とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

KNB不適切ツイート事件についてやちゃ

2021/07/19

KNB(北日本放送)がおっかしなツイートしとったがいちゃ。

オラが昼に気づいた頃にはすでに消していたがで、Twitterで「スクショ持ってないけ?」と言ったら、DMで送ってくださる方がおったがで、つい公開してしまったがやけど、カターレのサポーターだけやなくて、他のサポーターも含めて、200件以上のリツイートされたがで、結構騒ぎになったもんやちゃね。

そんで、その後に騒ぎになっとるのを気づいたがか、KNBは謝罪ツイートしとるちゃね。

こちらもスクショ頂いたがで、このまま使わせていただくちゃ。

KNBはプロスポーツへの理解が足りんちゃねえ

まあ、しっかしKNBもダラみたいなツイートしたもんやちゃ。

まず、プロスポーツとしちゃ、そもそも銭を集めておかんと、優秀な選手を集めることができなけりゃ、練習環境やフロントの人件費をかけることもできなけりゃ、スタジアムのイベントも開催することもできんちゃね。それに子どもたちにサッカーやってもらうための普及活動にしたって、やっぱし銭は必要になってくるもんやちゃ。ほんじゃから、たくさんの企業さんに協力してもらう必要があるというわけやちゃね。

これについて、一部の人が「カネ集めるアピール」に違和感やら嫌悪感やらを抱いているのか、オラに絡んできた人がおるがやけど、正直「大営業部」を名乗っているアカウントがよぉ、カネの話をせんかったら、まず存在する意味すらも無くなってしまうのは容易に想像ができるやろう。それ以外のツイートをするようになるがなら、それこそカターレ公式一本でやればいい…という話になるわけやちゃ。

「カネ集めるアピール」なんてKNBの中の人が言ってしまっとるがいど、こういうのちゃ、サポーターやスポンサーにとっては「クラブの透明性」を感じられるもんやし、明確な数字を出すことによって、クラブの成長度合いも可視化されていくもんながやね。

プロクラブで言う「カネ」というのちゃ、ある意味「応援する仲間の多い少ないのバロメーター」とも言えるし、クラブの成長具合にも比例するというわけやからのう。そりゃ多ければ多いほど、雰囲気も良くなるもんやし、チームも強くなるもんながやね。

カネ出さないで「応援してます」というのは、プロスポーツではおかしな話ながいちゃ。そんな清貧さなんてアマチュアスポーツだけで十分ながいちゃ。

要は「カネ集めるアピール」と思う側が、物事の考え方自体が浅薄いがいちゃ。ペラッペラやにか。KNBニュースの中の人は、見事に醜態を晒してしまったわけやちゃ。

それに20年来のプロスポーツの経営者である、左伴繁雄さんくらいになってくると、やっぱしそんじゃそこらのサポーターの想像を超えるようなことはやって当たり前ながで、オラなんかは「自分の考えとは別に勉強させてもらっている」と思うくらいのスタンスでいたりしとんがやね。

KNBニュースの中の人もよぉ、テレビ局の中の人としては立派かもしれんがやけど、プロスポーツ関係に関しちゃ、結局「何者でもない人」ながやから、そこは謙虚でいるべきかと思うちゃ。

現在地がどう?

そもそも目標を掲げているツイートに対してよぉ、「現在地がどう?」とか呟いとる事自体が、ズレている人やと感じるのう。「カネを集めること」と「現在地がどこ」なんて、大して関係のある話やないからのう。反応として非論理的ながいちゃね。

アカウント間違いにしても呟こうと思うがけ?

あのツイート見て、正直なところ「ダラやないけ?」としか思えんかったのが正直なとこやけど、それ以上に思ったのは「なんでツイートしようと思ったがか?」というところやのう。

これについては「アカウント間違い」と言う見方が多いがやけど、オラとしてはアカウントを間違えていなかったとしても、呟こうとまでならんかと思ったがやね。

カターレにだけ限った話でもなくて、他のことにも共通して言えることやけど、人が何をどう思っていようが「内心の自由」は保証されるもんながやね。

ただよぉ、これを口に出したり、ツイートで書いたりするようなことがあったら、その時点で責任が発生するのは間違いないことやちゃ。そういうのを考えたら、安易に何でも言っても良いわけではない…というのは容易に考えられるやろう。

そもそも呟こうとさえ思ってもなけりゃ、アカウントの間違いすらも発生はせんがで、オラはそこだけを考えたいと思うちゃね。

KNBの中の人がどうしても誰かに伝えたかったことながけ?それとも営業部のツイートに対して、頭に血が上って脊髄反射でツイートしてしまったもんやろうか?後者やったら、冷静さのない人間がやってしまうことながやろうと思うし、それはそれで問題ではあるちゃね…。

そんで仮にアカウント間違いしとろうが、ツイートする以上は、もちろんKNBニュースのアカウントで発言する以上は、KNBニュースの発言として責任が発生する…というのは当然のことながいちゃ。

さて、これは本当に謝罪文が妥当ながやろうか?

復帰だけやなくて戦えるクラブにせんなんちゃ

KNBニュースのアカウントがやらかした後に、この記事が公開されとったがやね。

「辞表と刺し違えでお金を出してください」。J3富山・左伴社長、“力業”も辞さないプロ経営者の覚悟と矜持
https://real-sports.jp/page/articles/546124915674186689

カターレ富山が設立されたときからよぉ、大企業が株主に名を連ねとってよぉ、スポンサーも大企業がおるだけあって、設立した当時からポテンシャルの高さを言われ続けてきとったがいど、実はそうやなかった…みたいな話が入っとるちゃね。

カターレの株主ちゃ、北陸電力、インテック、YKKの他、北陸銀行、北日本新聞に、今回の渦中の中にある北日本放送とあるがいど、まあ錚々たる名前が連ね取る割には、年商が5億くらいしか行かないような感じやったがやね。

実際のところ、これぐらいの企業が名を連ねとったら、そりゃ「J1行けるやろげ?」なんて、他のクラブのサポーターとかによぉ言われたもんやし、実際オラもそう思うところはあったがいど、実際は全然やったわけやちゃ。

そう考えたら、カターレの株主におられる企業なんて、結局は「名ばかりでカネを出さないケチ臭い人たち」やった…というのが明確になってくるんやないかのう?

そう考えたらよぉ、株主の1つであるKNBがよぉ、「カネ集めるアピールされてもな」みたいな事を言うのちゃ、なかなか香ばしいツイートやと感じさせられるわけやちゃ。

左伴繁雄さんが社長就任の際に、クラブの現状を厳しく指摘して、フロントの抜本的な改革に踏み出したのは、過去のカターレのYoutubeチャンネルでも明らかながいど、そういう状況を作ってきたのちゃ、まさに「株主のクセに他人事」でかつ「プロスポーツに関してはド素人のクセに偉そう」な、カターレの人事を決定する権利を持っている人たちにもあるんやないかと感じさせられたのう。

カターレが積極的に行っている情報発信にしても、別にカターレがそこまでやる以前に、富山の各メディアがやっていても良かったわけやしのう。つまるところ、KNBが大して協力もせず、文句だけは言う無能やから、カターレが自ら動かざるを得ない…というところに繋がってくるわけやちゃ。

左伴繁雄さんが社長に就任してからのカターレちゃ、本当に楽しく感じられるしよぉ、オラも勉強させてもらっている感じながいど、同時に「カターレはこんなにできてないクラブやったがやね…」と思わざるを得ない部分もたくさんあるがやね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, ,