とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

カターレの現戦力についてやちゃ

第5節終了時点で、カターレ富山はなんと長期離脱中の高橋駿太以外と大卒ルーキーのGK田中勘太以外の全員が出場してしまったがで、ここで全員に触れてみることにするちゃ。

GK

岡大生

2試合出場

絶対的守護神だったエノさんが現役引退したこともあって、今シーズンの懸念材料やったGKやけど、甲府から期限付き移籍してきた岡大生が正GKとして定着しそうやちゃね。ゴールライン上に張り付きながら、ポジショニングで勝負する…という感じで、いかにもベテランのGKという感じやけど、岩手戦ではビッグセーブ連発で大きな信頼を得られたんやないかのう?

齊藤和希

3試合出場

開幕戦に大抜擢の大卒2年目の齊藤和希やけど、立ち上がり早々に連携ミスが出たりと、落ち着きのないプレーに終始してしまったのう。ボールの持ち方とかパスの仕草とか、いかにもエノさんの影響を受けたがやろう…と感じさせられるところやけど、今瀬らディフェンスラインとの呼吸が合っていない場面が多くて、正直難しいところやちゃね…。

田中勘太

出場なし

びわこ成蹊スポーツ大学からのルーキーの田中勘太選手は、現在のカターレのメンバーでは唯一出場していないちゃね。岩手戦はもっと大差ついていたら試合出場あったかのう?今後に期待やちゃ。奥さんキレイやちゃね。

DF

今瀬淳也

5試合出場
ポジション:左CB

3シーズン連続のキャプテンやちゃ。開幕戦の凡ミスとかもそうやけど、毎年開幕くらいが、なんか不安定やったりするちゃね…。フィジカルが強くて、パスも出せて、ロングスローもあって、セットプレーのターゲットにもなって、今のカターレの中ではトップのCBやけど、コンディションを上げて欲しいちゃ。あと、左SBはちょっと見てみたいかも。

林堂眞

5試合出場
ポジション:右CB

愛媛FCから新加入のベテランの林堂やけど…。4試合出場して今までのパフォーマンスは正直あまり良いとは言えんのう。長く怪我から実践から離れとって、カターレで出場したのも半年以上ぶりやったらしいがやけど、まだコンディションが上がっていないと感じざるを得なかったじゃ。ただ、ビルドアップから決定機を演出しとるがで、やっぱし彼こそレギュラーかなとは思うちゃ。

戸根一誓

1試合出場
ポジション:左CB

第4節の秋田戦で待望のJリーグデビューを飾った戸根選手は、終始安定したプレーをしとって、Jデビューとしては上出来やったのう。昨シーズンは大怪我もあって、シーズンを棒に振ったがいど、秋田戦を見る限りはレギュラーのチャンスも大いにあり得るちゃ。

柳下大樹

1試合出場
ポジション 右SB

過去2シーズンでは右サイドバックの不動のレギュラーだったヤギは、ここまで1試合の出場に甘んじとるちゃね。数々のクラブを渡り歩いてきたベテランの田中佑昌が同ポジションのライバルになって、どうもゲームでの絡みやったりスピードや経験などで後手に回っている印象やけど、高さやパワーでは彼が上回っていると思うだけに、そこで強みが出るとレギュラー復帰もあるかのう。

松原優吉

2試合出場
ポジション 左SB

開幕戦のアディショナルタイムで8年ぶりにカターレでの試合出場になった松原やけど、前半早々の怪我によって、わずか10分少々しか出てないちゃ。ロングスローがあって、セットプレーではターゲットマンになるだけに、今後は期待やちゃね。

MF

碓井鉄平

5試合出場
ポジション セントラルハーフ

スタメン3試合、途中出場2試合の碓氷やけど、スタメンで出場してなかった沼津戦での前半がなかなかボールが回らんかったことから、彼のような「水を運ぶ」選手の重要性を感じさせられたのう。途中出場した沼津戦の終盤のビッグチャンスをのがしたのが痛かったじゃ…。

花井聖

5試合出場 3得点
ポジション セントラルハーフ、トップ下

今シーズンから背番号10を背負う花井やけど、相手からの執拗なマークを受けながらも、3得点2アシストと今のところチームMVPの活躍をしとるちゃね。トップ下か3列目かでどっちかで起用するか難しいところやけど、攻撃面を考慮したら、トップ下の方が効果的…といったとこかのう?パスもシュートも上質なものを持っている花井さんには相手も当然警戒してくるがいど、カターレとしてはいかに彼へのマークを分散させるかが大きな課題やちゃね。

