とれぱんふっとぼーる

とれぱん先生がお送りする、ワールドフットボールブログやちゃ

第3節 カターレ富山 - アスルクラロ沼津 前編 / 前半は読みが外れたが?

2020/07/13

県総で見るつもりやったがいど、結局行けなかったがで、後追いでチェックしたじゃ。

フォーメーション

カターレはスタメンを4人も変えてきたじゃ。2トップは平松と大野のコンビ、左は2列目が開幕戦以来の戸高、サイドバックが今季初出場のイッキがスタメンながよ。セントラルハーフは花井と稲葉のコンビやちゃね。

沼津は10番の染矢がいない代わりに濱託巳がスタメンながよ。あとはメンバーは前節と一緒やちゃね。

蓋を開けたら昨年と同じスタイルやったじゃ

前節の長野戦では最終ラインから繋いでいくサッカーをしていた沼津やったがいど、カターレとの試合では戦い方は大きく変えてきたがやね。

完全に自分たちがボールを握れないのを見越して、自陣で4-4のラインを引いて待ち構えることにしたがやね。ゴールに直結するパスの供給源になる花井に対しては、徹底的にパスコースを消しにかかって、花井以外はある程度はボール持たせてもいい…というくらい割り切っとったがやね。

そうなってくるとカターレはサイドにボールを渡して、そこから攻めてこうとするところやけど、沼津はボールサイドへ一気にスライドしていって、前へ行かせんようにしとったがいちゃ。

こういうスライドしてくるのは、J3では多くのチームがやってくるもんやけど、それに対してはワンタッチで揺さぶりをかけていくのが有効やけど、この試合ではカターレは上手いこといかんかったがやね。

過去2試合での沼津は、自らボールを保持しながら、両サイドから揺さぶりをかけていくサッカーをしとったし、明らかに昨シーズンと違うサッカーやったがいど、これは元々ボール保持率が高くない藤枝や長野が相手だったから…と見たほうが良かったのかもしれんちゃ。それらの相手とは異なり、自らボール持って攻めたがるカターレ相手でしかもホームだったら…スタイルを変えてくるのは必然だったかもしれんのう。

ヨージ不在の影響

サイドにボールを預けて、そこから打開する形は去年のカターレからもあったがいど、この試合ではほとんど強みを出せんかったがやね。この試合でのスタメンであまり良い予感はしてなかったがいど、ヨージがいないと前線からボールを引き出す選手がおらんがで、どうしてもバイタルエリアからセンターラインの間で詰まりがちになってしまうがいちゃ。

決定機を外すイメージがついてしまっているヨージやけど、チームで担っている役割は多様で、ボールサイドへ寄ってトライアングル(左の場合は末吉・戸高・ヨージ)を形成したり、長身の平松に当てるロングボールのこぼれ球を拾ったり、自ら囮になって大谷が裏に抜けるスペースを作ったりしとるがいど、彼がいなかったことで、攻撃自体が何やっても上手くいくような感じにならんかったがいちゃね。

ヨージの代わりに出場した大野に関しては、過去2試合見る感じやと、徹底的にゴールに向かっていくアタッカーだけに、ヨージとはタイプが異なる選手ながいちゃ。ボールに寄っていくよりは、ゴールに近い位置でプレーしようとするだけに、上手くハマらんかったのう。給水後くらいにはサイドに流れて大谷を活かすべく自らが囮になるプレーもやろうとしたがいど、判断スピードや精度が良くなかったと言えるやろう。

このスタメンの狙いは?

今までのカターレからしたら、ちょっこし不可解とも思えるこのスタメンやけど、どういう狙いがあったのか考えてみることにするちゃ。

・沼津が攻めてくると読んだ

まずこれかのう?過去2試合の試合を見るとしたら、おそらく「沼津は変わった」と思うところやし、シーズンもまだまだ序盤だと考えたら、カターレのサッカースタイルとかアウェーだからなど問わず、まずは自分達の強みを出していくと思ったのかもしれんちゃね。

お互いに「攻め合い」のような形になるがなら、繋ぐことよりも純粋にゴールを狙える選手を並べるやろうし、同時に激しくボールを奪っていける稲葉を起用していくのも納得が行くやろう。

・大野が好調と判断

ヨージに関してはベンチにも入っていない以上、コンディションに問題はあったのかもしれんがやけど、そこは何も情報がないがで触れないでおくちゃ。

そんでスタメンに関しちゃ、2試合通じて、積極果敢にゴールを狙って、印象に残るプレーを見せている大野に託してみた…ということかのう?立ち上がりのプレーでは「ボール持ったら即ゴールへ一直線」みたいなプレーはしとったがいど、徐々に周りを活かしていこうとする姿勢が見えるようになったのは、練習の時点から手応えがあった…とも考えられるのう。

・前節の流れのままで挑んでみたかった

YSCC戦は前半は3失点したがいど、後半は4点取れたがいど、後半のほうが良いサッカーができていただけに、それに合わせたスタメンにしてみた…ということかもしれんのう。

ルーキーの末木をベンチスタートにさせたのも、一旦スタメンから外してみて、左SBでの試合経験もあるイッキにチャンスを与えよう…と考えたのかもしれんちゃ。何よりも守備陣は今瀬以外は全部入れ替わっている状況やし、連携面での見直しを考えたのかもしれんちゃ。

…長くなったがで、後半は明日にでも書くちゃ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

-カターレ富山
-,