とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

ハンガリーがEURO2020出場決めたじゃ

2020/11/14

13日のEURO予選プレーオフでよぉ、ハンガリーがアイスランドに2-1で勝利して、2大会連続のEURO出場を決めたじゃ。

EUROの予選では、グループリーグで2位以内に入れんかったがやけど、UEFAネーションズカップの成績が加味されて、EUROの予選トーナメントに参加することになったがやね。

第1戦はブルガリアとの一発勝負やったがいど、それを3-1で勝利したら、次は前回大会でも対戦しとるアイスランドと、本戦出場をかけた一戦になったがいちゃ。

前半の9分にアイスランドのシグルズソンのフリーキックをよぉ、GKグラーチがキャッチミスを犯してしまって、先制点を奪われたがいちゃ。

その後はハンガリーが追いつくべく攻めとったがいど、アイスランドが得意の堅守でゴールを奪わせんかったがやね。時間は刻々と過ぎていく中でよぉ、88分に猛攻を仕掛けたハンガリーが、クロスボールからのこぼれ球をMFロイク・ネゴが同点ゴール。そんでアディショナルタイムには、カウンターでハーフウェイラインからドリブルで突き抜けた、ドミニク・ショボスライのゴールで逆転勝利したじゃ。

前回大会もギリギリでなんとか出場できたがいど、今回もやっぱし過酷やったのう。ベスト16で終了したEURO2016からよぉ、キラーイさんを始めにベテラン勢が代表引退してよぉ、その後の世代交代には苦しんどって、一時期アンドラに負けるくらい厳しい状況やったがやね。

今はイタリア人のマルコ・ロッシ監督の下、チーム状況がだいぶ整備されてきとるちゃ。世代交代に関しては、まだまだベテラン選手も残っている状況やけど、レッドブル・ザルツブルクで活躍中のMFドミニク・ショボスライが台頭してきとるちゃね。まだ20歳ながやと。がいなもんやちゃ。

来年開かれるであろうEURO2020ではよぉ、フランス、ドイツ、ポルトガルの死の組に入ってしまってよぉ、まさに「ハンガリー戦を落とした方が負け」というくらい厳しいリーグに入ってしまったがいど、なんとか良いところ見せたいところやちゃね。

とりあえずは、2大会連続出場おめでとうやちゃ!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-ガボール・キラーイ
-,