とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

サグキーマ作ったじゃ

週一回は手作りカレーを作ることにしとるがで、おそらく今後もカレーに関するツイートをしていくことになるちゃ。ということで今回は「サグキーマ」作ったがいちゃ。

サグはほうれん草で、キーマはひき肉やちゃね。インドではお馴染みのカレーやろう。緑色が良い感じに引き立っているカレーやちゃね。

材料(4人分)

ほうれん草 200g
鶏ひき肉 200g
トマト缶 1/2個
玉ねぎ(みじん切り) 大1個
ヨーグルト(生クリームも可) 1/2カップ
刻みにんにく 大さじ1
刻みしょうが 大さじ1
塩 少々
胡椒 少々
コリアンダーパウダー 少々

スパイス
クミン(ホール) 小さじ1/2
カルダモン(ホール) 小さじ1/2
クローブ(ホール) 10個
ローリエ 1枚
唐辛子 3個

作り方

ほうれん草ペーストを作るちゃ

ほうれん草のペーストの作り方ちゃ、ほうれん草を茹でるところから始めるちゃね。その後に包丁で刻んでからよぉ、最後はミキサーでペーストにしていくちゃ。こんな感じになるちゃ。

テンパリングするちゃ

まずは鍋の中にスパイスを入れるがいちゃ。その後にサラダ油使ってよぉ、弱火で火を通していくがよ。そしたら香りが立ってくるがで、そうなったら次の作業に入るちゃ。

玉ねぎをこんがり炒めるちゃ

みじん切り玉ねぎは、強火でガッツリ炒めるちゃ。焦げるギリギリぐらいまで火を通すのがコツやちゃね。徹底的に火を通すことによってよぉ、玉ねぎから出てくる香ばしい香りと味が引き立ってくるがいちゃ。それに見た目が黒っぽくなってもよぉ、玉ねぎの場合は焦げっぽい感じにはなかなかなりにくいがで、とにかくガッツリやちゃ。

トマト缶入れて水を飛ばすちゃ

だいたい火が通ってきたらよぉ、今度はトマト缶を入れていくちゃね。火の強さは中〜強火のままでよぉ、玉ねぎとトマトが絡み合うように混ぜていくちゃ。そんでトマトの中にある水分は飛ばしていくちゃ。

ひき肉、ほうれん草、ヨーグルト入れるちゃ

水気を飛ばしたら、今度は火を中火にしてよぉ、ひき肉、ヨーグルト、ほうれん草ペーストを入れて、再び混ぜていくちゃ。ヨーグルトの水分は火力で再び飛ばしていくがよ。そんで1/2カップ(これより少なくていいちゃ)の水を入れて、水気がなくなってくるまで煮込んでいくちゃ。

あとは、塩コショウ、コリアンダーパウダーで味付して、終了やちゃね。好みによってはバターを溶かしてみるのもいいちゃ。

雑感

最後の煮込みのときに、ちょっこし水を多く入れすぎたこともあって、煮込み時間が長くなりすぎたのは、オラとしては反省点やちゃね。あまり長く調理しすぎたら、スパイス感が若干弱くなってしまうがでのう。

あとは、スパイスをテンパリングする前に、唐辛子に切れ目を入れておく方が、辛みが出やすくなる…というのは今回は感じたかのう。今回は忘れとったこともあって、辛みがちょっこし足らんかったと感じたじゃ。

とはゆっても、スパイスから作るカレーちゃ、やっぱし良いものやちゃね。クミンの香りが引き立ってくるのがたまらんからのう。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱんクッキング
-,