とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

【プレビュー】第21節 ガンバ大阪U-23 - カターレ富山 / 前節を継続できるか試されるちゃ

2020/10/11

前節の藤枝MYFC戦を2-1で勝利して、4連敗を止めたカターレは、またアウェーでガンバ大阪U-23と対戦やちゃね。

前節の対戦

前節は開始早々に戸高弘貴のクロスを相手DFがオウンゴールで得た先制点を奪った後は、カターレが防戦一方になったがいど、なんとか守りきってカターレが1−0で勝利したじゃ。

勝利はしたがいど、相手の3バックに対して、全くプレスがかからない状況やったし、向こうがパス回し放題の状況になって、カターレは終始守りっぱなしの状況になったもんやのう。向こうの決定力不足に助けられたとも言えるがいど、いかんせん内容は良くなかった試合やったのう。岡を中心とした守備陣がよく頑張った試合やったじゃ。

フォーメーション

前節のフォーメーションはこんな感じやちゃね。

GKはオーバーエイジで一森純が入って、3バックは前回対戦時と変わらない3人、1ボランチは芝本、両サイドが黒川と白井、シャドーが塚元と奥野で、2トップが唐山とオーバーエイジの高木大輔やちゃね。

この辺りのメンバーがどうなってくるのかは全然予想もできんがやけど、前回は唐山、塚元、川崎修平はおらんかったし、オーバーエイジも使ってなかったのう。もしこの3人が出ていたら、前回対戦時と同じような防戦一方の展開では失点してしまう確率は高くなるやろうし、同じようにはなったらダメやちゃね。

前節を活かせられるか?

ガンバ大阪U-23が今シーズン取り組んでいるフォーメーションで来るがなら、おそらく前節の藤枝戦と同じようなかみ合わせになってくることは予想されるところやろう。

3バックに対して、同数の3トップでプレスへ行く以上は、前回対戦時のかみ合わせ(3バックに対して2トップ)よりは、まだ戦いやすいと予想されるのう。まずは後ろで回してくるガンバのビルドアップに対して、どれだけプレスをかけていかれるかで、一つポイントになるちゃね。

そして前節の藤枝戦で上手くいっていた3バックのビルドアップやけど、おそらくガンバは2トップで来るやろうから、前節同様にプレスはかわしやすいとも考えられるちゃ。ただ、守備時のフォーメーション変形には注意はせんなんところやちゃね。そこで上手く回せるようなら、パサーの花井聖の負担は軽くなってくるやろう。

あとは両ウイングバックがどれだけ対面の選手との勝負に勝っていけるのか…というとこかのう。柳下、末木の両者のアーリークロスが効いていた試合やったし、両サイドからファールを奪って、セットプレーでチャンスを作っていけただけに、次の試合でも同じようにやっていければ、勝機は見出すことができるやろう。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-,