とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

第7節 カターレ富山 - 藤枝MYFC / 後半に爆発やちゃ

福島戦で試合終了間際にへんてこなとこからカウンターされて、イスマイラのゴールで勝利をのがしたカターレは、ホームで藤枝MYFCとの対戦やちゃ。昨シーズン3位やった藤枝とは対戦成績では相性が良いがいど、石崎さんが監督になってからまだ勝ってないちゃね。

フォーメーション

プレビューに藤枝のことを触れた記事が「2トップに要注意」と書いたがやけど、まさかのデカモリシがベンチスタートやったがで、石崎監督にオラの思惑が透かされた感じがするちゃね…。吉平翼が2トップの一角に入ったじゃ。

カターレは前回のミッドウィークでの試合同様、スタメンを大きく変えてきとるちゃね。CBは戸根とルーカスのコンビ、右SBはヤギ、セントラルハーフは末木と稲葉のコンビ、トップ下に椎名、CFに大野耀平、そして左には宮城天が初スタメンやちゃね。

耐える前半

立ち上がりは藤枝が試合を優位に進めとったのう。大石、吉平の2トップに、2列目の水野が強度を上げてプレスに来とったがいちゃ。カターレとしては上手くかわしたいところやったがいど、なかなかボールを前に進められず、頻繁に苦し紛れの前蹴りが多くなっとったのう。

藤枝の攻撃もなかなか厄介で、中を飛び込む大石に対して、バイタルエリアは水野がミドルを狙っていくのが徹底しとって、なんどかそれでやられかけとるちゃ。ものすごくラインのコントロールは難しいところやけど、藤枝が強度を上げて先制点を取りに来とるところを、よく集中して守れたじゃ。

前半途中から藤枝に疲れが見えてきたがで、カターレがロングボールを大谷や大野にボールを入れて、徐々に持ち直してきたがいちゃ。あっちが運動量が落ちてきたら、中盤に構えていた末木や左のハーフスペースに入ってきた宮城天がボールを受けられるようになって、なんとか形はできるようになってきたじゃ。

ただ、最後のツメのところで精度を欠いてしまったがで、前半はスコアレスやちゃ。

ヤギ劇場でイケイケやちゃー

後半も立ち上がりは藤枝が圧力をかけて先制点を奪ってきとったがいちゃ。カターレとしては後半の立ち上がりも決して良くなかったがやね。

ほんじゃけど、ここでゲームが動き出すがよ。

左サイドに張っていた宮城天から中央の稲葉を経由して、逆サイドのヤギにボールを渡すと、ヤギのクロスから椎名が頭で合わせてゴールやちゃ。

このゴールを見たときは、おそらくカターレのサポーターにとっては「こういうゴール久々見た!」と思った人は多いんやないかのう?

ヤギが右SBで起用されたときの魅力ってよぉ、強いボールでゴール前に入れていくところやけど、これはサイドチェンジで効果を発揮することが多いちゃね。昨シーズンは結構こういうゴールがあったがやけど、今季はヤギが出場機会が少ないがで、こういうのが見られんかったがやね。

サイドチェンジが効果的なのちゃ、いろんな理由はあるがいど、一つ大きいのは「相手の視界を動かす」ところにあるちゃね。守備の選手はボールの動きを見て、宮城天がいる右サイドに目を向けるがいど、そこから少ないタッチでサイドに展開したら、首を動かして別の角度を見ないといけないがやから、そうなってくるとボール持っていない選手を見失ってしまいがちながいちゃ。

合わせた椎名こそさすが…と思うところやけど、このヤギのアシストを見て、オラは思わずニンマリしてしまったのう。この気持ちはカターレのサポにとっては分かるんやなかろうか?

そして、4分後には宮城天が蹴ったコーナーキックから、ヤギが得意のヘッドで自らゴール決めたじゃ。ヤギの今季のキャッチフレーズは「右サイドとゴール前は俺の庭」ながいど、まさにそれが発揮された2点やちゃね。背が高くない選手が起用されることが多いサイドバックやけど、180cmあるヤギはこういうところで強みがあるのが素敵なところやちゃ。

デカモリシ投入タイミングでダメ押しやちゃ

立て続けに2点決められた藤枝はよぉ、60分を差し掛かるところで、吉平翼と枝村匠馬を下げて、体がでかいデカモリシと顔がでかいヤザーを投入してきたじゃ。

そのタイミングでカターレはコーナーキックのチャンスやったがやけど、相手DFが跳ね返したところを、イッキがボールを拾って、バイタルエリアからミドルシュートを決めて、カターレがダメ押しやちゃ。

それにしてもイッキはこのレンジは得意やちゃね…。左SBで起用されることが多い今季のイッキやけど、元々はFWやった選手だけに、シュートセンスは良いもの持っとるちゃね。昨シーズンもあんな感じのゴール決めとるがいど、イッキはこういうところが素敵やちゃ。

ようやく無失点勝利やちゃ

デカモリシ投入タイミングでよぉ、カターレが絶好の3点目を取ったのか、藤枝イレブンの気持ちは落ちてしまったのう。カターレとしては追加点を狙って、宮城や大谷、途中出場の松澤などがゴールを狙ったがいど、3点目は取れんかったじゃ。そんでも3人共いい仕事したのう。

守備陣は3点目を奪った後は、ラインコントロールもばっちしやったし、無失点で抑えられたじゃ。ルーカスはもちろんやけど、大卒2年目の戸根選手にとっては、とても自信になったクリーンシートやなかろうか?最後まで落ち着いて守備しとったのう。

この試合は、花井もいなけりゃ、平松も碓氷も今瀬もいない試合やけど、変わったメンバーが持ち味を発揮して勝利をもぎ取ったのう。「選手層の厚さ」も感じさせられるところやけど、オラ個人としては「こっちの方が良くない?」と思えるほどのものやったじゃ。

追記にはあの選手について触れるちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-, , , ,