とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

第33節 ギラヴァンツ北九州 - カターレ富山[後編] / 劇的ゴールでカターレ連勝やちゃ

さて続きやちゃ。

ポゼッションを上げてきた北九州

前半の流れのまんま行きたいカターレやったがいど、後半の北九州はだいぶ修正してきとるがやね。

まず、最終ラインの裏に安藤由翔を走らせていたカターレに対してよぉ、北九州は裏のスペースをきっちりケアしてくるようになったのう。脳震盪のアクシデントにより、GK加藤有輝が下がったものの、交代で入った吉丸絢梓がよぉ、広い守備範囲を生かして、どんどん飛び出してくるようになってきたがで、裏抜けが通用しづらくなってきたがやね。

そんで、北九州は前半から上形洋介に縦パスを送ってきたがいど、このやり方も変えてきて、最終ラインからボールをきっちり繋いできて、頻繁なサイドチェンジで揺さぶりをかけていって、両サイドのアタッカー(特に佐藤亮)が切り込んでいくやり方に変えてきたがやね。

これが効果を発揮してきて、55分に北九州が佐藤亮のヒールパスから、前川大河が侵入してきてよぉ、シュート性の横パスを入れると、最後は上形洋介に決められてしまって、同点に追いつかれてしまったじゃ。再三に渡って、右サイドからの突破で存在感を発揮していた佐藤亮からの崩しで、カターレとしては悔しい失点になってしまったのう。

交代後も北九州のペースは変わらず

失点したカターレはよぉ、メンバーを入れ替えてくるちゃね。

カターレの交代の意図としては、疲労が見えてきた選手を下げるのと、高橋駿太を入れることによって、前線で起点を作っていこうという狙いやったかと思えるちゃね。

ただよぉ、この選手交代に関しては、あんまし当たってもなくて、高橋駿太に縦パスを差し込もうとしてもよぉ、北九州の守備陣がきっちり足を入れてきて、簡単にボールを収めさせてくれんかったがいちゃ。裏も狙えなければ、前線で起点を作れないとなると、カターレとしては難しい状況になってしまうもんやちゃね。

そしたら、北九州は佐藤亮や前川大河が裏抜けを狙ったりよぉ、この後に入ってくる藤川虎太朗がミドルを狙ってきたりと、北九州に押し込まれるシーンが目立ってくるちゃ。ほんじゃけど、この日のゴールマウスを守っていた齋藤和希は再三のビッグセーブを見せて、カターレは逆転弾を許さんがいちゃ。

ATで引き離したじゃ

なかなか難しい時間帯が続いたがやけど、試合はアディショナルタイムに入って、ゲームが再び動くがいちゃね。

ゴール前35m付近からのフリーキックをよぉ、椎名伸志が蹴ると、裏に抜け出した林堂眞が頭で合わせて、カターレが勝ち越しゴールを決めたがいちゃ。前節の2得点に引き続いて、林堂が2試合連続のゴールを決めたじゃ。

こういうセットプレーでは、林堂の存在が本当に大きいのが実感するちゃね。自ら蹴っても十分に狙える位置であったがいど、左利きの椎名のほうが良いと判断してよぉ、今度は自らが合わせる方に入ったわけやけど、そこできっちり決められるとはすごいのう。これで大野耀平、川西翔太に並んで、チーム最多得点になったじゃ。いやあ、DFながにこれほどの得点力があるとはすごいちゃ。

試合は2-1でカターレが勝利したじゃ。

J2復帰の道は完全に絶たれたがいど…

カターレは勝利したがいど、2位の藤枝MYFCがよぉ、ホームで福島ユナイテッドFCに勝利したことによって、残り1試合で勝ち点6差になってしまってよぉ、カターレのJ2復帰の道は絶たれてしまったがいちゃ。

ただ、この試合に粘り強く戦ってよぉ、第3節で敗戦したリベンジを達成できたことは大きいちゃね。試合内容としては、北九州のペースになる時間帯も多かったがいど、そんでも粘り強く戦ってよぉ、セットプレーで集中力をきっちり発揮できたのは大きかったのう。逆に北九州としては、2失点ともドフリーで頭で合わせられているだけによぉ、勝負どころで集中力の欠如があったのかもしれんのう。

試合後のインタビューで林堂が、内心悔しいやろうと思いつつも、前向きに「勝利することで成長することがある」と言っていたのは、オラも印象に残るもんやちゃね。去年も昇格争いで難しくなってきた頃に、林堂が試合終了ギリギリのところでゴールを決めているがいど、こういうところで熱いのを見せてくれるがで、本当に感謝やちゃね。静かでインタビューでは淡々と話すがいど、結構熱いもの持ってるからのう。

復帰できなかったのはオラも悔しいところやけど、とにかくチームがかったことで清々しい気持ちになったもんやちゃ。この調子でラストの鹿児島戦も勝利を飾って、シーズンを終わらせたいところやちゃね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山