とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

コーヒーにスパイス入れるのが趣味やちゃ

最近のオラちゃ、コーヒーにスパイスを入れるのが趣味になっとんがいちゃ。

カレーを始めによぉ、世界のいろんなとこの料理を作るようになってきたらよぉ、家にスパイスの在庫が結構残っていたりすんがやね。それを上手く消費していこうということでコーヒーに入れてみとるがいど、これが結構面白いちゃね。

八角コーヒー

この写真はよぉ、コーヒーに八角を入れてみたがいちゃ。

粉状になっているコーヒー豆を、コーヒーメーカーに入れてよぉ、その粉末と一緒に粉々にした八角を入れたがいちゃ。コーヒーに浮いているのは、あくまでも飾りながいちゃ。

八角ちゃ、日本の料理にはほとんど使われんがやけど、中国料理や欧州の料理には結構出てくるもんやちゃ。中国の薬膳料理には欠かせんちゃ。

これをコーヒーに入れてみると、あの独特な香りとコーヒーの香りが混ざり合って、おもっしい香りがするがやね。八角は1個だけでも相当香ってくるもんやから、あんまし入れ過ぎたら、八角の匂いだけになってしまうがで、それは要注意やちゃ。

カルダモンコーヒー

インドやトルコやと、コーヒーにカルダモンを入れることが良くあるちゃね。

カルダモンといっちゃ、カレーでもおなじみのスパイスでよぉ、清涼感がある香りが特徴的ながよ。そんでほんのちょっぴりほろ苦さと辛さがあるちゃ。これをコーヒーに入れると、苦味とカルダモンの香りが出てくるコーヒーになるっちゃね。

カルダモンについては、ギャバンとかにある粉末タイプよりも、ホールで買っておいてよぉ、包丁とかで切っておいて、それをコーヒー粉末と一緒に混ぜておくといいちゃ。

クミンコーヒー

カレーでお馴染みのスパイス「クミン」もまたコーヒーには使えるちゃ。

オラは家でよくクミンを使って料理することがあるがいど、これはコーヒーにも使えるがいちゃ。インド料理のスパイスの代表格だけに、これを入れると、いかにもカレーっぽい香りがしてくるのが特徴的やちゃね。

香りが「カレー?」と思うような感じなのが、いかにもクミンという感じながで、コーヒーからちょっこし変化を加えたいときには、おすすめながいちゃ。

クローブコーヒー

最後はこれもカレーでお馴染みの「クローブ」やちゃ。

バニラっぽい香りがしとって、お肉の煮込み料理とかで使われたりしとって、ニオイ消しには結構重宝されとるスパイスやけど、これも日頃の料理では使うのが難しいもんやちゃ。これもコーヒーにすると、まーた独特な香りがするがいぜ。

口臭消しの効果もあるみたいながで、にんにくとか納豆とか食べた後に、クローブのコーヒーを飲んでおくと、良い感じになると思うちゃ。ただし、これも入れすぎるとコーヒーの風味が失われるがで要注意やちゃ。

スパイスコーヒーについては、また研究を重ねたいところやちゃね。今回はここまでやちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱんクッキング
-, , , ,