とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

オフシーズンのカターレについて考察するちゃ GK・DF編

2018/01/03

あけましておめでとうやちゃ。今年もよろしくやちゃ。
大晦日にアップしたオフシーズンのカターレについてのGK・DF編と行くちゃね

2018年年明け段階での移籍情報

IN
GK 太田岳志(東京V)※レンタル
DF 谷奥健四郎(松本)
DF 楠元秀真(横浜FC)
DF 今瀬淳也(水戸)※レンタル
DF 弓崎恭平(北九州)
MF ルーカス・ダウベルマン(マドゥレイラFC)
MF 新井瑞希(相模原)
MF 稲葉修土(アルビレックス新潟シンガポール)
MF 差波優人(仙台)※レンタル
MF 川上エドオジョン智慧(徳島)※レンタル
FW 瀧谷亮(岐阜)
FW 遠藤敬佑(藤枝)
FW 才藤龍治(琉球)

レンタル→完全移籍
DF 佐藤和樹(水戸)
MF 佐々木陽次(徳島)

OUT
GK 飯田健巳(引退)
DF 山形辰徳(引退)
DF 平出涼(鹿児島)※完全移籍
DF 石坂元気
DF 登崎雅貴(契約解除)
MF 衛藤裕(引退)
MF 木本敬介(引退)
MF 馬渡隼暉(アミティエ京都)※レンタル継続
MF 窪田良(甲府)※完全移籍
MF 西室隆規
MF 北井佑季
MF 國吉貴博
MF 梅村春貴(マルヤス岡崎)
FW 萱沼優生
FW 中西倫也

GK

OUT 飯田健巳(引退)

IN 太田岳志(東京V)※レンタル
契約更新 服部一輝
レンタル延長 永井堅梧

GKは正GKの永井堅梧のレンタル継続が決定やちゃね。さすがに3年連続もレンタルやったがで、今年は退団もあるかと思っていたがいど、今季も続行で4年目に突入やちゃ。所属元の松本山雅のGK事情も関与しとるがいど、山雅は新潟で出場機会を減らしとったGK守田達弥を獲得したがいちゃ。現在の山雅のGKが4人体制やから、永井は再度レンタルになったがやね。4年以上同一チームでレンタルされるのは珍しいと思うがいど、GKはそれだけ特殊なポジションと言えるかもしれんちゃね。

GK 太田岳志(東京V)

まずは30日に獲得が発表された太田やちゃ。2013年から3年間、FC岐阜に在籍して、20試合出場しとるちゃね。その頃のプレーを全く見てないがで、全然知らんのが正直なとこやけど、190cmと恵まれた体格だけにハイボールへの対応を期待したいところやちゃね。

DF

IN
今瀬淳也(水戸)
谷奥健四郎(松本)
楠元秀真(横浜FC)
弓崎恭平(北九州)

OUT
平出涼(鹿児島)

登崎雅貴(契約解除)
山形辰徳(引退)

契約更新 脇本晃成、柳下大樹
レンタル→完全移籍 佐藤和樹

契約未更改 代健司、進藤誠司、近藤徹志(レンタル)

まずは放出からやけど、一番大きいのちゃ、31試合出場の不動の右SB山形辰徳の現役引退やちゃね。福岡、栃木で長らく活躍したとおりの実力をカターレでも発揮しとったがいど、東福岡の盟友のMF衛藤裕とMF木本敬介の後を追うように引退されてしまったがやね。まだまだできそうやと思ったし、なかなか代えの聞く選手やないがで、これは痛手やのう。

後釜候補には、進藤の契約更新がまだやけど、シーズン中に右SBも経験しとる柳下か、新加入の弓崎恭平辺りになってくるかのう?オラとしちゃ、ボランチが大量補強されたがで、脇本をコンバートしてみるのはどうだろうかと思ったりするちゃね。ボランチでプレーしとって、守備力、展開力、クロス精度など、サイドでも適応されそうな感があったがで、オラ個人としては脇本を推してみたいと思うちゃ。

