とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

アイルランド料理の「ムール貝のクリーム煮」作ったじゃ

図書館行ってよぉ、いろんな料理本を借りてみて、いろいろ作ってみるのが最近のルーティーンになっとるがいど、今回はアイルランド料理を作ってみることにしたじゃ。

島国のアイルランドちゃ、穀物が豊富でよぉ、肉は牛肉、豚肉、ラム肉と揃ってて、魚介類も豊富ながいちゃね。借りてきた本には「北海道と似ている」とか書かれていたがいど、そういうところはあるかもしれんちゃね。どっちもジャガイモの産地やしのう。

ということでよぉ、レシピを見ていたら、ちょうど使いたい食材があったがいちゃ。それがこれやちゃね。

ムール貝やちゃね。

随分前によぉ、ベルギー料理の「ムール貝のワイン蒸し」を作ってから、だいぶ長いこと冷凍にしたままで使ってなかったがやね。食材の処分も含めて、今回はアイルランド料理のレシピから作ってみることにしたがいちゃ。

材料(4人分)

ムール貝 500g
玉ねぎ 1/2個
バター 10g
小麦粉 大さじ1
塩 少々
胡椒 少々
牛乳(または生クリーム) 1カップ

作り方

ムール貝を洗って、殻についたヒゲを取るちゃ。

玉ねぎはみじん切りやちゃ。

フライパンの中によぉ、バターを熱したら、玉ねぎを炒めるちゃ。そんで玉ねぎが透き通ってきたらよぉ、小麦粉、牛乳を入れてよぉ、ダマにならないようにしていくがいちゃ。

ムール貝を入れてよぉ、蓋を閉めて蒸していくがよ。ムール貝が開いてきたら蓋を開けるちゃ。最後は塩コショウで味付けしたら完成やちゃね。

雑感

料理自体はシンプルそのものやけど、ミルクのまろやかさとムール貝の相性が良くて、これはパクパク食べられるものやちゃね。ムール貝のエキスが染み渡ったクリームがよぉ、また美味いがでよぉ、パンとかポテトとか付けて食べるとまたいい感じながいちゃ。

ムール貝に関しては、ワイン蒸しして食べるのもまたいいがやね。和食やとあまり使われない食べ物やけど、もっと可能性のある食材やないかと感じるちゃー

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-アイルランド料理
-,