユーミンの安倍首相に対するコメントで、なんかまたちゃべちゃべと騒がしくなっとるちゃね。

ユーミンの発言

一人のアーティストのコメントを見て、あーだこーだ言うのはよくある話ではあるがいど、オラはアーティストの政治に関する発言に関しては自由にやればいいがやし、贔屓のアーティストと考え方が違っていても「そんなもんやね」と思うものながいちゃ。

松任谷由実さんが安倍首相の会見に涙したのは、オラからしたら、彼女の立場から見る安倍首相の姿がどう見えるのかは別物ながで、オラには「彼女はそう思うがやね」で済んでしまう話やちゃ。

「全アルバム捨ててやる」みたいなツイートしとる人はおるがいど、別に松任谷由実さんのファンが、誰から話をしたって同じようなことしか言わないように、まるで金太郎飴みたいなものやと思っとるがでしょうか?

「早く死んだほうがいい」と発言した白井聡氏

このユーミンの発言に対して、どえらいこと言ってしまった人がおるちゃね。

左翼系の記事をよく書いておられる京都精華大学の白井聡教授やけど、まあ大学教授でいながら「ユーミンは早く死んだほうがいい」なんて言ってしまうのは、頭のネジがぶっ飛んでいると感じたじゃ。

別にユーミンを批判しても良いと思うがいど、この白井氏の投稿を見て思ったのは「敵には何を言ってもいい」という感覚になっとるし、しかもフェイスブックやと「身内しか見ていないだろう」という感じになってしまったんやないかと思うちゃ。

ただ普段から過激な反体制的な記事を書いている人間やから、それだけ監視される対象にはなってしまうやろう。そう考えたらよぉ、普段から発言を気をつけているもんかと思うがいど、白井氏にはそういうのがなかったがでしょう。

要は「第三者が見たらどう思うのか?」という意識が白井氏には足りないと感じるがいちゃ。

「政治発言は自由」と言いつつ「早く死ね」と言う

このニュースを見て思ったのはよぉ、やっぱし「アーティストの政治発言」に対して「政治発言してほしくなかった」「風刺はしてはいけない」と言っている人と大して変わらんところやちゃね。

「アベノマスク」の頃の漫画家の浦沢直樹さんやアーティストの方々がよぉ、政治発言したり社会風刺したときに、いろんな反応があったがいど、このときに「アーティストの政治発言を否定するなんて何事よ!」みたいな論争になっとったがやね。

「政治発言するのが当たり前」ながで、いい加減こういう論争からは卒業した方がいいがやけど、反論されたときに論点すり替える手段としては有効ながで、これからも繰り返されるがやろう。

安倍首相を立てる発言をしたもんには「早く死ね」と言う白井聡氏やけど、過去のこういう発言しとんがやね。

数ヶ月前にこういうツイートをしといて、ユーミンの発言には「早く死んだほうがいい」なんて言ってしまうのは、まさにダブルスタンダードやちゃね。

「政治について意見を持ち、それを公にすることは、日本国憲法の定める基本的人権に含まれる」と発言しておきながら、ユーミンの件については「公にするな」どころか「早く死ね」になってしまうがで、大学教授であろうというもんが、こんな人権意識ではなかなか香ばしいものやちゃ。

こういうのを考えたら、結局はよぉ、白井聡氏は「自分の敵を讃える奴は死ね」と言ってるも同然ながやね。

謝罪して投稿は消しとるがいど、白井聡氏は過去の発言を総括せんなんまい。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱんタイムス
-, ,