とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

【J3第37節】第37節 テゲバジャーロ宮崎 - カターレ富山[レビュー・前編] / 最終節に望みを繋ぐ大勝やちゃ

2023/11/28

前節は八戸に0-1で破れたカターレはよぉ、再びアウェーで今度はユニリーバスタジアム新富でテゲバジャーロ宮崎と対戦やちゃ。

目次

フォーメーション

カターレのスタメンやけど、前節はベンチ外やったアルトゥール・シルバが戻ってきとるちゃね。そんでベンチメンバーには特別指定選手の髙橋馨希と碓井聖生がベンチ入りしとるちゃ。

テゲバジャーロ宮崎は中盤の一人が下澤悠太に代わった以外は、前節とメンバーは代わってないちゃ。元カターレで宮崎のキャプテンを務める代健司はベンチ外ながいちゃ。

シンプルな攻めを繰り返すカターレ

直近の試合では繋ぐプレーが多かったカターレやったがいど、この試合は前半からかなりシンプルな攻撃を繰り返しとったのう。

この日のカターレに関しては、両翼のドリブラーにマークが集中しやすかったがいちゃ。ドリブラーにマークが集中するがやけど、両サイドバックの2人は割とフリーになりやすくてよぉ、攻撃を仕掛けやすい展開やったがやね。左の安光将作は縦への速いグラウンダーのパスでマテウスや伊藤拓巳の足下を狙っていって、右の大山武蔵はシンプルなクロスでGKとDFの間を執拗に狙っていったがいちゃ。

かなり分厚い攻撃を仕掛けていくカターレやけど、相手のボールになるとカウンターを狙われやすくなってくるちゃね。そこで守備についてやけど、2センターの末木裕也とアルトゥール・シルバがセカンドボールを拾い続けていって、最前線にいる南野遥海に対しては、今瀬が潰していったがいちゃね。

前半終了間際に2得点

ただよぉ、宮崎のルーキーのGK青木心の好セーブに阻まれて、なかなかゴールを奪えない展開やったのう。ここ数試合はマテウスに対するマークが非常に激しいがやけど、宮崎も相当マテウスに対して厳しく来ていたじゃ。なかなかマテウスにいいボールが回ってくる展開でもなかったのう。

ただよぉ、再三狙っていたシーンが39分に決まったがいちゃ。カターレがGKまでボールを戻して攻め直すシーンやけど、相手が4-4-2で構えてよぉ、北村知也と東出壮太の2人が最前線でプレスをかけようとしてくるがやけど、カターレはアルトゥール・シルバが下がって、3バックにシフトしていったがよ。

そこでよぉ、右サイドへ開いた大畑隆也が、田川からのパスを受けると、そのままドリブルで前に運んでいくがよ。そしたら、宮崎の左サイドの永田一真を引っ張り出したがで、そのタイミングで大外の大山武蔵にパスすらーよ。そして、大山武蔵がドリブルで運んでいってクロスを入れたいがいちゃ。中央4人おるところで、バイタルエリアに松岡大智、ニアにマテウス、中央に高橋駿太が走り出してよぉ、相手の守備陣をかきまわしたところで、ファーサイドでフリーになった伊藤拓巳が頭で合わせて、カターレが先制点をあげたがいちゃ。

ここ最近の試合でよくあるがやけど、マテウスも高橋駿太も松岡大智も囮役になっていってよぉ、伊藤拓巳が余る形を作っていこうとする狙いをよぉ、結構作っていっとるがやね。決めきれなかったことも何回かあったがやけど、ようやく理想的な形でゴールを決められたのう。

その2分後には、スローインから高橋駿太の個人技で裏にボールを蹴り込むとよぉ、裏に抜け出したマテウスがスピードで相手のDFを躱すと、GKとの1対1を決めきって、カターレが2点目を挙げたがいちゃ。

前半は2-0でカターレリードやちゃね。

後半に続くちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, , , , , ,