とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

J3第5節 カターレ富山-FC琉球 / 琉球さんにはどうものう・・・。

2017/04/23

天皇杯富山県大会でよぉ、富山新庄クラブを5-0で破ったカターレはよぉ、第5節でFC琉球と対戦やちゃね。過去に5試合やって、4分1敗といまだ勝ったことない相手ながいちゃ。


試合から結構時間が経っとるし、しかもこの試合はスタジアムへ行けんかったがで、DAZNで見た程度ながいど、カターレも琉球もお互いチャンスを多く作ることができず、ちょっこしテンションが上げづらい試合になったのう。ブログに書く際に、何度か倍速再生などで試合をチェックすることはあるがいど、その気にするくらいのものはよぉ、ちょっこし欠けとったのが正直なとこやのう。

前節の0-3で負けた沼津戦と違うのは、パブロとイッキくんの復帰やけど、イッキくんがトップ下で起用されとったがやね。長いボールを使ってよぉ、「パブロにボールを当てて、他の選手が拾う」とか、もしくは「パブロを囮にして、他の選手が裏を抜ける」というのが基本戦術としてやっとったがいど、前後半通じて、強風に悩まされて、イマイチ精度が欠いた試合になってしまったのう。特にイッキくんは前半から動き出しが素晴らしくて、何度もタイミングよく上がっていったがいど、彼の動きを活かすのは終始できんかった感じやね。

ボールを出す側の精度の問題で、動き出しはまあまあいかったがで、点を取っていく形としちゃ、一つ仕上がっている印象やけど、問題はビルドアップから攻めていく場合やちゃね。この日は琉球さんがコンパクトで前から結構プレス来てたがいど、その狭いサッカーに対して、上手くピッチを広く使う感じにはできんし、せっかく相手選手間でボール受けようとポジション取れたがに、そのタイミングでパス出せんかったり、お互いの意志がイマイチ噛み合って無かった感はあるちゃね。前線へ蹴ってしまう、あるいはサイドから展開していく、もしくは楔に入れていくと選択肢は様々やけど、欲しいときに出せんかったり、逆に人がついとる時に出せんかったりと、なかなか難しい感じやったのう。

琉球さんもこれといった効果的な攻撃はなくて、前半に富所選手がチャンスを演出しとったくらいで、後はお互いに潰し合いになってしまった感じやね。決定機自体はカターレにあったがいど、積田選手が上手くセーブしたのが大きかった感じやね。監督がカンカンに怒っとったがいど、確かに琉球の良さが何ながか表現できんかった感じやね。それはカターレもそうやけど。

-カターレ富山