とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

【プレビュー】第27節 カターレ富山 - 福島ユナイテッドFC / 後半戦好調の曲者が相手やちゃ

前節はアウェーの岐阜戦で、スコアレスドローで終了したカターレはよぉ、ホームに戻って、福島ユナイテッドとの対戦やちゃ。

前回の対戦

前回の対戦をおさらいするとよぉ、結果として2-2で終了したがいど、試合内容としては相手の福島の方がだいぶ良い内容やったのう。カターレ側のゴールに関しては、相手のミス込みで偶然性の高いものやったがいど、相手のはしっかり崩してのゴールと、後半アディショナルタイムの鮮やかなカウンターといい、敵ながら良いサッカーしとると感じたもんやのう。

このチームの大きな特徴は、リーグ最多のシュート本数のナイジェリア人FWオグリバッジョ・イスマイラに、リーグ最多のアシストを決めている池田昌生選手の存在が大きいがやね。チームスタイルとしては自らボールを握っていくポゼッションスタイルが中心でよぉ、後方にはボールを運べる選手がおって、その選手が相手を引きつけながら、崩していくサッカーちゃ、YSCC同様に意識の高いことやっとられる印象やったのう。

フォーメーション

前節の相模原戦のスタメンやけど、GKがファンティーニ燦から渡辺健太に代わっとって、守備陣も3バックになっとんがやね。中盤はおなじみの諸岡裕人に、両サイドが吉永と吉田の2人、3トップが不動のイスマイラ、田村亮介、池田昌生の3人ながやね。

試合通して見てみた感じやと、このチームは後方からしっかり繋いでいって、裏抜けかポストプレーをやるイスマイラにボールをいかに集めていくか…というところがポイントやちゃね。そんでもって、両サイドの田村亮介と池田昌生が個人技で崩していこう…という流れながいちゃ。攻撃時には5トップになるくらい、攻撃的なサッカーを演じていくちゃね。

3バックの左右の雪江悠人、福島隼斗の2人も、積極的に前線に上がっていくし、人数かけて圧力をかけていくところは、なかなか迫力のあるサッカーをしてくると感じたじゃ。

そんでもって、後半途中には切り札のトカチを使ってくるところが要注意ポイントやちゃね。前回対戦時もボールを持って前に向いたトカチには相当苦労しとって、同点ゴールになるアシストまで決められてしまったがいど、短時間で結果を残していく勝負強さには要注意やちゃ。

上位食いの福島

今季の福島ユナイテッドちゃ、本当に曲者ながやね。上位陣の長野、熊本、岐阜、鳥取に勝利してきとんがやね。そんで前節の相模原戦は守備陣も安定しとって、スコアレスドローで終わっとるがやね。

ここ数試合で上位食いしとることもあって、今シーズンは下位に沈んでいるとは言ってもよぉ、このチームは舐めてかかるのは厳禁には違いないちゃね。

守備力に課題があるチームながいど、最近の試合では熊本戦で2-3で落とした以外は、ほとんどの試合が最小失点に抑えられとるだけに、今は充実してきているみたいやのう。正GKが代わったり、DF陣が川西選手が戻ってきたり、そもそもシステムが3バックになったりと、福島もしばらく対戦しとらん間に変化が大きいがやね。

ただ、根本的にはイスマイラの貪欲にゴールを狙っていく姿勢と、そのイスマイラを支えていく、現在リーグアシスト王の池田昌生、キャプテンの田村亮介がサポートしている状態やし、攻撃のスタッツもリーグ全体の上位にあるだけに、やっぱし一発が怖いチームやちゃね。本当に用心していかんなん試合やちゃね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, , , , , , ,