とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

【プレビュー】第12節 カターレ富山 - ヴァンラーレ八戸 / 苦手八戸をどうやって攻略すら?

第11節の今治戦をアウェーながら3-0で快勝したカターレはよぉ、3試合ぶりにホームに戻って、昨シーズンに2敗したヴァンラーレ八戸との対戦やちゃ。

ティガーマスクさん、元気かのう?

J3は2年目のシーズンやちゃ

試合日を勘違いしていたがで、試合直前やけど簡潔に触れるとするちゃ。

今シーズンの八戸は3勝3分5敗と負け越しとるちゃね。いまいち調子に乗れていない感じはするがいど。直近の試合では熊本にはアウェーで引き分け、鳥取には1-0で勝利と、上位陣を食ってしまっとるちゃね。逆に前節は下位に沈むカマタマーレ讃岐に2-4で負けとるがで、なんかよく分からん感じになっとるのう。

昨シーズンに率いた大石篤人監督は契約満了で退任して、SAGAWA SHIGA FCの監督を務めとった中口雅史監督が就任したがやね。

オフでは守護神の山田賢司が引退、サイドアタッカーのDF小牧成亘は鳥取へ移籍、チーム得点王のMF三田尚希は長野へ移籍して、1年目のチームならよくある引き抜きを食らっとるちゃね。その代わりに獲得したのが、松本山雅からレンタル移籍のGKゴドンミン、ホンダロックから加わったJFL新人王のFW安藤翼、長野からMF國領一平など加わっとるちゃね。

ただカターレにとっては、昨シーズンは2敗しとる相手ながよ。ホームでは割り切って引いて戦ってきた八戸相手に少ないチャンスをカウンターでやられてよぉ、シーズン後半に対戦したときはハイプレスでビルドアップを潰されて、序盤で失点を重ねて負けただけに、戦術的なところで後手を踏んだ2試合やったのう。

去年とは監督は違うがいど、昨シーズンの傾向からしたら、一番鍵を握るのは監督の手腕…というところやなかろうか?

フォーメーション

今日のスタメンはこんな感じながやね。

メンバーはちょっと気になるところはあるがいど、戦い方次第は序盤戦の頃とあんまし変わっていない感じはするのう。良くも悪くも「4-3-3」というシステムに準じたサッカーをしとると言えるやろう。

エースストライカーの位置には上形洋介か谷尾昂也が入って、彼らの個の力がベースとなるか、それともサイドからのクロスで合わせていくというパターンが多いちゃね。昨シーズンとはシステムは違うがいど、サイドで優位性を取ってから、真ん中へ雪崩込んでいく…という攻撃パターンを得意としとるちゃね。

そんで横幅で揺さぶって、真ん中が空いてきたら一気に詰めてくるという感じやけど、このチームはバイタルエリアからでも積極的にシュートを放っていくがで、バイタルエリアのケアもしっかりしていかんなんやろう。

アンカーの横のスペースを突けるか?

あと、八戸の戦いを見て思ったのちゃ、アンカーでプレーする國領一平選手の負担が結構大きいということやね。プレーメーカーの新井山祥智選手、縦への推進力がある前田柊選手が前列にいるがいど、彼らの背後を全面的にカバーしとるのが、國領選手やからのう。カターレでいうと稲葉修土選手に近い役割やけど、アンカーは一人でやっとるだけに負担は結構大きいちゃね。

カバーエリアが広くて、八戸のサッカーの骨格を担っているのは、この國領選手と言えるがいど、彼のところを上手く揺さぶって、バイタルエリアを攻略できるようになるかどうかが鍵を握るかのう。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, , ,