とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

周防大島名物の「みかん鍋」作ったじゃ

2020/12/25

お歳暮の季節になってきたのう。ということでよぉ、オラの親戚からよぉ、でかいとみかんが送られてきたがいちゃ。

あいよ!なんちゅーでかいと送ってきとらーよ!

…とか思ったもんやけど、そんなにでかいとあるがなら…ということで、「みかん料理ないけ?」と思ってググってみたら、なんか出てきたがいちゃね。

山口県の周防大島の名物に「みかん鍋」があるみたいながいちゃ。

オラなんか、みかんと言ったら「剥いて食べる」くらいしか頭になかったもんやけど、探してみたら本当にあるもんやちゃね。みかん料理ちゃ。

ということで、作ってみることにしたじゃ。

材料(4人分)

水 1500cc
昆布 2枚
みかん 食べる分
水菜 4束
白菜 1/4玉
しいたけ 8個
ネギ 4本
絹豆腐 1丁
たら 4切れ

調味料
顆粒だし 大さじ1杯
醤油 大さじ1杯半
みりん 大さじ1杯

作り方

みかんを焼くちゃ

オーブンで180度で焼き目つけていくちゃ

昆布は水につけるちゃ

美味しくするには、しばらく昆布つけとくのがいいちゃ

材料を切るちゃ

食べやすいサイズに切るちゃ

お野菜とか入れるちゃ

昆布をつけといた水によぉ、焼いたみかん、白菜、ネギ、調味料を入れて火をかけるちゃ。みかんに切れ目を入れておくと、いい香りが出てくるちゃ。

魚とか豆腐とか入れるちゃ

そんでグツグツと煮立ったらよぉ、白身魚、しいたけ、水菜、豆腐とか残りの材料を入れていくがいちゃ、そんでいい感じに火が通ったらよぉ、出来上がりやちゃ。味が薄かったら、調味料追加したり、塩入れたりして、調整するといいちゃ。

感想

まず一言やけど、みかんの香りが凄いちゃね。

もっとちゃんとして作った方が、みかんの味は染み込んだかと思ったがいど、そこは今後に生かしていきたいところやのう。実際食べたことないがで、どういうもんか分からんがやけど。

このみかん鍋のおもっしいと思ったのちゃ、2点あるがよ。

一つはよぉ、みかんを皮ごと食べられるところやちゃね。調味料の汁とか昆布だしが染み込んでよぉ、いい感じに美味しく食べられるのがポイントやちゃ。オレンジピールとはまた違った感覚やちゃね。

もう一つはよぉ、みかんの実の部分を潰しながら食べると、みかんの風味が「ブワッ」と出てくるところやちゃね。これが「2度美味しい」みたいな感覚を味わえるがよ。これはたまらんちゃー。

実物を食べたことないがで、オラは分からんことばっかしながいど、そんでもみかん使ってこうやって料理できたのは楽しかったじゃ。見た目も新鮮やったしのう。また作ってみたいじゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱんクッキング
-,