稲葉修土

5試合出場
ポジション セントラルハーフ

「越中のアルトゥーロ・ビダル」こと稲葉修土選手は、今季も闘犬っぷりを発揮しとるがいど、起用は相手のスタイルやカターレのゲームプランに左右されるのが今のところやろう。球際の激しさと回収能力の高さはオープンな展開にはうってつけやけど、沼津戦のように相手が引いてきた場合は、その特徴がやや空転しとる感は否めなかったのう。

佐々木陽次

3試合出場
ポジション FW、左SH

カターレが誇るダイナモのヨージやけど、今シーズンはアタッカーの大幅な補強によって、やや出場機会が減りつつあるちゃね。昨シーズンはピッチを縦横無尽に動き回って、ボールがあるところに絡み続けて、60分くらいまでプレーするのが彼の仕事っぷりやったがいど、5人交代制の今季ではやや起用法を難しくなった感はあるのう。

戸高弘貴

4試合出場 1得点
ポジション 左SH

町田から加入の戸高はこれまで4試合に出場やちゃ。左サイドからドリブルで仕掛けて、クロスやシュートで攻撃を活性化させとるちゃね。160cmの小さい身体を活かして、相手の下から潜るようなドリブルは面白いちゃね。昨シーズンいた白石やみずきゅんとはタイプが異なるドリブラーやちゃね。オラ個人としては、インサイドに入りすぎる傾向があるがで、ラインギリギリまで幅を取ってプレーする選択肢もあってもいいかと思うちゃ。

末木裕也

4試合出場
ポジション 左SB、セントラルハーフ

法政大からの期待のルーキーの末木やけど、開幕戦は左サイドバックでの出場やったのう。前嶋がいなくなった大きな穴に抜擢された形やけど、今のところは裏を狙われる場面が多くて、守備面で不安を残しとるのう。ただ、キック精度の高い選手やし、彼のポジションから上手くゲームメークができるとなると…カターレのサッカーに大きな可能性が生まれるかのう。今季最大のキーマンの一人やなかろうか?

田中佑昌

4試合出場
ポジション 右SB

新体制発表してから数日後にカターレに加わったベテランの田中佑昌やちゃね。今シーズンから「越中のババンギダ」やちゃ。見た目の風貌とか尋常やないスピードは、もはや日本人離れしとるちゃね。カターレでは右SBでプレーしとって、これまで4試合出場。ヤギと違うのは深い位置まで侵入できることやのう。

ルーカス・ダウベルマン

2試合出場
ポジション セントラルハーフ、右CB

3年目のルーカス・ダウベルマンは、これまで2試合出場やちゃ。本職はセントラルハーフらしいがやけど、カターレではこれまでセンターバックで起用されとったがやね。ただ、沼津戦でようやく中盤で起用されてよぉ、鋭いキックでのサイドチェンジから、自らがゴールに飛び込んでいく動きを見せていただけに、もっと中盤でも見てみたいと思ったじゃ。

佐々木一輝

2試合出場
ポジション 左SB

イッキはこれまで2試合出場やちゃね。安達さんが監督になってから、ほとんどの試合で中盤かFWで起用されとったがいど、今シーズン出場した2試合は左SBでの出場やちゃ。元々カターレでの初めての試合も左SBやったがで、彼自身は慣れているがでしょう。経験が浅い末木に比べたら、セーフティなプレーを選ぶ傾向にあるちゃね。

椎名伸志

4試合出場 1得点
ポジション:右SH、左SH

昨シーズンに4度目の十字靭帯断裂から戻ってきた椎名は、開幕からスタメンで出場して、得意の左足でのゴールで、今季のカターレの初ゴールを決めとるちゃね。ただ最初の1試合以外は、ややパフォーマンスが安定しなくて、最初に変えられることが多いちゃ。ちょっと他の選手と合ってない感じやし、起用法も安定してない感はあるのう。

池高暢希

4試合出場
ポジション;右SH、左SH、左SB

浦和から期限付き移籍でカターレにやってきたノブキくんは、第4節まで全て途中出場やちゃ。カターレにくることを知ったときは、名前からあの浦和レッズのレジェンド「山田暢久」をイメージして、良い感じやと思ったじゃ。カターレではサイドで起用されとるがいど、YSCC戦では途中で左SBもやっとるちゃね。ドリブルは良いもの持っているがいど、もっと思い切ってシュート狙っても良いかと思うちゃ。

