とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

J3第9節 カターレ富山 - YSCC横浜[観戦記] / 野々村チェアマン来場&ライブ開催やちゃ

前回のホームゲームはよぉ、大雨の影響でスタジアムイベントとか楽しめるような状況やなかったがいど、今回は晴れたがで、いろいろやっとったがいちゃね!

メルギューくんとメルモモちゃん来場やちゃ

キックオフ2時間前の12時くらいに到着したがいちゃ。

来場したらよぉ、ちょうどメインの広場前のとこによぉ、小矢部市のブースがあったがいちゃ。

小矢部といっちゃ、人気のゆるきゃらがおるちゃね。

メルギューくんとメルモモちゃんやちゃね。

木曽義仲の「倶利伽羅峠の戦い」で有名になった、牛に松明をつけた「火牛」をモチーフとしたキャラクターやちゃね。メルギューくんができてよぉ、実は20年くらい経っててよぉ、富山県では代表的なゆるきゃらやちゃね。過去にゆるキャラグランプリでよぉ、5位入賞したこともあって、これは富山県の最高位やったりすんがいちゃ。

黒部峡谷鉄道のマスコット、三太も来てたがで、もう1回撮影したじゃ。

ということでよぉ、小矢部のB級グルメ「火牛コロッケ」を頂いたじゃ。

海南鶏飯いただくちゃ

そして、今回のスタグルやけど、こちらをチョイスしたじゃ。

ANAクラウンプラザからよぉ、今回限定で「海南鶏飯(ハイナンチーファン)」(900円)を選んだじゃ。

シンガポールを代表する屋台料理でよぉ、シンガポールやマレーシアなどの東南アジアの庶民の味やちゃね。タイやったら「カオマンガイ」と呼ばれとるのう。鶏の油で炒めたご飯をよぉ、鶏ガラスープで炊き上げるがいちゃ。この御飯によぉ、冷ましたチキンに、野菜を入れてよぉ、特製のチリソースをかけて食べるという感じながよ。

オラこういうの好きやから、本当に嬉しいちゃね。まずご飯が美味しいちゃ。それにチキンが柔らかくて美味くてよぉ、それにチリソースをかけていくと、またいい感じながいちゃ。それに一緒に添えられているパクチーも一緒に食べると、香りも引き立ってたまらんのう。

「とみおん☆ライブ」開催やちゃ

今回のスタジアムイベントの目玉の一つといっちゃ、ケーブルテレビ富山ミタスト光によるスペシャルマッチとしてよぉ、音楽ライブが開催されたがいちゃね。

カターレのスタジアムDJである久世サトシさんに、ローカルタレントのぶらっくすわんさんが司会進行をしてってよぉ、富山を拠点で活動されているアーティストの方々のライブをやっとったがいちゃね。

カターレのイメージソングを作っとらっしゃる「PALLET」を始めによぉ、「ピコピコレボリューション」「THE SANDMANS」「DROPOUT」が参加しとらっしゃったじゃ。オラはライブは見れんかったがいど、「DROPOUT」には知り合いがおるがで、カターレでライブしてくださるとは嬉しいもんやちゃ。

左伴社長とチェアマンのトークショーやちゃ

そんで最後はよぉ、シャレンの表彰のために富山に来られた、野々村芳和チェアマンを迎えてよぉ、トークショーが行われたがいちゃね。

5月15日といっちゃ、Jリーグが生まれた日ながいど、そんな日によぉ、野々村チェアマンが富山に来てくれるとは嬉しいもんやちゃね。

カターレの左伴繁雄社長といっちゃ、20年も前からプロの経営者としてやってきとるだけあってよぉ、野々村さんが選手やったころから知っているがいちゃね。そういうこともあってよぉ、お互いの間合いが独特で、なかなかおもっしい感じやったのう。スタジアムの雰囲気を楽しんでおられる感じで良かったじゃ。

左伴さんが清水の社長やった頃によぉ、札幌の社長やった野々村さんがちょうどいてよぉ、左伴さんが「監督交代するかなー」みたいな話をよぉ、当時の野々村さんが聞いていた話を出しとるがで、こういう裏側の話を聞けるとは、なかなか興味深いちゃね。

今回の話で最も重要なのちゃ、サポーターについてやちゃね。サポーターとはよぉ、フロントの人間としちゃ、「お客さん」やなくてよぉ、「内側の人間」という意識を持っているのが大きかったのう。それだけによぉ、サポーターがスタジアムで応援していく意味ちゃ、結構大きいんやというのが感じさせられる話やったじゃ。なんというか「チームを勝たせる」というのちゃ、現場だけの話やないのが印象的ながいちゃね。

試合前だけで帰る人おるがけ?

なかなか有意義な話やったがいど、左伴社長がポロっとこぼした言葉があったがいちゃ。

スタジアムイベントだけで帰る人がおる

うむ…これはフロントとしては悩ましいところかもしれんちゃね。

確かによぉ、この後スタジアムに入っていってよぉ、余裕でゆったりと席に座れたがやね。メインの広場には結構人がおってよぉ、ライブを見ている人も、飯を食べている人もおって、そんでトークショーにはいつもよりも人が集まっていたがやね。そういうこともあって、動員を結構期待しとったがやけど、実際そこまで伸びてなかったがいちゃね。

確かに試合中に以前ちょこっとトイレにいったときによぉ、スタジアム周りがどうなっとるのか気になっていたがいど、ラーメンひげのところで長閑に食べとらっしゃる人も結構おったのがよ。

これはこれでおもしいといえるのう。ほんじゃって、スタジアムのイベントだけで満足できるほどのもんが、すでに提供されているということやからのう。県総が祭りの会場になってきているのちゃ、一つの盛り上げに貢献しているとも言えるちゃ。

そう考えたら、オラも今後はこういう賑やかなところを、これからも記録を取っていってよぉ、一人でも多くの人の関心を引きたいところやちゃね。そんでよかったらチケットを購入して入場する人がよぉ、一人でも増えると嬉しいのう。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山