とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

第32節 カターレ富山 - 松本山雅FC[前編] / 敵陣で走りきってゲームを支配したじゃ

3連敗中で、J2復帰の可能性がギリギリになってしまったカターレはよぉ、3位の松本山雅FCとの対戦やったがいちゃ。

フォーメーション

スタメンやけどよぉ、カターレは守備陣と両サイドは変わりないがよ。ただよぉ、2トップは安藤由翔とアルトゥール・シルバという「0トップ」体制になっとってよぉ、中盤には佐々木陽次とのコンビで出場になるのは、小田切監督の下では初出場となる姫野宥弥が抜擢されとるちゃね。

松本山雅は、前節の信州ダービーでカードをもらった菊井悠介と佐藤和弘が出場停止ながやね。スタメンはほぼ固定の山雅やけど、菊井と佐藤和弘の代わりに起用されとるのが、安東輝と住田将ながやね。

個の強い山雅にどう戦っていくがか?

山雅に関しては、戦い方はプレビューで書いたのと同じような戦い方と言えるところやのう。

根本的な戦い方としては、リーグでも最も低いボールポゼッションというデータの通りで、基本的に「ボールを持たない」チームであってよぉ、奪ったら2トップを経由してロングカウンターでゴールを狙っていくチームながやね。根本的には、あんまし複雑なサッカーをしていかないで、J3屈指の資金力を生かした「個」の強さを全面に出してきたチームながやね。

前回の対戦で明らかやったがいど、その山雅の個の強さに敵わず、結果は0-1やったがいど、これといってチャンスを作ることも出来ずに、カターレは完敗してしまったがやね。

そう考えると、この試合のテーマに関しては「個の強い相手にどのように上回っていくのか」というところが重要になってくるわけやちゃ。

敵陣でプレーし続けるカターレ

3連敗中のカターレやったがいど、この試合ではそれまでの展開を引きずること無く、上々の立ち上がりを見せたがやね。両チームのシステムと噛み合わせてみてみることにするちゃ。

こういうかみ合わせになっていくがでよぉ、カターレとしてはサイドの数的優位を生かしてゲームを進めていくのかと考えられるところながやね。それが試合中やと主にこういう形になることが多かったがいちゃ。

大胆にも両サイドを一気に上げる形を取っていって、山雅の3バックに対して、4人がつくぐらいの圧力をかけていったがやね。ただよぉ、これやとあまりにも前のめりになりすぎるがやから、2トップの安藤由翔とアルトゥール・シルバは、お互いが交互に最前線と中盤を顔を出しながらよぉ、山雅のキーマンであるパウリーニョを潰していく形を取っていったがやね。

快速FWの横山歩夢と、ポストプレーヤーの小松蓮を経由するカウンターは怖いところやけど、カターレの狙いとしては、2トップに複数の選手がついていく方法やなくて、重心を前に上げていってよぉ、後方の出どころを潰していこうとしていったわけやちゃ。

分断に成功やちゃ

カターレの選んだ戦い方によって、こういう展開でゲームを進んでいくことになるがやね。

中盤と2トップを上手く分断させることに成功したがやね。山雅としては、小松蓮が粘って、横山歩夢がスピードで一気に前線へ進んでいく展開に持って行きたかったところやけど、ことごとくカターレが出どころを潰していってよぉ、この2トップにはいいボールがわたらない状況を作っていたわけやちゃ。

このカターレの戦い方、正直言ってしまったらよぉ、かなりの運動量が必要になってくるがやし、特に2トップとセントラルハーフの負担が重いがやね。出どころを潰していかんならんがで、安藤由翔と姫野宥弥が、執拗にボールに詰めていってよぉ、山雅の陣地からボールが出ない状況を作っていったがいちゃ。非常にタフな戦い方であるし、このメンバーではゴール前で構えて戦っていく選手がいないことから、かなり辛抱強く戦っていかんなんと感じさせられたじゃ。

ただ、カターレは残り3試合を全勝かつ、より多くのゴールを奪っていかんと、J2復帰は不可能になってしまう状況だけに「常に敵陣地で戦う」というのは、本当に腹をくくった戦い方やったなーと感じさせられたじゃ。

セットプレーから2得点やちゃね

カターレの得点源である大野耀平は怪我のため今期絶望で、川西翔太はベンチ外、そんで1トップで奮闘していた高橋駿太もスタメンにいないことから、このメンバーでは流れからのゴールを奪っていくのは容易ではなかったと考えられるちゃ。

そう考えると、やはり鍵を握るのは「セットプレー」やったがやね。

30分にはゴール右側からのフリーキックを得たらよぉ、林堂眞がストンと落とすフリーキックを決めて、カターレが先制点を決めたがいちゃ。いい位置でFKを獲得した松岡大智も見事やったし、FKを決めた林堂眞も見事やったじゃ。

1点やと安心できないということもあって、カターレは勢いに乗って2点目を奪いに行ったらよぉ、40分にはフリーキックから、林堂眞が今度は頭で押し込んで2点目を奪ったがやね。

守カターレは松本山雅に全くサッカーをさせずに、しかもセットプレーでしっかり2得点を奪って、完璧に近い前半を送ったがいちゃ。守備では小松蓮にはボールを収めさせず、横山歩夢はほとんどボールを触らせずに、パーフェクトな守備やったじゃ。

ということで、次回は後編やちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, ,