とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

木島徹也エルボー事件について触れるちゃ

2020/10/10

東京23FCの木島徹也選手がよぉ、キックオフ直後によぉ、関東サッカーリーグの最終節のブリオベッカ浦安の選手に対して、肘鉄かました事件があったがやね。

さすがに衝撃的な動画やちゃね…。

開幕残影拳やにか。餓狼伝説のアンディやにか。

ほんじゃって、キックオフ直後やからのう。レフェリーの目の前でよぉ、いきなりそこでやるもんやろうか??試合が経過してストレスが溜まってやってしまうならあっても、いきなりやってしまうとは、びっくりしてしまうのう。

明らかな暴力行為やから、退場にすべき行為には違いないがやけど、審判も人間やから、キックオフ直後にいきなりこういうことが起きるとは思ってもなかったやろう…。

ただ、木島徹也選手に関しては、過去にラフプレーでの退場は結構あって、それで山雅を契約満了になったり、町田や讃岐でも荒っぽいところがあって、兄の良輔選手の不良っぽいイメージもあってか、木島兄弟には「ヒール」のイメージがえらい強かったがやね。

まあカターレも去年の試合で「神の手」ゴールやられとるしのう…。

東京23FCは全日程終了しとるし、これから試合がないがやから、契約解除してもしなくても、状況的にはあんまし変わらんがやけど、動画がえらい出回ってしまって、J-CASTニュースなどに取り上げられている以上は、フロントとしてもしっかり対応せんなん…ということで、木島徹也選手の契約解除に、社長の辞任、GMの減俸…ということになってしまったがやろう。

プロだけやなくて、今や地域リーグでもネット放送が多くされてきている現状では、こういうラフプレーはやはり見逃してくれなくなってくるもんやろう。SNSやとすぐに拡散されてしまうもんやし、印象で何でも広がってしまいがちやろう。

それにプロを目指すチームに対しては、こういうのも目線が厳しくなってくるんやないかと思うちゃ。ましてや、キックオフ直後とかインパクトがすごすぎるしのう…。

これだけ大騒ぎになってしまったら、現役を続けるどころか、サッカーに関わっていくのも厳しくなってくるんやないかと感じるのう。

ただ讃岐では今も愛されている選手やから、サポーターのことを思うと気の毒ではあるちゃね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱん・わーるどふっとぼーる
-,