とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

Twitterは回転寿司やちゃ。

2017/01/15

特にどういう感じのことを書こうか決めとらんだがやけど、思ったこと書くちゃ。

HTTPでホームページを作っていた頃の話やちゃ

オラの過去の話やけど、今から15年以上も前に、ネットはじめて「とれぱん・うぇぶ」というHPを作ったがいちゃ。キラーイさんがまだヘルタ・ベルリンにおられる頃で、オラが作ったのも、キラーイさんがチャンピオンズリーグに出場しとった頃やちゃね。その特徴的な姿を見てよぉ、気づいたらサイトを作っていた…というのが始まりかのう。内容はキラーイさんが中心で、あとはJリーグ観たり、他のスポーツ観たり、はたまた入善の情報書いたりして、ごった煮な感じでやっとったのう。

始めたばっかしやから、他のサイトへ行って、交流しながら、オラのとこに来てもらったりしとったわけやけど、HTTPを駆使して作るとか、更新したことを他所の掲示板で書いたりよぉ、色んなサイトで相互リンク張ってもらったりと、今思えばかなり手が掛かる方法で、サイトを運営しとったじゃ。

アクセス数はあんまし伸びなかったサイトやったけど、そんでも、その頃から親交がある方々と、今もツイッターでつながっていたりして、いろいろいい思い出があるちゃね。

今年のはじめ頃とか、古くからの友人とウクライナのディナモ・キエフ、ロバノフスキー、シェフチェンコ、ロシアサッカーなどで、ちょこちょこ盛り上がったりしとったがやけど、あの頃ちゃ、今以上にいろんなとこをチェックしていたし、いろんなサッカー系の書物を観たり、何か書いたりして、楽しんどったのう。

その後、ブログ、ツイッターへ

そんでよぉ、いろいろあって、サッカーから離れた時期があったがやけど、その後にブログが出てきたもんやから、FC2のレンタルブログで「とれぱん・ふっとろぐ」を作ったがやね。あんまし更新しとるわけやなかったけど、実家に戻ってきとったこともあって、当時JFLで戦っとったYKK AP FCの試合を観に行ったこととか書いたりして、これが今、カターレについて、いろいろ書いているのに繋がっていくがいちゃ。

その後に、ツイッターが登場したがで、2010年ころに始めたがやけど、始めた当初は、かつて仲良くしてくださった方々と久々に絡んだりして、すぐに慣れていったじゃ。そんでオラが自由にいろいろやっていったらよぉ、気づいたら2000人以上もフォロワーおるがやね。あの頃を思うと、なんか信じられんちゃ。

多くの人間に見られるようになったがやけど、だがしかし…


零細ホームページ管理者のオラにとっちゃ、2000人以上もフォロワーおるとか、ちょっと信じられん話ながやけど、同時にこれまで無かった反応も見られるようになってきたがやね。「方言でサッカー語って~」とか言われるようになってきとんがやけど、半ば親しい人だけでやってきとったような、かつてのHTTPのホームページやBBS掲示板と違ってよぉ、明らかに見られる人数が桁違いに多くなったと感じられたのう。

お手軽で、瞬時で、より多くに拡散できる…

これちゃ、確かに素晴らしいことやけど、あらゆることに手間かけて、やっとかっと見てくれる人が出てきとった、15年以上も前と比べたら、ツイッターの出現ちゃ、本当に凄まじいことながやと感じられるちゃね。ほんじゃけど、同時に以前と違って、どんだけの人が見ているのか、よく分からんがになったかと感じられるちゃね。

元々、オラが「読みにくいやろうなあ…」と自覚しながらもよぉ、そこそこの人に見てもらえたらいいにか…というくらいやったがやけど、この程々がコントロールしづらくなったと感じられたじゃ。

ツイッターはSNSやないちゃ。ミニブログやちゃ


前もちょっこし書いたがやけど、ツイッターちゃ、SNSやないと。ツイッター社が見解を示しとられるちゃね。SNSちゃ、人と人が繋がるのが前提としたものやけど、ツイッターちゃ、フォロー&フォロワーがおらんでも、普通に使っていけるツールではあるちゃね。

単純に140字以内に情報を発信するだけのツールやちゃ。

そんなこともあって、基本的には、オラはホームページやら、ブログやらと同様に、ツイッターも「情報発信ツール」として考えとるがいちゃ。昔風に言えば、掲示板(BBS)と融合したものに近いかのう?結局は、ホームページやろうが、ツイッターやろうが、オラはやっとることが変わらんがいちゃね。変わっているのちゃ、どこから拡散されてきとらーか分からん情報を受け取る、情報の受け手…ということになるちゃね。

