とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

昇格資格がないチームが優勝したら、5億多く出せばいいちゃ

2017/07/07

ブラウブリッツ秋田がよぉ、来季のJ2ライセンス取得できんで、今季優勝してもJ3にとどまるのが決定したがで、ちょっこし思ったこと言うちゃね。


完全思いつきやけど、「昇格できん代わりにお金を出せばいい」という持論になりつつあるちゃね。

昇格を阻むスタジアム規定

オラの個人的な意見としちゃ、J1なら15000人、J2なら10000人といった最低条件の収容人数ちゃ、実際のとこ疑問に思っとって、選手へのリスペクトが欠いとると感じるがやね。基本はそのカテゴリーで優勝するようなクラブちゃ、上でも見てみたいと思うのは普通のことやし、長くない選手生命を考慮に入れたら、同じカテゴリーに留まらせるのちゃ、あんましにも気の毒やと思うがいちゃね。

その選手へのリスペクトよりも優先される「スタジアム規定」についてやけど、収容人数が定められている理由ちゃ、様々あるちゃね。まずは欧州みたいがに莫大な放映権が入ってくるわけやないがで、収容人数増やしてチケット代を稼げるようにしたい…という考えやったりよぉ、「厳しい規定があるから、行政に働きかけができる」といった意見もあるがやね。

客席1万未満でもスペイン1部のエイバル

そこでいつも話題になってくるのちゃ、乾貴士選手が所属しとる、リーガ・エスパニョーラのエイバルやけど、ホームのイプルーアちゃ、6200人くらいしか入らんがやね。人口が2万ぐらいで、チーム時代の定位置も3部くらいやったがやけど、ここ数年の躍進でトップリーグに来たもんやから、規模が小さくても昇格できてしまったがやね。

スポーツちゃ、選手人件費に比例して、順位もそれ相応になるもんやから、基本的に施設も選手も揃ったクラブが上に行くもんやけど、エイバルの場合ちゃ、4シーズン前の2部で優勝決めたシーズンとか、確か同カテゴリーで最低クラスの規模で昇格してしまったがやね。

Jリーグ見とっても思うことやけど、資金が少ないとこでも、良いサッカーしてりゃ、上位争いをすることもあるのが、サッカーの魅力的なとこでもあると思うちゃ。逆に個々の能力が高くても、噛み合ってなかったら、あっさり降格することもあるしのう。それに安価で獲得した選手が急に成長することもあったりするのも、中堅クラブならではの醍醐味とも言えるもんやのう。エイバルの場合ちゃ、昇格以後も1部で3年も健闘しとるわけやけど、組織力の賜物とも言えるやろう。

Jリーグやと、とても1部に昇格できるほどのスタジアムなど持たないエイバルやけど、彼らが活躍しとるとこを見とったら、Jリーグも箱物が微妙でも「面白いチーム」は昇格するのは、リーグの活性化考えてもよぉ、健全でフェアやと思うちゃね。

相反するスタジアム問題とサッカーファンの心理

秋田へ行って思うことやけど、あきぎんスタジアムで上のカテゴリーをやっていくのちゃ、かなり難しい印象は感じるちゃ。マックスで4000人くらいしか入らんみたいやけど、今のJ2でも名古屋、千葉、松本辺りが来たら、スタジアムちゃ、あっさり満員になってしまうやろう。こうなってくると近くの八橋の陸上競技場を…ということやけど、そちらは夜間照明が無いがで、春か秋での開催が現実的になってくるやろう。それに集客はあるタイミングで急に増えることもある…と考えたら、なかなか大変ではあるちゃね。

しかしよぉ、一人のJリーグファンとしての思いとしちゃ、下のカテゴリーで良いサッカーをしとるもんは、財政上の条件さえクリアしてりゃ、認めてあげたいもんかと思ってしまうもんやのう。去年で言うレノファ山口なんては、その攻撃的なスタイルでよぉ、セレッソや千葉を倒したりして、結構話題になってったりするし、J2をより刺激的なもんにしたに違いないちゃ。小池龍太のように、J2で価値を高めて、柏へステップアップするもんが出てきたしのう。小池だけやなくて、島屋、庄司、福満らのステップアップにしても、レノファの組織力が土台にあったのは間違いないと思うちゃ。もしレノファがライセンスで昇格できんかったら、J2で価値を見せるチャンスは無かったのかもしれんしのう。

その「スタジアムの問題」と、「良いサッカーは上で見たい」とは相反するもんやと思うし、結局はどっちか選ばざるを得ないと感じるもんやちゃ。そうなってくると、どっちを選んだとしても、ある程度、フォローは必要かと思えるがいちゃ。

昇格できん代わりに特別支給は必要やろう

J3ちゃ、上位2チームがJ2に昇格できるがいど、実際にJ2のライセンスを持つクラブちゃ、富山、栃木、北九州、長野、鳥取の5チームしか無いがいちゃね。今年は琉球と鹿児島が申請しとるがいど、実際に通るかどうかはまだ分からんしのう。

ほんじゃけど、リーグそのものちゃ、同じ条件で戦っとる以上はよぉ、2位以内に入ったクラブちゃ、それぞれがなるべく同じ褒美が必要かと思うちゃね。昇格できん代わりに、何かを用意するということやちゃ。

そう考えたら、一番手っ取り早くて、一番わかり易いのちゃ、やっぱしお金やないかのう?

J3ちゃ、優勝したら3000万もらえるわけやけど、J2に昇格したら、それ以上の収入が見込めるのは違いないちゃね。ほんじゃから、J3で3000万とかちゃ、人件費もまともに賄えるわけがない金額ながで、優勝しても雀の涙…と言ってもいいくらいやろう。

そう考えたら、思い切って5億円くらい、Jリーグがポンと出してしまってもいいやないかのう。5億があれば、いろんなことができるもんやからのう。将来、J2目指す上でクラブを成長させるには、5億は本当にでかいからのう。

どうけ?Jリーグのみなさん??

-Uncategorized