とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

オフシーズンのカターレについて考察するちゃ MF編

2018/01/04

続きやちゃ。

 

MF

IN
ルーカス・ダウベルマン(マドゥレイラFC)
新井瑞希(相模原)
稲葉修土(アルビレックス新潟シンガポール)
差波優人(仙台)※レンタル
川上エドオジョン智慧(徳島)※レンタル

レンタル→完全移籍
MF 佐々木陽次(徳島)

OUT
衛藤裕(引退)
木本敬介(引退)
窪田良(甲府)
梅村春貴(マルヤス岡崎)
國吉貴博
北井佑季
西室隆規

レンタル期間延長
馬渡隼暉(アミティエ京都)

契約更新 椎名伸志

最も動きが激しいのは中盤やちゃね。まずはキャプテンの窪田良が甲府へ移籍やちゃね。元甲府の選手ならよくカターレに来たがいど、逆にカターレでプレーした選手が甲府へ移籍するのちゃ、窪田が初めてやないかのう?攻守の軸を担う選手だけに、影響は小さくはないがいど、ステップアップするチャンスは限られとるだけに、甲府でも頑張ってほしいと思うちゃね。

ということでボランチに関してやけど、ボランチでもプレーした衛藤が引退、西室、梅村が契約満了で、昨シーズンはトップ下での起用が多かった椎名を数に入れないと考えると、実質的に脇本以外は全部入れ替えに近い形になっとるちゃね。そんで獲得したのが、後半戦からグルージャ盛岡でプレーしとったMF差波優人、アルビレックス新潟シンガポールのキャプテンのMF稲葉修土、新外国人のルーカス・ダウベルマンを獲得しとるちゃ。窪田と衛藤の穴は大きいことには違いないがいど、3人共、個性的な選手だけに興味深い選手やちゃね。

そんで攻撃的なポジションやけど、サイドから仕掛けていける北井が契約満了で、木本が引退やちゃね。カターレのサイドハーフで起用される選手ちゃ、佐々木陽次、佐々木一輝などはおるがいど、ドリブルで仕掛けていけるタイプやないだけに、カターレにとっちゃ、意外と人材が足りないポジションやないかとオラが思うがいちゃ。そこで獲得したのちゃ、浦和のユースでプレーしていた、MF新井瑞希とMF川上エドオジョン智慧やちゃね。

MF ルーカス・ダウベルマン

ブラジル全国選手権セリエDのマドゥレイラから、ルーカス・ダウベルマン。カターレの練習に来てたことがあって、その頃にプレーを見られた方々がおられて、そのときにはセンターバックでプレーしとったみたいやちゃね。実際、上の動画でもセンターバック、サイドバックでのプレーが多くて、中盤登録になっとるのはちょっこし疑問に思うところはあるがいど、プレー見てみると、足の長さを活かしたインターセプトに、懐の深さを活かしたキープ、確実に繋げられるパスが印象に残るだけによぉ、最終ラインの前に置くと面白そうな感じがするのう。川崎のエドゥアルド・ネットみたいな感じになるとおもしいちゃね。

MF 稲葉修土

 

アルビレックス新潟シンガポールのキャプテンを務めていた稲葉修土。2年連続のシンガポールのリーグ、カップ、リーグカップ、コミュニティーシールドの4冠を達成した中心選手ながいちゃ。立正大淞南から福岡大に進学して、卒業後はシンガポールへ渡ったがいちゃ。ダウベルマン同様、いいとこ取りの動画から見ていかんなんがいど、ボール奪取に長けたボランチやちゃね。しっかりボールを奪って繋いでいくという面では、結構高い位置からもボールを奪いにいけて、そのまま縦へ行ける選手だけに、攻守の切り替えが早いサッカーにはうってつけの人材のように思えるのう。Sリーグのレベルを懸念する声はありそうやけど、新潟の主力に定着しとるFW河田のような選手もおりゃ、引退した山形さんもアルビレックス新潟シンガポール出身者だけに、結構隠れた人材はあのチームにおるんやないかと思ったりするちゃね。

MF 差波優人

 

昨シーズン途中からグルージャ盛岡でプレーしとった差波優人。青森山田でプレーしとって、椎名伸志の後輩になるちゃね。小柄ながら、相手選手の間に入ったポジションから、正確なパスでゲームを作っていくプレーメーカーやちゃ。8月に盛岡に期限付き移籍して、中断明けの8月20日のガンバ大阪戦から最終節まで先発出場しとるちゃね。第20節の栃木戦では、コーナーキックから2アシストを決めとるがいちゃ。カターレと対戦した時に、台風の中で大変な状況での試合やったがいど、サイドへ展開したり、スルーパスやロビングボールで攻撃を組み立てていくとこは目立ってただけに、技術の高さを感じさせられるちゃね。甲府へ移籍した窪田の後釜候補になるやろう。

MF 川上エドオジョン智慧

黒部さんが強化部長に就任してから、徳島からの補強が多いカターレやけど、今年もやってきたじゃ。昨シーズンに浦和ユースから徳島に入団して、ルーキーシーズンで2試合に出場したがいちゃ。ユース時代はFW、ウイングなどでプレーしていたみたいやちゃね。10月に左股関節軟骨損傷により全治4ヶ月ながで、今は治療中みたいやちゃね。浦和ユース時代は、新井瑞希と一緒にプレーしていたみたいながで、富山で共演するとこ見てみたいもんやのう。

MF 新井瑞希

 

最後に相模原から完全移籍で獲得した新井瑞希やちゃ。数多くおる新加入の中で、一番の注目は新井瑞希やないかと思うちゃね。去年のJ3でもえらい気になってた選手で、見てて楽しかったがで、彼についてはちょっこし長くなるちゃ。

浦和ユース出身で高校卒業後によぉ、本田圭佑が実質的なオーナーを務める、オーストリアのSVホルンのトライアウトを経て入団してよぉ、1年半オーストリアでプレーしとったがいちゃ。ホルンではスーパーサブとして起用されとったみたいがやけど、去年の夏に3部降格が決定してよぉ、欧州でのプレーを模索しとったがいど、相模原のオファーを受けて帰国したがいちゃ。東京五輪を目標に掲げてよぉ、将来の日本代表も意識しとるだけに、将来が楽しみな選手がやってきとるちゃね。

昨シーズンの相模原戦は1勝1敗やけど、勝った試合には新井瑞希がまだおらんかったし、あんまし印象に残らないのが正直なとこやったがいど、後半戦に新井瑞希が加わってからは、仕掛けられる選手が一人おるだけでガラリと変わった感が強かったがいちゃ。なんせ2人で囲んでも、フィジカルとテクニックでキープできてしまうもんやから、とてもJ3レベルの選手やと思えんかったじゃ。テクニックの高さもさながら、胴長短足のサッカー選手らしい体格によぉ、よく見るとケツがでかくて、下半身がしっかり鍛えられとって、雰囲気を感じさせられるもんがあるちゃね。将来の日本代表を担っていく潜在性ちゃ、十分備わっとるだけに本当に楽しみやちゃ。

相模原では「みずきゅん」と呼ばれていたみたいやちゃ。オラもそう呼ぶことにするちゃ。

-カターレ富山