とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

第23節 カターレ富山 - カマタマーレ讃岐[プレビュー] / 目指せ3連勝やちゃ

東北連戦を2連勝で終わったカターレ富山はよぉ、ホームの県総へ戻って、カマタマーレ讃岐との対戦やちゃね。

前回の対戦

前回の対戦は3-2でカターレの勝利やちゃ。

この試合はタイトルでも見るように、カターレにとってはあんまし良くない試合やったがやね。チームの充実度に関しては、カターレが良くて、カマタマーレ讃岐はこの時期もかなり難しい状況やったがいど、後半の途中にカターレがバッタバッタになったところで讃岐の攻撃を受ける形になってしまったのう。

カターレとしては、終盤に林堂眞のヘッドでなんとかカターレが勝つことができたがいど、決して褒められた内容やなかったがやね。実に反省点が多い試合やったじゃ。

フォーメーション

前節の岐阜戦のフォーメーションやちゃね。

今シーズンも序盤から苦戦を強いられて、2試合で上野山監督が辞任したカマタマーレ讃岐はよぉ、今はゼムノビッチ・ズドラヴコ監督が就任したがやね。

ただ、それでもなかなか白星を積み重ねることができんくてよぉ、今シーズンはガイナーレ鳥取、FC今治とともに最下位グループに入ってしまう状況ながいちゃね。かなり苦しい状況なのは本当に感じさせられるちゃ。

システムは前回も対戦した通りの[3-4-2-1]やちゃね。

守備陣は高橋拓也、西野貴治、中盤は西本雅崇、高木和正、最前線は重松健太郎とおなじみの選手が顔を連ねているちゃね。センターラインに関しては、今シーズンはだいぶ固定して戦っている感じながいちゃね。

しっかし、試合をちょっこし見ている感じやと、得点に関しては、最前線の重松健太郎の個の能力に依存するところが強くて、攻撃面での迫力を出していくのには、かなり課題を持っているのは確かやろう。薩川淳貴、川崎一輝からの両サイドからのクロスでゴールを狙っていこう…という意図は結構はっきり見えるところやけど、それ以外がなかなか難しいのう。そう考えたら、セットプレーが彼らの得点力に左右してくるところはあるがやろう。

ボールを握る展開は予想されそうやちゃ

この試合に関しても、ヴァンラーレ八戸戦同様、カターレがボールを握っていく展開が進んでいくことは考えられるやろう。讃岐としては5バックで固めつつ、カウンターからチャンスを伺っていく…という感じかのう。

そう考えたらよぉ、長野戦、福島戦がカターレがやってきたようなロングボールを当てていって、ハイプレスで潰していくやり方は、ちょっこしハメづらいのかもしれんのう。讃岐の最終ラインとGKの連携は決して良いとは思えんがし、そこは狙っていきたいところやけど、引いてくる相手は簡単に攻略できんやろう。

土曜日は熊本が勝利しとるし、テゲバジャーロ宮崎は4連勝中と、昇格争いは本当に引き分けすらも許されない状況だけに、この試合もきっちり勝利することが必須となるやろう。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山