140字以内のミニブログ…ということになるちゃね。

ツイッターは回転寿司やちゃ


一番最初に「とれぱん・うぇぶ」を作った頃からよぉ、オラはそんなにやっとることは変えとらんつもりやちゃね。ほんじゃけど、ツイッターを駆使するようになったらよぉ、一気に多くの人に見られるようになってきとるちゃ。

ただ、オラが手動で他のサイトへ相互リンクさせてもらっていた頃と違ってよぉ、ツイッターちゃ、オラの意志が関係なく、拡散されていくツールながで、どこからどこまで見られているのか、正直分からんもんやね。ホームページやっとる時やと、サイトを見るときは、相互リンク先やHPのトップページでよぉ、あらかじめ「入善弁で書いとるちゃ」と表記しとるがで、その時点で訪問者を限定化しとるがいど、ツイッターやとそういうわけにはいかんちゃね。ブロックやミュートとしとらん限りちゃ、どこかでオラのツイートが目に入ることがありうるわけやちゃ。


ほんじゃけど、実際のところ、140字のミニブログがよぉ、雪崩れ込むように入ってくるもんながやね。まさに回転寿司でよぉ、好きなネタを拾えばいいし、興味ないもんはスルーしていけばいいがいちゃね。

時々、目立つようなもんを罵ったり、卑下にするようなことを書くもんちゃおるけど、たぶんそういうのに目くじらを立てるよりは、もっと自分の好きなものを追求してよぉ、自由に楽しまれた方が、大らかで楽しい日常を過ごせるんやないかと思うがいちゃね。回転寿司のネタに、おっかしなものが乗っとっても、一皿ずつ、剣幕立てて怒ったり、指差してゲラゲラ馬鹿にするように笑うもんちゃ、普通はおらんし、それよりも好きなネタを選んで、食事を楽しむものやしのう。

そうはゆっても、自分の好きなものだけでTwitterを利用することができんと、普通に生活してりゃ、一生縁がないような他人に対してよぉ、人のことを言わないと気がすまんような、オラには到底理解ができんような人間ちゃ、やっぱしおるもんやちゃね。そういうエネルギーちゃ、どこから湧いてくるがやろうか?

最低限の線引は必要やちゃ


そして、最後に絶対に触れておかないといけないことについてやちゃ。柏レイソルサポーターのkanbaさんが誹謗中傷受けとられる件についてやちゃ。彼とはツイッターで絡みはあって、お会いもしたことあるがやけど、「本名」「職場」を晒されるという災難に遭われとるがいちゃ。

そこまで至る経緯ちゃ、実際問題、オラは詳しいとこまでよぉ分からんがやけど、オラが思うには、単純に個人情報を晒す時点で、いかなる理由でもアウトやちゃね。そこにいろんな事情があったとか、そんなんともかくとして、個人情報を晒すことに正当な理由とか無いちゃ。回転寿司で嫌なネタがあるからといって、そこにおる店員の個人情報を晒していいもんかとゆったら、そういうのちゃ通用せんのと一緒やちゃ。多少の発言は自由であっても、触れていけん部分の線引はしていかんなんやろう。

これに対するいろんな反応出てたがやけど、そんでも何か理由をつけて、この訴訟を不当と見るもんちゃ…オラが思うに「自分が誹謗中傷できんがになるのが嫌やから」という本心があるとしか思えんちゃね。たまーに誹謗中傷に対して「気にするなよ」というもんはおるけど、これちゃ「オラが個人情報晒すから、お前は気にするな」という、ある意味、最低な捉え方もできるんやないかと思うちゃ。

しっかし、こういう個人情報まで晒すまでの、誹謗中傷を行うエネルギーちゃ、どこから沸いていくのか、オラは全く理解はできんがいちゃね。参考になるブログを見つけたがで、これを参考にするといいかのう。

【誹謗中傷の心理】どうしてバカにするのか? | 心理学×脳科学
http://sour-psy.com/baka-540

誹謗中傷をする人の心理状態|「まるっとゆるす」 わたなべこうの自遊人ブログ
http://ameblo.jp/synchronicity-kou/entry-12007394155.html

なぜ人は他人をかくも激しく批判するのか?
http://www.d-fantasista.net/column1/post_23.html

-とれぱん・とーきんぐ