とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

第4節 カターレ富山 - 福島ユナイテッドFC 前編 / この試合を勝ちきれんのはちょっと困るちゃ…

2021/04/09

フォーメーション

カターレのスタメンは、2列目の位置に佐々木陽次が入った以外は、メンバーは同じやちゃね。

対する福島はメンバーがかなり入れ替わっとるちゃね。大卒ルーキーが4人も入っとるがで、思い切ったメンバーチェンジやのう。樋口寛規、鎌田翔雅などはベンチスタートながいちゃ。

序盤は攻めとったがやね

前半はカターレが圧力をかけて、結構攻めとったがやね。

両サイドの安藤と音泉がポジションを高く上げてよぉ、そこからクロスを結構入れとったがいちゃ。ほんじゃけど、この日のピッチ状況ちゃ、なかなかスリッピーやったし、バウンドも結構弾む感じやったがで、ホームのはずのカターレでも結構苦労しとったがいちゃ。

そんなこんなもあって、ペナルティエリア内まで侵入はしとったがいど、なかなかボールの収まりが良くなかったもんやちゃ。

先制点を食らったじゃ

先制取れんがになってくりゃ、次第に福島もカターレのやり方に慣れてくるもんやし、カターレも攻めあぐねるようになってくるがいちゃ。

そうなってくると、やっぱし厄介なのちゃ、福島のイスマイラの存在やのう。

カターレはイスマイラに対しては、今瀬がマンマークで対応しとったがいど、前半途中からはイスマイラが少しポジションを下げてボールを受けたりして、今瀬を引きずり出そうとしとったがやね。今瀬としては、なるべく最終ラインから離れないようにしつつ、イスマイラに自由にプレーさせんようにしとったがいど、実際はイスマイラの方が一枚上手やったじゃ。

そんで先制点を食らったがいど、それもイスマイラのポストプレーからながやね。イスマイラがボールを収めたところで、左ペナルティエリア隅付近でポジションを取っていた吉永大志がミドルシュートを決めて、福島が先制点を奪ったがいちゃ。相手ながら見事なシュートやったと思うちゃ。

この失点については、イスマイラに対応できなかった今瀬の責任というのは間違いないがやけど、ハイプレスを基調とするチームとしては、やはり今瀬に託したかったのかと思わされるちゃね。それに立ち上がりからに関しては、まずまずやれそうな感じやったし、監督としても上手く行くと思ったのかもしれんのう。

後半に入って、この辺りに手をつけていくがいど、それは次の記事にするちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-