左SBは半数以上の試合に出場しとった國吉が契約満了になったがやね。キック力は素晴らしいし、そっから決定機も演出しとったのはいかったがやけど、沼津の右SH中村亮太(現秋田)のようなフィジカルに勝る相手には完全に後手に回るだけに、佐藤和樹が完全移籍で獲得できた以上、仕方ないのかもしれんちゃね。これは同じく左SBで起用されとった西室にも同じことは言えるやろう。佐藤和樹と柳下の2人で回す形になりそうやちゃね。

CBは谷奥、今瀬、楠元によぉ、MF登録になっとるルーカス・ダウベルマンを含めて、4人獲得しとるちゃね。そんで2011年から7年間プレーしてきた平出が鹿児島へ移籍することになったがいちゃ。そして秩序風紀を乱す行為によって登崎雅貴は契約解除ながいちゃ。

契約未更改の代健司がどうなるのか気になるとこやけど、分かりやすい入れ替えとも言えるのう。175cmの平出、177cmの代のコンビちゃ、どうしても身長が低くて、頻繁にクロスボールを入れられることが多くて、サイズで苦しんでいたのが確かながで、184cmの今瀬と谷奥、188cmの楠元と長身選手を獲得しとるがいちゃ。平出に関しちゃ、鹿児島の三浦泰年監督が欲しがっていたやろうけど、カターレが分かりやすくサイズがある選手を獲得しとる以上、何が何でも放出は阻止するほどの選手やなかった…とも言えるかもしれんちゃね。

守備陣に関しちゃ、とにかくフィジカルを重視した補強を施しとるのが、分かりやすく感じられるのう。1対1などの対人守備では防げても、アーリークロスや単純な縦ポンからの失点が多くて、相手から頻繁に狙われたがいど、ジャンプしても届かないとこで勝負されたら、どうもならんがで、的確な補強やないかと思うちゃ。

DF 弓崎恭平


北九州を契約満了で退団しとったサイドバックやちゃね。調べたところ、大学では左SBやっとったがいど、北九州では右SBでのプレーも多くて、両方できる感じやちゃね。経験豊富な山形の後釜にするには、経験面で不安なとこはあるかもしれんねど、両サイドできるのは貴重な戦力には違いないちゃね。

DF 谷奥健四郎


松本山雅から完全移籍加入の谷奥。2016年には当時JFLのアスルクラロ沼津へレンタル移籍しとって、15試合に出場しとるちゃね。途中で怪我もあったみたいやけど、松本・沼津双方ともプレーしてほしかったようで、かなり重宝されていた模様やちゃね。去年は松本でリーグ戦の出場はないがいど、天皇杯でロングシュートを決めているみたいやちゃ。彼のTwitterのIDが「@atatatataaaahh」なのちゃ、やっぱし北斗の拳が名前の由来っぽいちゃね。

DF 今瀬淳也


水戸からレンタルの今瀬。昨シーズンは26試合、J2通算で62試合出場しとるセンターバックやちゃね。加入当初は「塩谷2世」の呼び声が高かったようで、両SBやボランチでもプレーできるようで、ポテンシャルは高いみたいがよ。試合出場数が多い割にレンタルに行くのちゃ、14試合がクローザーとして途中出場しとったからみたいやちゃ。谷奥や楠元に比べると試合出場が多いがで、レギュラー候補が有力になりそうやちゃね。

DF 楠元秀真

横浜FCを契約満了で退団しとったところを獲得した長身センターバックの楠元やちゃ。2015年に産業能率大から横浜FCに入団して、3年間で15試合に出場しとる大型センターバックやちゃね。たまたま楠元のデビュー戦を見てたことがあって、カターレでもプレーしたパク・テホンとCBでコンビを組んどったのを覚えとるちゃ。デビュー戦でゴールを決めたがいど、コンタクトプレーを恐れず、表情も明るく、身体を張った思い切ったプレーが印象的やったのう。荒削りな印象が強くて、不用意なファールをおかしそうなところがあって、寄せや駆け引きなどの技術を磨かんなん感じやけど、オラはおもしい選手が入ってきたと思うがで期待しとるちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山