松本雄真

1試合出場
ポジション:セントラルハーフ

2022年にカターレに正式に加入する予定で、新潟医療福祉大学から特別指定選手としてプレーしている松本選手が、岩手戦でJリーグデビューしたじゃ。僅かな時間でどういうプレーをするのか判断が難しいところやけど、大学では中盤の底を中心に守備的なポジションでプレーしとるみたいやちゃね。これからも出場機会はあるやろうから、しっかり見ておきたいところやちゃ。

馬渡隼暉

1試合出場
ポジション:セントラルハーフ

現時点で唯一のユース出身者のジュンキは、岩手戦の終盤で今季初出場やちゃね。ユース時代はアタッカー、デビュー後はセントラルハーフ、現在は両サイドバックで起用されることが多いちゃね。昨シーズン終盤でサイドバックやっていたときは、今季は左SBでチャンスはあるかと思っていただけに、今後気になるちゃね。

FW

平松宗

4試合出場
ポジション:CF、右SH

昨シーズン途中に新潟からカターレに加わって、不動のセンターフォワードとして活躍した平松は、今シーズンから完全移籍やちゃね。ただ、昨シーズン後半にえらい活躍したこともあって、やはり競り合いの強さやポストプレーは警戒されるがで、今のところはあまり力を発揮できているとは言えんやろう。ただ、岩手戦の途中で右SHでプレーしとったのを見て、CF以外でもいろいろ起用できそうなのは感じられたじゃ。

大谷駿斗

3試合出場
ポジション:FW、右SH、左SH

昨シーズンは大卒ルーキーながら9得点を稼いだ「越中のモハメド・サラー」こと大谷駿斗選手やけど、今季は3試合無得点とやや低調のスタートやちゃね。相変わらずのスピードで裏への鋭い抜け出しは健在やけど、決定機に直結しないのがなかなかもどかしい状況やのう。得点に関しては最も警戒される選手だけに、アシストを増やせられるようにするのが、今後の課題とも言えるやろう。ただ、角度ないところでも強引に狙う姿勢をオラは見たいがいど。

武颯

5試合出場 2得点
ポジション:FW、右SH

福島ユナイテッドFCから獲得した今季の大目玉である武颯選手やけど、今シーズンは4試合が途中出場で、これまで2得点と結果を残しているちゃね。他の選手との連携の問題ながか知らんがやけど、今のところ途中出場が中心やけど、裏に抜ける上手さやったり、体幹の強さやったり、さすが今季の大目玉というところやちゃ。まさに「越中のサディオ・マネ」と言いたくなってくるちゃ。

大野耀平

3試合出場 1得点
ポジション:CF、FW、右SH、左SH

京都サンガFCから期限付き移籍の大野耀平はこれまで3試合に出場やちゃね。3点差つけられたYSCC戦では、前半から途中出場してよぉ、反撃の狼煙を上げるヘディングシュートを決めているちゃね。フィジカルが強くて、スピードもあって、カターレの得点源になりうる人材やし、特にヘッドの上手さは見ものやちゃね。ただ、周りが見えないことが多々あるのは課題なのかもしれんのう。

松澤彰

1試合出場
ポジション:CF

末木とともに法政大からのルーキーの松澤彰は、第4節にJリーグデビューを飾ったのう。デビュー戦はなかなか前を向いて勝負はできていなかったがいど、秋田の高さがある守備陣に対しても、引けを取ることはなく、競り合いやポストプレーで頑張っているのが印象的やったじゃ。もっと見たい選手やちゃね。「越中のズラタン・イブラヒモビッチ」と言いたくなるほどの活躍を期待やちゃ。

宮城天

2試合出場 1得点
ポジション:FW

川崎フロンターレのユースから昇格して、今シーズンはカターレに武者修行することになったテンくんやちゃ。第4節でJリーグデビューを飾って、岩手戦ではダメ押しになる初ゴールを決めたじゃ。ゴールシーンは、相手DF3人をひきつけながらも、重心の低いドリブルからのシュートを決めとるし、試合終了間際には鋭いコーナーキックからあわや5点目を演出しそうになってたじゃ。テンくんは「川崎の至宝」と言われとるがいど、正直言って「越中のセルヒオ・アグエロ」なんてつけてしまって、借りパクを既成事実化したいところやちゃ!

高橋駿太

出場なし
ポジション:FW

開幕前のキャンプで大怪我をおった駿太さんは現在は治療中やちゃ。開幕前には今シーズン絶望とも言われていたがいど、新型コロナウイルスによる延期やら日程変更やらで、終盤戦には復帰する可能性も出てきたかもしれんのう。じっくり直して、また鋭い飛び出しを見せてもらいたいもんやちゃ。

以上やちゃ。またいろいろ書いていくちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山