とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

オフシーズンのカターレについて考察するちゃ FW編

2018/01/04

MF編が長くなったがで、FW編は単独記事にしたじゃ。

FW

IN
瀧谷亮(岐阜)
遠藤敬佑(藤枝)
才藤龍治(琉球)

OUT
萱沼優生
中西倫也

契約更新 苔口卓也、佐々木一輝、西晃佑

契約未更改 ハン・スンヒョン、カベッサ、パブロ(※レンタル)、平繁龍一(※レンタル)

FWも大きく変わっとるちゃね。チーム得点王の苔口、今季5得点の佐々木一輝、ルーキーの西晃佑が契約更新やちゃ。ほんじゃけど、レンタル先のヴェルスパ大分で結果を残せんかった中西倫也に、ノーゴールで終わった萱沼優生は契約満了やちゃね。ルーキーシーズンに結果を残した中西と萱沼やけど、残念ながら退団ながいちゃ。

「T'Scene」での黒部強化部長のインタビューで「パブロ、柳下らのCFがフィットせず、本来の使い方やない苔口をCFで使わせて、向いていないことをやらせた」というようなことが書かれとったがよ。開幕3試合くらいやと、最前線のCFにボールを当てて、そのリターンを貰った2列目が一気にゴール前まで雪崩込んでいくような攻撃を想定しとったがいど、パブロ、柳下、萱沼らはそれに応えられんかったがやね。守備面での貢献が薄いパブロに、そもそも自由にポジションを取りたがるカベッサに、ほとんどディフェンスで起用されてたスンヒョンやと、確かに使いづらさはあるからのう。

現有戦力に関しても、センターフォワードに向いた人材ちゃ、あんまし恵まれんもんで、苔口はスプリントを活かした裏抜けであって、佐々木一輝は2列目からの飛び出しで勝負する感じながいちゃね。そんで中西についてやけど、身長がある割にはポストプレーは苦手で、裏にボールを要求することが多いことから、彼も実質セカンドストライカータイプやちゃね。萱沼も一番良かったのは、三浦泰年監督がやってた4-3-1-2のトップ下であって、相手を背負ったり、サイドに張らせるプレーに関しちゃ、存在感を発揮できんかったがやね。こう見ると、センターフォワードやる人材がほとんどおらんし、これやとJ3優勝を目指すには、ちょっこし厳しい感じにはなるちゃね。

そんで獲得したのちゃ、前所属でセンターフォワードでプレーしていた3人、岐阜から187cmの瀧谷亮、藤枝で12得点を挙げた遠藤敬佑、琉球が誇るユーティリティープレーヤーの才藤龍治を獲得しとるちゃね。

FW 瀧谷亮

 

昨シーズン終了前に発表した、カターレの今冬の獲得第一号の瀧谷亮。2016年に岐阜に大阪学院大学からFC岐阜に入団して、ルーキーシーズンには4得点決めたがいちゃ。岐阜では「タッキー」と呼ばれていたみたいやちゃ。ラモス瑠偉監督には結構チャンスはもらえた感じであったがいど、昨シーズンに就任した大木武監督の元やと、たったの4試合しか出場できんだがやね。ポゼッションサッカーを志向して、過去には中盤の横谷(現大宮)を1トップで起用することも多かった大木監督の元やと、大型ストライカーちゃ、あまり相性が良いとは言えんかったかもしれんのう。どういう選手ながか、まだまだ見てみないと判断つかないところはあれど、センターフォワードに長いボールを当てていくやり方をカターレが継続するなら、彼の長身は活きるかもしれんちゃね。

FW 遠藤敬佑

 

水戸、町田、藤枝とプロ10年のキャリアがあって、昨シーズンで初めて二桁得点を記録した遠藤敬佑。J3でも指折りの得点力を誇った藤枝の3トップの一角で、ポストプレーとボックス内でのゴールで勝負するアタッカーやちゃね。今季の補強の中で、新井瑞希と並ぶ目玉やないかとオラは思うちゃね。藤枝ちゃ、両サイドを幅広く使ったポゼッションサッカーが特徴で、両翼の平石(現秋田)、久富(現栃木)で頻繁にサイドチェンジを繰り返しながら、中央を狙っていくがいど、その中央で主に身体を張ってポストプレーをこなすのちゃ、まさに遠藤ながいちゃ。彼は得点意欲も良くて、ボールを受けて前を向ける状態なら積極的にゴールを狙っていったりもするちゃね。ハイプレスの基準点にもなるだけに、守備での貢献も期待やちゃね。

FW 才藤龍治

 

琉球から獲得したセンターフォワードの才藤龍治。昨シーズンは1得点のみやけど、出場せんかった32節以外は、全試合フル出場果たしとるちゃね。琉球ちゃ、2列目の富所や田中恵太がゴールを奪っていくパターンが多く、1トップの選手ちゃ、主にポストプレーとファーストディフェンスを重視しとるところがあるがで、数字にでないところの貢献度が非常に高い選手やちゃね。また、去年の第5節で対戦した時ちゃ、才藤はセンターバックでフル出場しとるだけに、様々なポジションで使っていけるのが強みながよ。ほんじゃけど、しなやかな身のこなしを見とると、一番良いのはやっぱしセンターフォワードでの起用ながやろう。自らがゴールを奪うよりちゃ、現有戦力の苔口や佐々木陽次のゴール数を増やせる、味方をより活性化させられるアタッカーと考えられるちゃね。琉球さんとしちゃ、引き抜かれるのは結構痛いかもしれんちゃね。

-カターレ富山