とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

J3第9節 カターレ富山 - YSCC横浜 / 悪い流れを断ち切らんなんちゃ

GWは鹿児島相手に1-4で大敗した後によぉ、天皇杯富山県大会決勝では富山新庄クラブに1-0で辛くも勝利したカターレはよぉ、ホームでYSCC横浜と対戦やちゃね。

仲田建二監督体制初年度やちゃね

昨シーズンのYSCCはよぉ、クラブ最高の8位になったがいちゃね。

ほんじゃけどよぉ、3年間チームを指揮しとったシュタルフ悠紀リヒャルト監督が退任して、AC長野パルセイロの監督に就任したがいちゃ。そのシュタルフさんについていくようによぉ、守備の要のDF池ヶ谷颯人、中盤の軸のMF佐藤祐太に、そしてJ3屈指のサイドバックのDF船橋勇真の3人が揃って、長野へ移籍してしまったがいちゃね。そんで、FWンドカ・チャールスは岐阜、MF大城蛍は期限付き移籍終了と、主力選手がガラリと変わっとるちゃね。

加入した選手に関しちゃ、大卒が3人入って、鳥取を退団しとったDF藤原拓也、4年ぶりに復帰になるDF西山雄介、そんでYSCCフットサルと兼任所属になる元日本代表MF松井大輔が入ったがいちゃね。

フォーメーション

そんではフォーメーションやちゃね。

今シーズンのシステムはよぉ、[3-4-2-1]やちゃね。

昨シーズンからの主力選手といっちゃ、キャプテンの土館賢人を始めによぉ、守備の要のDF宗近慧、攻撃陣のMF柳雄太郎、FW林友哉といったところやけど、新体制になったということで、結構メンバーの入れ替わりも多い感じやちゃね。

開幕のFC岐阜戦に引き分けただけで、あとは全敗が続いている状況で、なかなか結果を出せていないところながいど、システムについては変えてないがいちゃね。そんで前節の宮崎戦をチェックしたがいど、守備陣の立て直しを図るためによぉ、キャプテンの土館賢人を最終ラインに入れとるがいちゃね。そんでも失点を減らすことができんかったがで、結局は0-4で破れたがいちゃ。

勝利は絶対命題やけど…

今シーズンのカターレちゃ、本当に流れが良くないもんやし、今月に入ってからは90分間では勝利していないという状況ながで、本当に良くないちゃね。そんでもって、今シーズンのカターレちゃ、本当に失点が多いということもあって、この試合に関しても、相手が最下位であっても楽な試合にならないのは当然やと考えられるちゃ。

そういう意味やと「ザル守備対決」というようになりかねんのう…。

YSCCはともかくとして、やっぱし気になるのちゃ、カターレのメンバーがどうなっていくか…というところやちゃね。あいにくオラは天皇杯を見られとらんがで、あーだこーだ言えるほどやないがやけど、気になってくるところといっちゃ、怪我から戻ってきたDF神山京介によぉ、なかなか評判がいいMF安光将作によぉ、あとは決勝点を決めたFWルイス・エンリケやちゃね。

鹿児島戦があんましやったことを考慮に入れたら、起用する選手もだいぶ入れ替えるのも予想はできるところやちゃ。もちろんYSCC戦は勝利が必須には違いないがやけど、これまでとは内容も厳しい目で見られることには変わりないだけによぉ、県総で説得力のある試合をきっちり決めていかんならんちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山