とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

「高原鉱泉」でサ活してきたじゃ

2022/05/11

29日の「カターレ富山-ガイナーレ鳥取」戦の帰りによぉ、ビチャビチャになった体を温めたいがでよぉ、富山市内のサウナへ行きたいと思ったがで、いろいろ検索してみたがよ。今回はこちらへ行ってみることにしたじゃ。

富山市高原にある銭湯やちゃね。

昭和32年(1957年)創業でよぉ、60年以上の歴史がある銭湯やちゃね。地下80mから組み上げた水をよぉ、薪窯であっつくしとるがいちゃ。富山の銭湯文化そのものを体現しとるような銭湯やちゃね。一度行ってみたかったがで、鳥取戦の後に寄ってみたがいちゃ。

純和風でよぉ、すごく雰囲気のいいところながで、店に入る前からテンションが上がるちゃね。歴史のあるところやけど、しっかり改装されとって、きれいな印象を感じさせられるちゃ。

お風呂に関してはよぉ、銭湯ならではの泡風呂、電気風呂は用意してあるがいど、ここは企画風呂があってよぉ、「コーヒーの湯」「ワインの湯」「よもぎの湯」「緑茶の湯」など、週替りに変わるがいちゃね。オラが行ったときは、ちょうど「緑茶の湯」で全体が緑に染まったお風呂に入ったじゃ。香りも緑茶そのものでいい雰囲気やったじゃ。

あとはよぉ、露天風呂のところには全国各地から取り寄せた湯の花を入れた企画風呂を用意しとるがで、これまたおもしろいもんやちゃ。いろいろ凝っているがで、いろんなお風呂に入るのが楽しかったじゃ。

サウナはよぉ、フィンランド式の遠赤外線サウナやったじゃ。ここのサウナもきっちり手入れされとってよぉ、温度計を見とったら、ちゃっかり100℃を超えてたがで、アッツアツのサウナを楽しめるがいちゃね。8人くらいが限度の面積ながいど、サウナ室が木でできているもんやから、木の香りがして心地いいがいちゃ。

水風呂はよぉ、やはり立山の伏流水を使っているだけに、キンキンとして気持ちいい水を楽しめるちゃね。ここの水風呂も人1人が入れるくらいの大きさながいど、これはこれでまたきっちり手入れされとるのがいいちゃ。

高原鉱泉
http://takaharakousen.com/shisetsu.html

全体的な感想としちゃ、伝統的な銭湯やし、浴場自体も本当に小さなところながいど、お風呂場からサウナまできっちり手入れされとってよぉ、お風呂もいろいろ楽しめるようになっとるだけに、居心地の良さと飽きさせない試みがしっかりされとると感じたじゃ。純和風の店構えもまたテンションが上がる要素やちゃね。何度も通ってみたいじゃ。

高原鉱泉 
平日・土曜日 14時〜24時
日曜日 8時〜24時
定休日 月曜(祝日も休み)
入浴料 大人440円 中人(6歳から12歳)140円 小人(6歳未満)60円

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱん湯めぐり&サウナ
-