とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

「鶏卵のかき揚げ丼」作ったじゃ

2020/08/08

先月まで #カターレたまごクッキング がやっとったがいど、ブログに更新してなかったネタを書いておくちゃね。

ということで「鶏卵のかき揚げ丼」やちゃ。

これは元ネタは去年まで週刊少年ジャンプで連載されとった「食戟のソーマ」に登場してきた料理やちゃ。これも結構楽に作れて、美味しくいただけるがいぜ。一見変わった作り方するがで、ブログに残すちゃ。

材料(2人分)

・鶏卵 4個
・大葉 2枚
・天ぷら粉 適量
・水 適量
・小麦粉 適量
・ご飯 丼2杯分
・油 適量
天つゆ
・かつおだし 100ml
・しょうゆ 大さじ3
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ2

作り方

卵を冷凍庫で冷やすちゃ

まずは卵を冷凍庫に入れて冷やすちゃ

卵の殻を取るちゃ

卵がカチンコチンになったら、卵の殻を取るちゃ

衣をつくるちゃ

天ぷら粉と水を1:1の割合で混ぜるちゃ。天ぷら粉がなかったら、小麦粉、片栗粉、水を混ぜたらいいちゃ。

タレを作るちゃ

かつおだし、醤油、みりん、砂糖を混ぜてタレを作るちゃ。そんで鍋に入れて3分程度、中火で煮詰めていくちゃ。

衣をつけるちゃ

凍った卵に小麦粉をまぶしてから、混ぜた衣をつけていくちゃ。大葉は片面に衣をつけていくちゃ

揚げるちゃ

油を温めて160℃に合わせてから、衣をつけた卵を6分程度揚げていくちゃ。大葉はカラッと揚げればいいちゃ。

盛り付けるちゃ

これで完成やちゃ

雑感

卵を凍らせるという作業がユニークやちゃね。あんましこういうことをやらんがやけど、凍らせることで卵は結構保存が効くようになるらしいちゃ。凍らせることによって衣はつけられるようになるがいちゃ。

卵には衣がつきにくいがやけど、その前に卵を少し溶かして白身の部分に小麦粉をつけたら、良い感じには衣がつきやすくなるのう。

味の方も結構ユニークなもんで、衣はサクサク、白身は完熟、黄身は半熟という感じで食感が非常に面白いちゃ。黄身がご飯に染み込んでタレと混ぜながら食べると、新感覚のTKG(卵かけご飯)を味わえるちゃ。

結構簡単に出来る料理ながで、是非お試ししてみられ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-とれぱんクッキング
-, ,