とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

第18節 SC相模原 - カターレ富山[プレビュー] / 才藤龍治に要注意やちゃ

2020/10/10

シーズン折り返して10位のカターレ富山は、アウェーのギオンスタジアムでSC相模原と対戦やちゃ。

前回は3-0で勝利やちゃ

前回にホームで対戦したときは、前半早々に2得点を奪ったカターレがよぉ、試合を優位に進めて、終わってみたら3-0で勝利したがやね。

カターレがどうこう…というよりも、この試合での相模原が、あまりにも身体が重くて、ほとんど走れてもなかった…という印象やったがいど、前半早々に2得点も決めてしまったもんやから、そこで勝負あり…みたいな雰囲気になってしまったのう。

2点差つけられて負けとんがに、なかなかプレスにこなかったしよぉ、後半に若干良いところを見せたがいど、そんでも良かったのは大した時間やなかったがやね。カターレも若干お付き合いしとる…という印象さえあったのう。

フォーメーション

前節の鳥取のメンバーやけど、システムも起用する選手も、前回とは結構入れ替わっとるちゃね。前回もおったのはGKビクトル、MF梅鉢貴秀、鹿沼直生、星広太、FWホムロ、和田昌士という感じやったのう。

ただ前回は梅鉢貴秀はCBで起用されとって、しかも空振りで失点に絡んでしまったがいど、今回は本職の中盤に代わったがやね。ほんじゃから最終ラインのメンバーが一気に代わった…とも言えるやろう。

長身の梅井大輝、神奈川大からのルーキーの白井達也、そしてブラジル人のミルトンが3バック組んどるみたいやけど、ミルトンは対人が強くて足下もあるがで、彼のところでプレスが外れると…ちょっと危ういのかもしれんのう。

前回はパフォーマンスが良くなくて、良いところがなく0-3で破れた相模原やけど、今度はホームで戦うということもあって、前よりも身体が重い…ということはないんやないかと考えられるのう。

やはり才藤龍治に要注意やちゃ

相模原の前線やけど、昨シーズンまでカターレでプレーしていた、才藤龍治がここ数試合レギュラーで出場しとるちゃね。しかも、ここ2試合はゴール決めとって、鳥取戦は決勝ゴールを叩き込んどるちゃね。

フィジカルがあって、よく走って、タフネスが持ち味の才藤龍治やけど、カターレの頃はフィニッシュが上手くいかんかったこともあって、2年目はなかなかゴールを決められんまま、契約満了になってしまったがいちゃ。

ただ、エースのホムロに続いて、得点源として期待はされるところやろう。3-4-3は前線の運動量を求められるがで、運動量自慢の才藤にはうってつけやろう。意地でもゴールは決められんようにせんなんちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, ,