とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

【プレビュー】第30節 カターレ富山 - セレッソ大阪 / もう負けは許されんちゃ

前節はブラウブリッツ秋田の無敗を止めたカターレ富山はよぉ、ホームの県総に戻って、セレッソ大阪U-23と対戦やちゃ。

前回対戦

前回対戦は2連勝中でカターレが、アウェーのヤンマースタジアムでの対戦やったがいど、前半早々にコーナーキックからの今瀬淳也のゴールでカターレが先制したがやね。

ほんじゃけど、前半終了間際に不運の形でPKを取られたカターレが同点に追いつかれてよぉ、後半にはディフェンスの裏に蹴られたボールに、前田龍大選手に決められて、カターレが2-1で逆転負けした試合やったのう。

勝利は積み重ねとったがいど、この頃のカターレは試合内容があんまし良くなかった頃やちゃね。ズルズル下がり続けるラインと、不揃いのプレスが躱されてよぉ、セレッソに結構チャンスを作られとったし、リード奪われた後は、カターレが単調な放り込みしかやらんかったもんで、逃げ切られてしまったがやね。まあ本当に残念な試合やったじゃ。

一つ大きな焦点になってくるところが、今シーズン9得点挙げている、藤尾翔太がトップチームに招集されるかどうかやちゃね。そこ次第ではチームの得点力も大きく違ってくるやろう。

フォーメーション

熊本戦のスタメンはこんな感じやちゃね。ほとんどが20前後の若手選手ばっかしやちゃ。メンバーの入れ替わりが激しいU-23チームやけど、このチームは一貫してシステムは変えてないちゃね。

熊本には先制されたがいど、後半に新保海鈴選手の直接フリーキックが決まって、1-1で終了ながやね。ちなみにゴールを決めた新保海鈴選手ちゃ、松本山雅の田中隼磨選手とファッションモデルのMALIA.の息子ながやと。

ということは、新保海鈴選手は…お父さんが山本KIDに、佐藤優平に、三渡洲舞人といるがやね…。

北東北遠征のいい流れをホームに繋げなんちゃ

こないだの対戦のときも2連勝中でのセレッソ大阪U-23との対戦やったのう。今回も2連勝中の中での対戦ながやね。

おそらく相手のサッカー自体は、前回とは大幅に変わることはないやろう。ただ、前回の対戦で精度のいいキックで、幅広い展開力を見せとった松本凪生が出てくるかどうか…というのは、オラとしては気になってくるところやちゃね。

前回対戦したときは、あんまし試合内容が良くなくてよぉ、引いて守りきったような試合ばっかしやったがいど、今回はブラウとの対戦でいい試合をした流れで、ホーム戦を迎えられるのはいい感じやちゃね。

フィジカル重視の人選で戦ったブラウでは、基本的に球際で負けないことと、ハイボールでの勝負で負けないことを重視して戦ったがいど、今度の相手はシステム的にミラーゲームになっていくことが予想されるやろう。

ミラーゲームでは、対人の力も試されるところやけど、相手の布陣を掻き乱すために、後方からの攻撃参加やったり、相手のポジションの間でボールを受けるなどの動きも問われてくるやろう。そう考えたら、今回も佐々木陽次、碓井鉄平の2選手が結構大きな鍵を握ってくるに違いないちゃね。

あとは、福島戦、八戸戦で、ゲームコントロールが良くなくてよぉ、リスク管理やったり、交代カードの切り方が不可解なもんやったりと、多少の不安材料が見えたところやちゃね。とにかくゲームを楽しみつつ、引き締めてゲームに入ることと、あまり調子にノリすぎないこと…に尽きるかのう。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, , , ,